フェイスリフトで若返りの効果はある?部位別で施術を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
5

フェイスリフトで若返りたい!

少し笑顔の女性 加齢とともに衰えていく肌細胞、その影響でしわやたるみなど様々な肌トラブルが引き起こされていきます。こうしたトラブルを解消するために若返り対策が必要になってくるわけですが、まずはその具体的な方法について把握していくことから始めていきましょう。

しわやたるみが起きる原因

そもそも老け顔の原因にもなってくるしわや皮膚のたるみ、こうした症状はどうして引き起こされるのでしょうか。まず挙げられるのが先にも挙げた加齢によるものです。加齢に伴い老化現象は自然とあらわれてきます。これが皮膚細胞に現れれば当然、肌の再生は遅くなっていき、ターンオーバーにも支障が出てきます。 結果的に皮膚は下へ下へと落ちていき、見た目に老けた状態が引き起こされていくわけです。これにプラスして、日々の生活習慣の乱れ、ストレスなども肌状態の悪化を助長することがあるのでとりわけ注意が必要になってきます。 ▽「フェイスリフト」全ての施術内容を詳しくまとめたガイドはこちらフェイスリフトとは|詳しい整形内容や名医・おすすめクリニックなどを紹介

フェイスリフトが若返りに効果がある理由

こうした状態を改善していく為におすすめになってくるのがフェイスリフト治療です。フェイスリフト治療について具体的な方法を挙げるとすれば、切開法と糸を使った方法、ヒアルロン酸注射を行う方法などが挙げられます。 切開法であれば皮膚を切開、剥離して直接的に皮膚を引き上げていきます。糸を使った方法でも皮膚を糸で物理的に持ち上げていくので、その場で劇的な若返り効果を実感することが出来ます。ヒアルロン酸注射を用いる方法の場合、美容成分の作用でその部位の皮膚細胞の再生力を高め、若返り効果を高めていくことが出来ます。ヒアルロン酸注射の場合には前の二つよりも効果は低めになってきますが、身体への負担が少ない分ダウンタイムは短縮されていくことになります。

しわ・たるみに適したフェイスリフトの種類【部位別】

顎・顔のラインを手で押さえている女性

額:前額リフト・ヒアルロン酸注入法

フェイスリフトによる若返り治療は部位によって適した治療が変わってくることになります。額のしわ・たるみを気にするのであれば前額リフト・ヒアルロン酸注入法がおすすめになってきます。前額リフトは髪の生え際部分から切開法や糸を使った方法で皮膚を引き上げていきます。毛の生えている部分に傷が残ることもありますが、これは見た目にわかりにくいのでさほど気にする必要はありません。なにより切開や糸によって直接的にしわを取り除いてい行くことが出来るので、より確実に見た目を改善していきたいという人に打ってつけです。 また、ヒアルロン酸注入の方法であれば額部分に注射を行うことで、その部位の皮膚細胞の機能を活性化していきます。ダウンタイムが短く傷跡が残らないという点では非常にメリットの多い方法となってきます。ヒアルロン酸注入であればその日のうちに帰宅してメイクすることもできるため、仕事やプライベートへの支障も最小限に抑えることができます。

頬:ミッドフェイスリフト・ミニリフト

頬のしわ・たるみを気にするのであればミッドフェイスリフト・ミニリフトのフェイスリフト治療がお勧めになってきます。ミッドフェイスリフトは耳の周りの皮膚を切開してそこから皮膚や筋膜、脂肪を引き上げていきます。皮膚だけでなくその下の組織も一緒に引き上げていく為、より高い効果が期待できます。 ミニリフトの場合でも切開するのは耳の前部分というのは同じなのですが、皮膚だけを引っ張り上げる方法と、筋膜なども一緒に引き上げる方法と使い分けて行われます。この他、ミニリフトには骨膜下から内視鏡を使って顔面組織を引き上げていく方法もあり、その選択肢は幅広くなっています。頬のように皮膚を大きく引き上げる必要がある部位にはこうしたフェイスリフト治療がお勧めになってくるわけです。

目元(まぶた):サーマクール

まぶたのしわ・たるみが気になるというのであればサーマクールというフェイスリフト治療がおすすめになってきます。サーマクールはまぶたを解消するのに最適で、患部に高周波をあてることによってコラーゲン繊維を引き締めて見た目のたるみをなくしていきます。

目元(目の下):ミドルリフトや金の糸

ミドルリフトの場合、目の下のたるみを効果的に解消することが出来ます。この治療では耳の前部分を切開して頬の皮膚を全体的に引き上げていきます。目元を含めた広範囲の印象を変化させていくことができるわけです。

首部分:ネックリフト

首部分のしわ・たるみが気になるという場合にはネックリフトの治療がおすすめです。首元はとりわけ年齢が出やすい部位です。顔はメイクでもカバーしていくことができますが、首部分のしわ・たるみに関してはカバーするのが難しいためネックリフトで若返りを図るのがベストというわけです。ネックリフトは首の後ろからうなじにかけて切開をして、そこから皮膚の引き上げを行っていきます。首の縦しわにも効果が抜群で、手術を受けたその日に効果を実感することが出来ます。

ほうれい線:スプリングスレッドリフト

ほうれい線を気にするのであればスプリングスレッドリフトがおすすめになってきます。このスプリングスレッドリフトは突起のついた特殊な糸を用いて治療を進めていきます。糸をこめかみ部分から挿入し、それを引き上げると突起部分に皮膚細胞が引っかかり頬全体を引き上げていくことになります。頬が上がるのでほうれい線も徐々に薄くなっていきます。 また、このスプリングスレッドリフトは挿入した糸の周りでコラーゲン生成が促されるなどの美肌効果も得ることが出来ます。肌全体の調子を良くするという意味でも効果的になってくるわけです。

気になる部位に合わせた施術を行いましょう

ピアスをして綺麗な輪郭をしている女性の横顔 フェイスリフトの治療を受ければ皮膚のたるみ、しわを改善していくことが出来ます。ただ、ここに挙げたようにフェイスリフトの治療には種類がありますし、それぞれの部位によって適した治療方法も変わってくることになります。まずはそのフェイスリフト治療の種類について把握していくこと、そして自分にはどの治療が適しているのかチェックしていくことから始めていきましょう。

関連記事