【徹底ガイド】まぶたのたるみを取る方法|セルフケアから美容整形まで詳しく紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
7
目頭切開をした二重幅の小さい目まぶたのたるみはセルフケアから美容整形治療まで、様々な方法で改善できると言われています。セルフケアの場合は、目の体操をしたり、マッサージをしたり、専用クリームでケアをしたり等自宅でも手軽にできるものが多いです。美容整形治療の場合は、短期間でたるみを解消し、理想のまぶたを作ることができます。 今回はそんなまぶたのたるみを改善する方法をセルフケアから美容整形治療まで幅広くご紹介します。

まぶたのたるみの原因とは

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目まぶたがたるむのは脂肪の重みが原因と言われており、目を小さくみせたり、疲れて見えたりします。脂肪の重み以外にも、不眠や慢性疲労が原因でも起こると言われているので、生活スタイルを見直すことも大切と言えます。 また目の周りの皮膚は薄いうえ、保水能力が低いです。そのためこれもしわやたるみの原因になってしまいます。

まぶたのたるみをセルフケアで取る方法

ホットアイマスク

まぶたのたるみを取る方法でホットアイマスクがあります。ホットアイマスクには、血行促進効果があるため、血液の循環が早くなり、不純物がたまらない状態を作ることでたるみを取ることができます。就寝時に利用することでより効果を発揮すると言われています。

マッサージ

毎日マッサージをするのもまぶたのたるみの解消に効果があると言われています。 マッサージをする前にホットタオルで目を温めておくと血行が良くなり、効果が出やすくなります。 マッサージの方法としては、1分間、目のまわりを人差し指で軽くぐるぐるとなぞるようにします。目頭から目じりにむかってすっと指を動かすとより効果的なようです。次に目頭を数秒押さえてからこめかみに向かってリンパを流すように指を動かしてください。これを1日3セット行うとたるみが解消すると言われています。 まぶたをエクササイズすることで筋肉の衰えを予防することができます。そのためマッサージと一緒に目の体操運動などのエクササイズを同時に行うとまぶたのたるみ改善効果に加えて予防効果にもなります。 エクササイズ方法は、眼球を上の方に向けて数秒キープしたり、目をぐるぐると回したり、左右に動かしたりするのがシンプルで効果的な方法と言われています。目を動かす運動をする時にはおでこや眉に手を当てて動かないようにしておくとより効果的と言われています。

アイクリーム

アイクリームとは目元のくすみ、しわ、くまを解消する美容成分を多く含んでいる外用薬です。 脂肪を燃焼させる有効成分が配合されているためまぶたのたるみにも有効と言われています。

アイプチ

軽度のまぶたのたるみならアイプチを行うことで解消することはできます。またアイプチは、慣れてしまえば簡単に行えます。アイプチには、リキッドタイプとテープタイプがあります。まぶたの状態によって使うものが変わるので購入する際は注意してください。 どちらのタイプも余った皮膚を折込接着するだけなので、簡単にたるみを感じさせないまぶたを作ることが可能です。

まぶたのたるみを美容整形で取る方法

サーマクールアイ

サーマクールアイの治療は、速効性の効果がある方法とされています。たるみ解消だけでなく、ちりめんじわなどシワの改善にも効果があります。 施術の痛みも術後のダウンタイムもほとんどなく、瞳が大きく見えるようになるのでアンチエイジング対策としても有効と考えられています。 ▽サーマクールアイについてさらに詳しい情報を知りたい方はこちらサーマクールアイとは|効果や失敗、口コミなど詳しい情報を紹介

眉下リフト(眉下切開法)

上まぶたを引き上げる効果がある美容整形治療が眉下リフトです。眉毛の生え際にそって余剰になっている皮膚を切除する方法のことを指します。眉毛の下を切除するので傷跡も目立たず、周囲にもばれず自然な仕上りになるでしょう。 メスを入れる施術になるので、最低でも一週間のダウンタイムはあると言えます。 持続性もある施術になりますが、1週間のダウンタイムを考えると余裕を持ってお休みを取れる期間に施術を受ける必要もあるといえるでしょう。 ▽眉下切開についてさらに詳しい情報を知りたい方はこちら眉毛下切開(上眼瞼リフト)

上眼瞼脱脂

上眼瞼脱脂とは、気になる部位に数ミリ切り口をつけ、そこからカニューレを挿入します。そしてそこから眼窩脂肪(がんかしぼう)を取り出すことでまぶたのたるみを改善する手術です。厚ぼったいまぶたをすっきりさせることが主な効果となっています。 手術方法にもよりますが、傷跡が小さい場合は3~5日程度、傷跡が大きく数針縫う程度の場合は1週間~2週間は腫れが続くと言われています。

まぶたのたるみを改善するなら状態にあった治療法を選ぼう!

壁に持たれている笑顔な女性まぶたのたるみをセルフケアで改善する場合は、定期的にマッサージやエクササイズなどまぶたの血行を促進させる方法を継続して行うことが大切です。これらのセルフケアを続けることで、眼精疲労を緩和させる効果も期待できます。また美容整形医療は、セルフケアよりも短期間でたるみを解消し、理想のまぶたを最短で作ることが可能です。そのため高い効果と短期間での改善を求める場合は、美容整形医療の方が望ましいです。しかし、誤った方法を選択してしまうと不自然な仕上がりになるリスクが存在します。 セルフケア、美容整形でも適切な方法を行わなければ満足のいく結果を得ることは難しいです。そのためまぶたのたるみを改善する場合は、自分のまぶたの状態に適した方法を選択することが重要です。

関連記事