フェイスリフトで若返りの効果はある?部位別で施術を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
6
少し笑顔の女性 年齢を重ねるとともにシワやたるみが増えてしまい、「どうにか若返りたい」と考える方は少なくありません。 そんな時に効果的な施術方法が【フェイスリフト】です。しかし、よく目にするものの、どのような施術なのか知らない方も少なくないのではないでしょうか? そこで今回は、そんなフェイスリフトがどのような若返りを図ることが出来るかどうか、その点に関して詳しくご紹介していきたいと思います。

どうしてシワやたるみが起きてしまうの?

「年を取ればシワやたるみが起きてしまう」ということは周知の事実ですが、そもそもどうしてこうした老化によってシワやたるみが生じてしまうのでしょうか? 老化とは自身の細胞が衰えていく現象を指します。その点を踏まえ、「肌の水分を保つ機能」や「皮膚を支えている筋肉の低下」といった老化現象によってシワやたるみが生じてしまいます。 また、こうした症状に加えて、日々の生活習慣(食生活など)の乱れ、ストレスといった点も、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。 ▽「フェイスリフト」全ての施術内容を詳しくまとめたガイドはこちらフェイスリフトとは|詳しい整形内容や名医・おすすめクリニックなどを紹介

若返りに効果がある施術こそ【フェイスリフト】

こうした状態を改善していく為におすすめになってくるのがフェイスリフトです。このフェイスリフトは大きく4つに大別することが可能です。

「切開」を用いたフェイスリフト

メスを使用し、皮膚や筋膜を剥がした後に引き上げることで、そもそものシワやたるみを改善させていく施術です。 細やかなシワから深刻なたるみまでまとめて引き上げるため、人によっては5~10才ほど若返ることも可能とされています。 持続力も半永久的で、技術力を持ちあわせた医師の元で施術を受けたならば、傷跡などが目立ってしまうこともほとんどありません。 しかし一方で、身体に負担がかかりやすい施術のため、ダウンタイム(術後の腫れや内出血などが続く期間)が長くなる傾向にあり、また一回の施術が高額になってしまうケースも少なくありません。 ▽切開を伴うフェイスリフトについて詳しく知りたい方はこちら切るフェイスリフトとは|施術別の詳しい効果やダウンタイム・名医など紹介

「糸」を用いたスレッドリフト

医療現場でも多く使用される糸を利用して、皮膚内部に埋め込むことでたるみを改善させ若返りを図る施術です。 糸自体にも様々な特性があり、「一定期間ののち、体内に溶けるタイプ」「伸縮性があり、耐久性にも優れているタイプ」「コグ(突起)に特徴があり、周辺組織をしっかりと固定するタイプ」など、自身の希望や体質、予算に合わせた幅広い選択が可能です。 なお、この施術は持続力が衰え始め、じきに効果を失ってしまうことが考えられるため、半永久的な効果を望む場合には向いていない施術になります。 ▽糸を用いたフェイスリフトについて詳しく知りたい方はこちら糸による切らないフェイスリフトについて|効果・デメリットなど解説!

「レーザー・高周波」を用いた照射系施術

レーザーや高周波と言った特定の超音波などを照射して、体内の組織を収縮させることでリフトアップを図る施術です。 ここまでご紹介してきた方法と大きく違うのが侵襲性です。この侵襲性というのは、簡単に言うと施術時に身体への負担のことを指します。この照射系治療は、例えば身体を切開したり、流血を伴うような施術ではないため、ダウンタイムがほとんど無い低侵襲性治療と言えます。 しかし、リスクが少ない分リフトアップ効果も少なく、また効果も一時的といった側面を持っています。「施術後の腫れや内出血は怖い」「結婚式の一時的なタイミングだけでも」といった場合には向いている施術ではないでしょうか。 ▽照射系フェイスリフトについて詳しく知りたい方はこちらレーザーによるリフトアップ術について|効果や長所短所など徹底解説

「注射」を用いた注入系施術

侵襲性の低いリフトアップ術としてもう一つ挙げられるのがヒアルロン酸やボトックスなどの注入系の施術です。 元々身体に存在するヒアルロン酸を外側から注入することで物理的に肌を持ち上げ、若返りを図っていきます。また、ボトックスに関しても、作用は違いますが一定のアンチエイジング効果を実感することが可能な施術です。 比較的安価で、それでいて目に見える形で変化を実感でき、さらにはダウンタイムも少ないとあって、手軽に受けることが出来るプチ整形の代表格として挙げられます。 一方で、こちらも効果が一時的で、同じリフトアップ効果を実感し続けたい場合は継続的に打ち続けることが必要なため注意が必要です。 ▽注入系のフェイスリフトについて詳しく知りたい方はこちら注入によるフェイスリフト|治療の種類・効果・メリット・デメリットを紹介!

