涙袋の効果って何?他人に与える印象や形を整える美容整形方法など紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
3
目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目目の下にぷくっと膨れている涙袋があるとかわいいということで、若い女性たちの間ではメイクで作ってしまう方もいます。 なぜあるとかわいく見えると言われているのでしょうか。そして実際に涙袋を作る方法とは?今回はそんな疑問にお答えします。

そもそも涙袋とは?

涙袋の正体は眼輪筋と呼ばれる筋肉のふくらみです。人は目の周りに輪っか状の眼輪筋があります。この筋肉が発達することにより涙袋がより際立ちます。 涙袋があることで無表情の時でも優しい印象を与えます。さらに笑うと涙袋が大きく盛り上がりより表情が豊かに見えます。 こうした理由から笑顔が魅力的と言われることとなりかわいらしい顔つきの象徴と言われるようになったとされています。若い頃は特に筋肉が発達しているため大きく見えます。加齢と共に筋肉や皮膚がたるむとだんだん目立たなくなっていくのが特徴です。

マッサージなどのセルフケア方法で涙袋は作れる?

涙袋を生まれつき持っている方はいます。一方で、もともと涙袋をが発達してなく、持ち合わせていない方もいます。そんな方にはマッサージやメイクなどのセルフケア方法を活用して素敵な涙袋を作りましょう。時間や手間がかかる場合が多いですが、涙袋はセルフケアで作りだすことは可能とされています。 詳しい方法はこちらのリンク先に記載されています。【涙袋を大きくする方法|メイクなどのセルフケアから美容整形方法まで紹介】気になる方は是非参考にしてみてください。

涙袋の効果(1)目が大きく見える

目の周りを手で隠している女性涙袋があることで通常の目の大きさよりも下のラインまで目の存在感を与えることが出来るため、大きな目に見えるという効果があります。 実際に目が大きくなったわけではありませんが、人に与える印象が変わります。上まぶたを一重から二重にすると目がぱっちり見えるのと一緒で、下まぶたを膨らませることで目が大きく見えるのです。

涙袋の効果(2)癒し、色気が見える

笑うとぷっくり盛り上がるために、笑顔が印象的な人というイメージを持たれやすいという特徴があります。笑顔が魅力的に見える人は、それだけで人に与えるリラックス効果は高いものです。 また特に笑っているといったときでなくても膨らんでいるために、普段からやさしく見られることが多くなります。いつも笑みを湛えているように見えることから色気を感じる人もいるのです。

涙袋の効果(3)立体的に見える

目の周囲に凹凸がないと、平面的な印象となります。一重まぶたの人がのっぺりした印象となり、二重まぶたの人の方がはっきりとした顔立ちに見えます。 同様に目の下部分に凹凸が出来ることでより立体感のある目となります。日本人の場合は鼻が低めであったり、目とまゆの間隔が広がっていたりと顔が平面的である人が多いためより効果が期待できるのです。

綺麗な涙袋を作る方法

(1)脂肪注入法

美容整形で行われているひとつに脂肪注入法があります。自身のお腹や二の腕から脂肪を吸引し下まぶたに注入する方法です。入れた脂肪がすべて残るわけではありませんが大体4割程度が定着して残ります。 自分の脂肪を注入するのでアレルギーが起こりません。どちらかというとはっきりした涙袋形成となることが特徴でその効果は一生続くこととなります。 脂肪注入は細かい希望に応えることが難しく、最終の仕上がり予想がとても難しいと言われています。料金は高めで20~30万ほどかかることもあります。もし除去したいということになると脂肪溶解注射などが必要となります。

(2)ヒアルロン酸注入

もっともひろく行われている方法なのが、ヒアルロン酸注入です。 とても細い針を用いて少しずつ注入していきますが、鏡を見ながら行うことで細かい希望に応えることが可能です。 ダウンタイムもなく施術時間も5~10分程度と短いので手軽に受けることが出来ます。一般的なヒアルロン酸だと1年ほど効果が持続し1本3万円程度で施術を受けることが出来ます。 長期持続型ヒアルロン酸であれば3~4年ほど持続が期待でき、費用は10万円ほどとなります。自然な仕上がりが人気の術式です。もし元に戻したい場合も、ヒアルロン酸を溶かす薬剤を注入すれば元に戻ります。 ▽ヒアルロン酸注射についてさらに詳しい情報を知りたい方はこちら目の下のヒアルロン酸注射|たるみ・クマなどへの効果や失敗例などを紹介

目元を大きく見せたいなら、涙袋形成はオススメ!

笑顔の女性涙袋は笑顔の象徴とも言われ若い人にとても人気となっています。目の下の筋肉が発達していることで出来るのですが、ない場合は美容整形もしくはセルフケアで作ることも出来ます。 涙袋を大きく見せたいなら美容整形方法の涙袋形成がおすすめです。美容整形の場合、セルフケアよりも即効性があり、なにより希望のデザインにすることが可能です。 もし美容整形方法で涙袋を作るなら、予算や希望のデザインをしっかり決めてクリニックへ相談に行きましょう。

関連記事