逆さまつげはどうして起こる原因について詳しく解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
逆さまつげの原因について詳しく知りたい! 目の中にまつ毛が入ることによって眼の中がゴロゴロしたり、目に痛みを生じることがあります。 逆まつげが要因かもしれませんが、逆まつげの要因にはいろいろな種類があります。

逆さまつげってなに?

通常まつ毛は上下まぶたの縁にあって眼球の外側にカールしているので、本来は眼に当たらないようになっているのですが、何かしらの要因によってまつ毛が眼球に向うことを逆まつげと言います。

逆さまつげの原因①睫毛乱生によるもの

睫毛乱生は毛根からまつ毛の生え方がバラバラで、眼球に向って生えてくる状態で、1本からたくさんのまつ毛が眼球に向くケースもあり、人によって程度はさまざまです。

睫毛乱生になる原因について

(1)生まれつき前葉と後葉のバランスがずれてる

まぶたは外側にある前葉と内側にあるの後葉に分けられますが、この力のバランスが生まれつきずれていることがあり、そのことが要因と言われています。 赤ちゃんや子供頃に家族が気付くことが多くあります。

(2)結膜炎の後遺症によるもの

まれにですが、「トラコーマ」と呼ばれている微生物からの結膜炎の後遺症として引き起こることもあります。 医療機関に相談すると、適切な処置を行ってくれるでしょう。

逆さまつげの原因②眼瞼内反症によるもの

眼瞼内反は加齢のためにまぶたの皮膚がたるみ、まぶたの筋肉の低下などによって内側に向き、眼球に当たってしまうような状態を言います。ほとんど下まぶたに起こる症状です。

眼瞼内反症になる原因について

(1)先天性によるもの

眼瞼内反症は先天性によるものがあり、生まれつきの人も中にはいます。 赤ちゃんや子供頃に症状を把握することができ、まぶしがったり頻繁に涙を流すことから分かることがあります。

(2)加齢によるもの

眼瞼内反症は加齢が要因になっているものもあり、まぶたの筋肉の低下によります。 マッサージを行うことによって、ある程度筋力をアップすることによって、症状が改善することがあると言われています。

逆さまつげの原因③睫毛内反によるもの

睫毛内反は赤ちゃんや子供などに見られる逆まつげのことを言い、まぶたにある皮膚や皮下脂肪などが多いためまつ毛が内側に押されてしまい眼球に当たるような状態を言います。

睫毛内反になる要因について

まぶたは表面にある前葉の部分と内面にある後葉の部分に分けられ、前葉と後葉の力などのバランスが悪くなると、睫毛内反が起こります。乳幼児にはよく見られるもので下のまぶたに生じやすかったり、まぶしかったり涙が出るといった症状によって周囲の人が気づくことが多いでしょう。

逆さまつげの原因は人によって変わる!

目頭に蒙古ひだがない奥二重の大きな目 逆さまつげの要因は生まれつきの場合や、加齢等様々な要因によって起こります。 その為対処方法も人によって変わってくるため、自分が逆さまつげになった場合には、逆さまつげの症状について認識してから対処していく必要があるでしょう。対処法もセルフケアから美容医療まで様々なので、自分にあった治療を選択しましょう。

関連記事