目頭切開の痛みが不安!施術の痛みや気を付けるべきことをご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
3
ファイルを持っている女性医師 美容整形の中でも特に人気がある目元の施術。とくに、目を大きく見せる方法として目頭を切開する施術が代表的です。今回は、そんな目頭切開の麻酔時、手術中、手術後における痛みに注目して、気を付けるべきポイントなども合わせてご紹介いたします。

そもそも目頭切開とは?

目頭切開はアジア系の人に多く見られ、欧米人にはあまり見られない目頭にある蒙古ひだという部分を切開する手術です。 蒙古ひだがなくなることで目の横幅が大きくなり、並行二重などの手術もしやすくなるという点から、まぶたの切開手術と合わせて行われるケースも多いです。 費用に関してはばらつきがありますが、相場としては240,000~250,000円ほどと言われています。ただし、保険適用されない治療ですのでクリニックが自由に価格を設定できます。そのためサイトなどで料金の比較をしてから、カウンセリングに行くことを推奨します。 ▽「目頭切開」の詳しい情報はこちら ┗目頭切開とは|気になる痛みや術後の傷跡、安く済ませるポイントなど紹介

目頭切開の施術の痛み(1)麻酔時

クリニックでレーザーや切開などの美容整形施術を行なっている医師 クリニックによって方法に差異はありますが、一般的には、まず点眼麻酔やクリーム麻酔で準備をしてから目頭部分に麻酔をしていきます。一般的な注射よりも細い針が使われますし、クリーム麻酔などで痛みを緩和させることができますので、麻酔時も大丈夫だったという声も多く挙げられています。

目頭切開の施術の痛み(2)術中の痛み(麻酔により基本的にない)

目頭切開の施術は切開をして医療用の糸で縫合するという内容ですが、その際麻酔をしているので痛みを感じてしまうことはほとんどありません。麻酔の効きが悪かったり、体質に合わなかったりすると痛みがでることもあるかもしれませんが、その際にはすぐに医師に伝えるようにしましょう。

目頭切開の施術の痛み(3)術後・抜糸

切開して縫合という手術内容ですので、術後には鈍い痛みを感じる方がほとんどです。しかし、基本的にはクリニックで鎮静剤を処方してもらい、服用したり冷やしたりすることで緩和することができます。 また、基本的には術後1週間ほどで行われる抜糸の痛みについてですが、一般的に麻酔を必要とするような強い痛みを伴うことはほとんどありません。ただし、医師の技量や糸の癒着具合によっては多少の痛みが出る可能性はあります。痛みに弱い、不安だという方はできるだけ技術の高いクリニックを選びましょう。 ▽「目頭切開の抜糸」の詳しい情報はこちら ┗目頭切開後の抜糸について|受ける前に知っておきたい基礎知識

施術で気を付けるべきこと

(1)痛みが怖い場合は麻酔の種類を変えてもらう

麻酔をするため、基本的に手術中には痛みはありませんが、それでも怖いということもあるでしょう。そういった場合には静脈麻酔などを行う事で眠った状態で行うこともでき、恐怖心を減らすことができます。 静脈麻酔や全身麻酔といった方法は寝ている間に終わるので恐怖心は減らすことができますが、状況を確認できないので、それが不安な方は局部麻酔にしておいた方が良いでしょう。

(2)術後のアフターケアが十分なクリニックで受ける

術後のアフターケアについては、鎮静剤を処方してもらいそれを服用するという流れになりますが、クリニックでも十分に説明を受けるようにしましょう。わからないことは質問して、納得することが大事です。 目頭切開は抜糸の必要がありますので、術後にまたクリニックに行くことになります。その間腫れが引かないなど、なにか違和感があれば、すぐに相談しましょう。 ▽「目頭切開の経過」の詳しい情報はこちら ┗目頭切開の経過について|術後の腫れ・痛みの状態を詳しくご紹介

(3)納得いくまでカウンセリングを行う

目頭切開で蒙古ひだを切開すると、元に戻すことは難しいです。思い通りの目に仕上げてもらうためには、カウンセリングで納得いくまで相談して思い通りの目にしてもらうことが大事です。 もちろん不安なまま手術は受けない方が良いとされています。カウンセリングが丁寧で親身になって相談にのってくれるところを選ぶようにしましょう。

目頭切開の痛みは、しっかりと対処すれば対応可能!

微笑んでいる女性 まぶたの切開法と合わせて受ける方が多い目頭切開ですが、目を大きく見せる事ができますし並行二重も作りやすくなりメリットもたくさんあります。 手術中は麻酔をしていますので痛みはほとんどありませんが、術後は痛みが出ますが鎮静剤を服用したり保冷剤などで冷やしたりすることで緩和されます。 実績のある経験豊富な医師の施術なら安心ですし、クリニック選びから慎重に行っていきましょう。また、口コミ評判なども参考にして料金と合わせて比較検討をしていきましょう。

関連記事