シワ・たるみに適したフェイスリフトの種類【部位別】

ここまで様々な種類をご紹介してきましたが、フェイスリフトによる若返り治療は部位によって適した治療方法が変わってくることになります。 ここからは、特に気になるシワやたるみといった症状を改善するためにはどのような方法を取ればいいのか、具体的な施術名や特徴も交えてご紹介していきたいと思います。

【額】なら前額リフト・ヒアルロン酸注入法

額の肌のたるみを摘んでいる女性 額のしわ・たるみを気にするのであれば「前額リフト」「ヒアルロン酸注入法」がおすすめになってきます。 前額リフトは髪の生え際部分から切開をして、額の皮膚を引き上げることでシワやたるみを改善させ、若返りを図る方法です。傷跡は髪の毛で隠れることで目立ってしまうことはなく、新たなシワやたるみが生じない限り半永久的に効果は持続します。 ▽前額リフトについて詳しく知りたい方はこちら前額リフト|生え際からリフトアップ!気になるダウンタイムの内容など紹介 またヒアルロン酸注入法では、ピンポイントで気になる部分への注入を行い、物理的に持ち上げながらも皮膚細胞の機能を活性化していくことで若返りを図っていきます。 ダウンタイムが短く傷跡が残らないため、その日のうちにメイクをすることもでき、仕事やプライベートへの支障も最小限に抑えることができます。 ▽ヒアルロン酸リフトについて詳しく知りたい方はこちらヒアルロン酸リフトとは|リフトアップ効果や料金・失敗例など紹介

【頬】ならミッドフェイスリフト・ミニリフト

頬を指で押さえている女性頬のしわ・たるみを気にするのであれば「ミッドフェイスリフト」「ショートフェイスリフト」といったフェイスリフト治療がお勧めになってきます。 どちらも切開を伴う施術で、耳の周りの皮膚を切開し、そこから皮膚や筋膜、脂肪を引き上げていきます。皮膚だけでなくその下の組織も一緒に引き上げていく為、より高い効果が期待できます。 頬のように皮膚を大きく引き上げる必要がある部位にはこうした部分的に引き上げることが出来るフェイスリフト施術が効果的と言えます。 ▽ミッドフェイスリフトについて詳しく知りたい方はこちらミッドフェイスリフトとは|ダウンタイムや失敗例など気になる情報を紹介 ▽ショートフェイスリフトについて詳しく知りたい方はこちらショートフェイスリフト(ミニリフト)とは|効果や失敗例・口コミなど紹介

【首まわり】ならネックリフト

輪郭の綺麗な小顔女性年齢が現れやすい首部分のしわ・たるみが気になるという場合にはネックリフトの治療が適していると言えます。 このネックリフトは、首の後ろからうなじにかけて切開し、そこから皮膚の引き上げを行っていきます。首の縦しわにも効果が抜群で、手術を受けたその日に効果を実感することが可能です。 ▽ネックリフトについて詳しく知りたい方はこちらネックリフトとは|効果やダウンタイム、失敗例や口コミなど様々な情報を紹介

【ほうれい線】ならスプリングスレッドリフト

顔のたるみを取るマッサージをしている女性ほうれい線が気になるのであればスプリングスレッドリフトという糸を使用した施術で若返りを図ることが効果的と言えます。 この施術の最大の特徴は、伸縮性のある糸を使用することです。ほうれい線は表情筋の中でも比較的動きが多い部位に出来てしまいます。 そのような点を踏まえた上で、このスプリングスレッドリフトは、こうした多様な動きに対して柔軟に対応し、なおかつしっかりとリフトアップを図ってくれることで口元の若返りを実現することが可能な施術と言えます。 ▽スプリングスレッドリフトについて詳しく知りたい方はこちらスプリングスレッドリフト|気になる持続期間や名医・クリニックなどを紹介

フェイスリフトで若返りを図るなら、名医の元で!

手術をしている医師 フェイスリフトには様々な種類があり、また部位によっても選択する施術が変わってくることをご紹介してきましたが、こうした施術は医師の技量によって効果が大きく変わってくるということも念頭に置いておかなければいけません。 だからこそ、若返りをしっかりと図りたいのであれば、まずは医師やクリニック選びを厳密に行うことが大切になっています。 美容医療相談室では、多くの方から集められた口コミや体験談、最新の学会報告などを基にそれぞれのお悩みに最適なクリニックをご紹介しています。 クリニック選びのポイントや検討している医師の経歴、判断基準など、美容整形で若返りを図りたい方必聴の情報も数多くございますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事