二重整形跡について|傷跡の大きさ・カバー方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

二重整形跡について紹介します

目元をマスクで隠している女性 美容整形で二重にすると傷跡が目立ってバレてしまうのでは、と思ったことはないでしょうか。実は二重を作る方法には種類があって、その方法によっても傷跡の目立ち方は違ってきます。今回は、気になる二重整形跡を徹底解説していきます。

二重整形術の種類

・埋没法

埋没法はプチといわれるだけあり、スピーディーに二重を作れ、ダウンタイムも短く、日常生活にも支障がほとんどないのがメリットです。 ただし、永久性はないので、何かの拍子に二重のラインを作っていた糸が切れると効果が無くなってしまうことがあります。また、まぶたの脂肪が多い人やはれぼったい人には効果があまり感じられないというデメリットもあります。

・切開法

身体への負担も多少あり、アイメイクができるようになるまでは、最低1週間後の抜糸を待つ必要があります。ダウンタイムも1週間以上かかる場合があり、強い腫れや痛みを伴うこともあります。 それでも、幅広の二重やくっきりパッチリした目元を永久的に手に入れたいという人にはお勧めです。まぶたがはれぼったい人でも、同時に脂肪除去などを行うとすっきりとした目元を手に入れることができます。切開法には部分切開と全切切開があります。

二重整形(埋没法と切開法)の術後は傷跡が目立ってしまう

美容外科の世界ではダウンタイムという言葉がよく使われますが、二重の施術をした場合は顔に症状が出るため、どうしても他人に気づかれてしまうということがあります。 埋没法の方がやや軽い症状となりますが、術後はどちらの方法でも、まぶたに大きな腫れができ、切開法では縫合糸が見える場合もあります。埋没法は傷跡が目立たなくなるのに1週間もかかりませんが、切開法は抜糸まで1週間かかり、傷跡が目立たなくなるまでには数か月単位の時間が必要です。

なぜ埋没法は傷跡が目立ちにくいのか

頰のたるみをリフトアップしている女性 埋没法はまぶたを糸でとめて二重のラインを作りますが、まぶたの内側から2点、または3点留めるだけですので縫い目が肌表面に出ることはありません。そのため、二重整形跡はまぶたの内側にでき、傷ができることもありませんので気が付かれる心配は少なくなります。 また、非常に安全性の高い施術で、子供でも逆さまつげの治療に使われるくらいですので、身体への負担はとても少なくて済みます。施術時間も両目でも30分程度で、点眼麻酔のみで施術が可能なこともダウンタイムが短い理由になります。 ダウンタイムが短いということはそれだけ目立つ症状も少ないということにつながります。術後に良く冷やし、適切な過ごし方をすることで、数日で違和感もなくなってきます。シャワーやメイクも翌日から可能なので、多少腫れぼったい目でもメイクで隠すことができ外出も安心してできます。3日ほどは痛みが強い場合もありますが、鎮痛剤を飲むことで解消しますので安心しましょう。

二重整形跡を目立たせないための術後のアフターケア・注意点

二重整形跡には大きく分けて腫れと内出血があります。どちらも術後数日から数週間で自然と消えていくものですが、ダウンタイムと呼ばれるこの期間を適切に過ごすことが早く消すポイントです。 まずは、患部を温めないということが大切です。入浴や運動、飲酒などは血流が良くなり、症状が悪化する場合がありますので注意しましょう。患部を随時冷やすということも効果的です。気になるからといって、むやみにこすったり、触ったりすることも新たな内出血や腫れを生み出すことにつながりますので避けましょう。

傷跡を誤魔化す方法

術後すぐはどうしても目元が気になるため、ごまかす方法を覚えておくと役立ちます。クリニックから帰宅するときにはサングラスが必須ですので忘れないようにしましょう。 また、前髪も少し長めにしておくと目立たなくなります。ただし、髪が目に入らないように注意しましょう。深めに帽子を被るのもおすすめです。 埋没法の場合、メイクは翌日から可能ですので、内出血の色と合わせたシャドーなどを使うと目立ちにくくなります。目が腫れている場合は、ものもらいや、逆さまつげの治療をしたなどの言い訳も考えておきましょう。

二重整形跡を目立たせないために出来る方法

実は二重整形跡やダウンタイムの長さを左右するのは担当した医師のテクニックによります。腫れや内出血といったものは、施術の速さや的確性、患者が目をぎゅっと閉じずにリラックスしていることなどで大きく違いが出てしまいます。 これらは医師が丁寧に患者一人一人を見極めて施術していくことで改善されるものです。患者側も、安心して施術が受けられるように、信頼できるクリニック選び、医師選びを行うことが最も大事なことです。

二重整形跡で不安なら、クリニックへ

目頭に蒙古ひだがない奥二重の大きな目 二重整形跡は、時間が経てば目立たなくなるものがほとんどですので、あまり気にしないでダウンタイムで症状を悪化させないようにきちんと過ごすことが重要です。ただし、なにか不安なことや炎症や耐えられない痛みなどを感じた場合はすぐにクリニックに相談してください。

関連記事