スキンケアの正しいやり方|自宅で簡単にできる手順も紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スキンケアの製品別の正しいやり方!

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している 季節によって肌質は揺らぎやすくなりますし、年齢を重ねると若い頃に比べて肌質の変化が目立ちやすくなってきます。いつまでも若々しく美しい素肌を維持時続けるのは、普段から自分の肌質に適したスキンケア化粧品の使用をしたり、正しいスキンケアを行ったりすることが重要になります。 そこで今回はスキンケアの正しいやり方、自宅で簡単にできるスキンケアの手順について解説していきます!

スキンケアのポイントとは

基本的なスキンケアの流れは、まず肌表面に付着しているホコリや、皮膚から分泌された皮脂が毛穴に詰まっているのを綺麗に落とす洗顔をしっかり行ったり、メイクをしている場合は油分を多く含むメイク汚れを綺麗に落とすためにもクレンジングを済ませてから、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番で肌に潤いを補給していくことが大切です。 特に化粧水はさっぱりとした使用感のタイプとしっとりとした保湿効果の高いタイプに分類されるので、自分の肌質にあった製品を利用しましょう。

自宅で出来るスキンケアの手順

顎をおさえている女性

朝のスキンケア

朝の基本的なスキンケアの手順は、まず肌表面の汚れをきちんと落とすためにも洗顔を行い、化粧水や乳液、クリームの順番で使用していきます。朝は夜に比べて肌表面の汚れが少ないので、肌の乾燥が気になるという場合は、ゴシゴシ洗顔を行うのではなく泡で撫でるように優しくケアするだけでも汚れは十分落とすことが出来ます。 またスキンケアを行った後すぐにメイクをすると、メイク崩れの原因となるので「約15~30分ほど」待ち、肌が落ち着いてからメイクをすることがポイントです。

夜のスキンケア

日中はメイクをしていたり、汗をたくさんかいてしまうことも多いので、夜のスキンケアはまず肌に付着している汚れや毛穴に詰まった汚れをきちんと落とすことが重要です。洗顔とクレンジングでその日の汚れをきちんと落としてからスキンケアを行わないと、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。 また就寝時に肌に潤いを浸透させるためにも、普段のスキンケアに合わせてナイトクリームやアイクリームなどを併用すると翌朝の肌の仕上がりに大きな差がでます。

スキンケア製品別のお手入れのやり方

顔の保湿ケアをしている女性

洗顔

洗顔を行う際の一番のポイントは、きちんと泡立てネットを利用して濃密な泡を作ってから洗顔を行うことです。顔は体の中でも特にデリケートな部位なので、指の腹でゴシゴシ擦って肌に負担をかけるよりも、泡で包む見込むようにして顔を洗うだけでも汚れは十分落とせます。 ただし、汗腺の多いおでこや小鼻などのTゾーンは、特に毛穴に皮脂汚れが詰まりやすい部分になります。なので、くるくるとマッサージするように洗顔をすると汚れが落としやすくなり、ニキビや毛穴の黒ずみを防ぐことが出来ます。

化粧水

洗顔を行った後すぐに潤いを補給するためにも化粧水で保湿を行う必要があります。洗顔後は肌の潤いを保つ皮脂が奪われてしまっている状態になってしまっているからです。 手でパッティングを行う方法もありますが、より肌の角質層まで潤いを届けたいなら、コットンに化粧水を含ませてから顔全体に貼り付けるコットンパックを約10~15分ほど行うと、市販されているフェイシャルマスク同様の保湿ケアが手軽に行えて、コストパフォーマンスも高いのでおすすめの保湿ケアです。

美容液

美容液には化粧水には入っていない高い濃度の美容成分が配合されている特徴があるので、化粧水で肌を整えた後に使用すると肌内部に浸透していきやすいです。なので、美容液を使用する時には「①化粧水→②美容液→③乳液」の順で使用することがポイントとなります。 ただし、一部の美容液は洗顔後に使用する導入美容液タイプなどもありますので、使用するタイミングをきちんと把握してから肌に使用することが大切です。豊富な美容成分が配合された美容液が販売されているので、自分の肌トラブルに合わせて選択出来るのも魅力です。

乳液・クリーム

乳液やクリームなどの油分を多く含む保湿化粧品は、事前に化粧水や美容液などの水溶性の化粧品の潤いが蒸発してしなわないように蓋をする役目があります。なので、洗顔後すぐに使用するのではなく化粧水と美容液のお手入れを済ませてから使用することが重要です。 肌の乾燥が気になるという場合には、乳液の後に更にクリームを利用することで肌の潤いが持続されやすくなり、しっとりとしたコンディションの良い肌質を手に入れることができます。

日焼け止め

夏場に限らず一年を通して紫外線は肌にダメージを与え続けているため、外出をする際には顔やデコルテ周辺への紫外線対策として日焼け止めを塗る習慣をつけることが重要です。 最近ではメイクの化粧下地やファンデーション、口紅などにUV成分が含まれているタイプもありますので、メイクをする際にはUV効果のある成分が含まれている物を上手く活用して、紫外線から肌をしっかり守ることが美肌を維持するためにも重要になってきます。

クレンジング

メイク汚れは油分を多く含んでいたり、水で落ちにくいウォータープルーフなどが利用されている事から、通常の洗顔料だけではきちんとメイク汚れを落とすことが出来ません。クレンジングにはオイルやリキッド、ゲルなど様々なタイプがありますが、洗浄力の高いオイルやリキッドは、肌の乾燥が気になる方が利用すると余計に肌の乾燥が進行してしまう危険があります。 肌に潤いを与えつつメイクオフが行えるミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを利用するなど、肌質に合わせてクレンジング化粧品を選びましょう。

肌質や季節に合った化粧品を選ぶことも大切!

輪郭と肌が綺麗な女性 スキンケアの基本は、肌の潤いをきちんと維持して汚れをきちんと落とすことにあるので、肌質や季節に合わせて適切な化粧品を選ぶことや、肌に負担をかけないお手入れを心がけることが重要です。

関連記事