二重整形でマツエクって可能?そんな疑問にお答えします

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

二重整形とマツエク、一緒に行うことは可能?

女性 目元をより魅力的にするなら、しっかりと二重のラインを作ることができる整形と、長いまつ毛を得ることができるまつエクは有効な方法です。どちらも活用したいという人はこれらの施術は併用できるのかも確認しておきましょう。

そもそも二重整形とは?

美容整形の中でも二重を作る施術は人気が高いですが、こうした施術を受けておくと半永久的に二重のラインを維持できるようになります。切開を行わずにラインを作る埋没法もあれば、切開を行い、よりくっきりとラインをつける施術が行われることもあります。 埋没法は比較的短時間で行うことができ、費用も安く抑えられ、ダウンタイムも短く抑えられています。 理想のラインが得られないという場合は切開を伴う施術が行われることがありますが、その分費用も高くなりますし、ダウンタイムも長くなるということは理解しておきましょう。

マツエクについて

まつ毛をより長く、濃くしたい、理想のカールを得たいという人に人気となっているのがまつエクです。 この場合は、まつ毛に人工毛をプラスして、長さや濃さを出していくもので、一度行っていくと長期に効果が維持できるので毎日のメイクがとても楽になります。つけまつげよりも自然な仕上がりになり、それぞれの好みに合わせて本数や長さ、カールを選べるのもメリットです。 まつ毛一本に対し、人工のまつ毛を一本を専用の接着剤で取り付けていくもので、つけまつげのように簡単に取り外しはできなくなっています。

施術前にまつエクを付けるのは控えたほうがいい

鼻筋の通った女性の顔 長いまつ毛と二重のラインがあれば、目元はより魅力的に見えますが、二重整形の施術の前にエクステをつけて良いのかは気になるところです。 安全に施術を受けるためにも、そして理想の仕上がりにするためにも二重整形の前はエクステは控えておくことがおすすめです。まず、施術の際にエクステが手術用の糸に絡まって邪魔になることがあげられますし、手術痕にエクステがついてしまうと感染症になる可能性もあります。 それゆえ、施術の前はエクステは行わず、まぶたを良い状態に保っておくことがおすすめです。

術後にまつエクはいつから付けられるの?

無事手術が終わったら、すぐにでもエクステをつけたいと考える人も多いのではないでしょうか。 まず、施術方法によりダウンタイムは違いますが、切らずにラインをつけることができる埋没法ならダウンタイムは短いので、比較的早く再開することができます。 とはいえ、エクステでまぶたを引っ張るとラインがずれてしまう可能性もありますし、あまり急がず、まぶたの腫れが収まり、ラインがしっかりと定着してから再開することがおすすめです。

まつエクをすると埋没法が取れやすいと言われる理由

エクステをつけると埋没法が取れやすいという噂もあります。その理由としてはエクステの重みでまぶたに負担がかかるということがあげられますし、使っている接着剤が肌荒れを起こす可能性もあり、こちらもラインを取れやすくする原因となってしまいます。 腫れなどのダウンタイムが収まり、しっかりとラインが定着してからならそうしたリスクも抑えることができますが、施術から間隔を空けずにエクステを行うとラインが取れるリスクは高まると言えるでしょう。

二重整形とマツエク、それぞれ期間を置いて受けるべし!

目元 二重整形とまつエクを併用すれば大きく魅力的な目元を作ることができますが、整形の前のエクステは施術の妨げとなりますし、施術して間もなくエクステを行うことはラインが取れやすくなるなどのリスクも伴うことは理解しておきましょう。

関連記事