AGAの治療にかかる費用について|安く抑える方法も紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

AGAの治療にかかる費用について

笑顔のクリニックの男性医師 AGA(男性型脱毛症)については数種類の飲み薬や外用薬、メソセラピー療法などの治療を受けることが出来ます。それらでも効果が見られないときには植毛手術が検討されます。いずれにせよ費用に大きく関心を寄せる方が多いのではないでしょうか。 本記事ではAGA治療費について治療法別に詳しく紹介します。

AGAの治療費は治療法やクリニックによって異なる

一般的な病気の治療はおおむね費用については、病気やその治療法によってほぼ一律の金額で受けることが出来ます。これは保険の給付対象とされているためです。 これに対してAGA治療費については治療法やクリニックにより大きく異なります。これはAGA治療には保険の対象外とされているため、クリニックごとに自由に費用を設定することが許されているからです。また治療法によっては技術や治療機器も異なるため、方法によってもAGA治療費は異なってきます。

飲むAGA治療薬にかかる費用

飲むAGA治療薬の費用については初診料として5000円程度、問診と薬の処方を受ける場合、1月あたり1万〜13000円程度の負担が必要になります。また、薬は種類によっても値段が異なり、当然新薬の方が高くなります。これらの費用に定期的な検査費用も加算されます。

塗るAGA治療薬にかかる費用

塗るタイプのAGA治療薬は、ミノキシジルなどの育毛成分を含んだ外用薬が使用されます。費用は7000〜13000円程度となっています。クリニックで処方されるミノキシジル外用薬は市販薬よりも濃度が高いことから、値段も高めに設定されています。

注入するAGA治療にかかる費用

育毛成分を患部に特殊な注射を駆使して注入する治療法もあります。クリニックごとにオリジナルの育毛カクテル液を処方している場合もあります。施設により使用する機器も異なるためAGA治療費もまちまちです。1回あたり2万円前後から、高いところでは10万円の施設もあります。

発毛治療にかかる費用

ヘアサロンで行われている発毛治療は薬用シャンプーやヘアマッサージなど独自の施術で発毛を目指しますが、サロン毎に費用は大きく異なります。継続利用が前提とされていることが多く、カウンセリングなども込みで月1回あたり2〜4万円前後の費用になります。

植毛にかかる費用

様々なAGAの治療を試みても、脱毛が進行して毛の元になる細胞も存在せず、治療効果が芳しくない場合には、自家植毛が実施されることがあります。AGA治療費としては最も高額な費用が必要な方法です。最低でも30〜40万円前後は必要で、広範囲に植毛すると200万円以上は必要になります。

AGA治療は基本的に保険適用されない

AGAの治療法には様々な方法がありますが、1月あたり最低でも3万円前後は必要です。年間あたりに換算すると30〜40万円の費用負担を覚悟しなければなりません。このようにAGA治療費が高額になる原因は保険が適用されず、全額自己負担になることにあります。 AGAは治療をしない限り自然治癒することはない、進行性の病気であることは確かです。しかし生命や身体機能に障害をもたらすわけではないので、公的な健康保険適用の対象外とされています。

一般の病院と発毛専門クリニックの費用の違い

AGA治療費は治療を受ける病院やクリニックによっても違いが見られます。全てに当てはまるわけではありませんが、一般病院に比べると発毛専門クリニックの方が費用が高額になる傾向が見られます。 この理由としてはAGA治療専門クリニックではAGA治療薬の処方だけでなく、独自の育毛剤を配合していたり、最先端の治療法の導入にも意欲的な方針を採用している場合があるからです。AGA治療においても進展が目覚しく最新の知見を取り入れた治療となると、AGA治療費も高額になります。 これに対して一般病院の皮膚科でのAGA治療では、せいぜいのところ内服薬の処方で終わることが多く、症状の進展に応じた柔軟な治療までは用意されていないのが一般的です。そのため一般病院でのAGA治療費は相対的に安くなるわけです。

AGAの治療費を安く抑える方法

たくさんの1万円札

ジェネリック医薬品を処方してもらう

AGA治療は継続して行う必要があります。長期的には高額な負担を見込む必要があります。そこでaga治療費を安くする方法としてジェネリック医薬品を処方してもらう方法があります。ジェネリック医薬品は開発費用が少額ですむため、薬価もおさえられています。現在ではプロペシアのジェネリックの処方を受けることが出来ます。

一般病院を利用する

一般病院を利用するのもAGA治療費を安くおさえる方法です。AGA治療のメインは飲み薬の服用が主流であることに変わりはないので、費用をかけて先進的な治療まで受ける必要がないと考えるのであれば、一般病院でも満足できるAGA治療を受けることが出来ます。

クリニックのキャンペーンやモニターを利用する

全てのクリニックで時宜に応じて行われているとは限りませんが、キャンペーンやモニターを利用するのも一案です。特にモニターに選ばれると治療前後の写真を撮影されて、ホームページなどで公開されることも覚悟する必要がありますが、AGA治療費をおさえることは可能です。

治療を継続できるように費用はしっかりと確認しておきましょう

メガネをかけている医師 AGA治療では保険が利かないため、AGA治療費は高額になるのは避けられません。クリニックや病院により費用は異なります。しかし実際にどの治療法を選択するのかは経済的な負担の許容度と、求める治療効果との兼ね合いで決まることになります。

関連記事