豊胸しても母乳はあげられる?豊胸と授乳の関係と影響について

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

受ける前に知っておきたい!豊胸と授乳の関係

妊娠・出産を予定している方に多い悩みが、豊胸後の「授乳」です。母乳育児が多い現在、豊胸手術によって母乳がでるのか不安になりますよね。今回は、豊胸術後の授乳について焦点を当てていきます。

豊胸による授乳や母乳への悪影響はあるの?

現在様々な豊胸術がありますが、大きく分けるとヒアルロン酸注入法脂肪注入法豊胸バッグ(人工乳腺)法の3つがあります。どの豊胸術も基本的に授乳に影響はないとされています。 豊胸バッグ挿入(人工乳腺)法には、大胸筋(胸板の筋肉)と肋骨との間にバッグをいれる「大胸筋下法」と、乳腺と大胸筋表面の筋膜との間にバッグをいれる「乳腺下法」がありますが、「乳腺下法」には注意が必要です。 基本的にどの施術も影響はないとされていますが、乳腺下法は、乳腺に近い位置に挿入するので、乳腺を傷つける恐れがないとは言えません。乳腺を傷つけてしまうことで炎症を起こしやすくなり、授乳ができなくなってしまうという可能性もあるようです。 また、妊娠〜授乳期までは母乳を出そうという働きで乳腺が発達します。豊胸バッグ挿入(人工乳腺)法を受けている場合、乳腺が発達することで、豊胸バッグ(人工乳腺)を圧迫し、通常よりも胸がパンパンに張ってしまうこともあるそうです。

卒乳後の胸は・・・

乳腺が発達したことで胸が大きくなります。しかし卒乳してしまうと、胸の張りや垂れ、左右のサイズが違ってしまうなどがあります。これは豊胸術を受けられた方でも同じです。 脂肪注入法による豊胸術を受けられた方の中には、胸が小さくなることで、せっかく定着した脂肪がなくなってしまうのではないか、という不安があるようです。胸が小さく原因は乳腺の発達によるものなので、脂肪がなくなってしまうということはないので安心してくださいね。 豊胸術は、卒乳後に胸の悩みを解消しようと受けられる方もいます。

授乳後の豊胸手術の選び方

通常の豊胸術と内容や効果は大きく異なることはありませんが、授乳後の胸にも向き・不向きがあります。

ヒアルロン酸注入法

手軽に受けられる豊胸術としては、ヒアルロン酸注入法です。今後も妊娠・出産の予定がある場合は、授乳への不安も考えると、ヒアルロン酸注入の方が心配は少ないでしょう。

脂肪注入法

注入した脂肪を圧迫しないように、皮膚に余裕のある胸の方が脂肪注入法には向いています。ですので、皮膚に余裕のある、授乳後に受けられる豊胸術に向いているといわれています。

豊胸バッグ(人工乳腺)法

胸の大きさを求める点としては、豊胸バッグ(人工乳腺)法がサイズアップを期待できます。しかし授乳後の皮膚のたるみ具合によっては、施術後の胸の仕上がりにも関わってくるので、注意が必要です。

さいごに・・・

授乳にほとんど影響しないと言われていますが、やはえい豊胸バッグ(人工乳腺)法を受けられた方は不安が残り、豊胸バッグ(人工乳腺)の抜去を希望する方もいるようです。 抜去は麻酔を使用したり、身体への負担もかかるので、妊娠中に抜去を行うのはかなりのリスクになってしまいます。 豊胸バッグ(人工乳腺)の抜去時のリスクを軽減させるためには、妊娠前に抜去をしたほうが良いでしょう。 美容医療相談室では施術を受けられた方の口コミ・体験談など独自の基準をクリアした医師の紹介を行っています。豊胸後の悩み、豊胸バッグ(人工乳腺)の抜去などでご不明な点がありましたら、一度お気軽にご相談ください。 ▽関連記事 ・豊胸後も乳がん検診は受けられるの?気になる乳がん検診について豊胸ガイド~豊胸術の種類と選び方

関連記事