傷跡を治療する方法とは?傷跡を消すための4つの対処法を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

傷跡を治療するにはどうしたらいいの?

失敗や後悔をして頭を抱えて悩んでいる女性 怪我ややけどなどで残ってしまった傷跡や縫合した跡は場所によっては目立つこともあり、気にしている人は多くいるでしょう。傷跡を目立たなくしたり、改善することができる方法がいくつかあります。傷跡がなくなることによって、気にすることなくストレスフリーな毎日を手にすることができます。 そこで今回は傷跡を治療する方法について詳しく紹介していきます!

傷跡の治療は早めの処置が重要

傷跡は早めに処置すると後々に残ることが少なくなるので、傷跡が気になる場合は早めに処置することが好ましいです。怪我ややけどをしてしまったら自宅できる範囲の傷なら消毒したり消炎し、すぐに施すことによって傷跡が残らなかったり症状をましにすることが可能です。ひどい場合は医療機関に行き、適切な処置を受けることによって元の状態に早く戻ることができます。

傷跡への対処法

笑顔のクリニックの男性医師

湿潤療法

湿潤療法は従来の処置と違って消毒をしなかったり、乾かさなかったり、ガーゼを使わないという方法です。まず傷口を良く洗い、次に消毒液は使わないようにします。消毒液は皮膚を再生する細胞まで除去するので、治りが遅くなるからです。プラスモイスト被覆材などを貼り、定期的に張り替えましょう。湿潤液が出て来なくなったら治療は終わりです。 ほとんど費用がかかりませんが、深い傷や止血できないような傷には不向きで、傷跡にはあまり大きな効果はなく、軽い傷ができた場合に使用されます。

塗り薬、クリーム

塗り薬やクリームを使うと傷跡を改善することができます。傷跡に効く塗り薬は様々な種類が販売されていて、気軽に購入することができリーズナブルな価格で買うことができるでしょう。デメリットは時間がかかることが多く、即効性を求めている人におすすめできません。

レーザー治療

レーザー治療は炭酸ガスレーザーなどを利用して傷跡を削っていくので、跡を残さずきれいに治すことが可能です。レーザーで削った部位は傷が治るまで湿潤環境をキープする必要があり、しばらくダウンタイムが必要になります。 費用は傷の場所や大きさなどで異なり、5万円~10万円ぐらいですがかなり幅があります。きれいに仕上がりますが、デメリットは費用が高いことです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングはお肌に酸性の薬剤などを塗り、薬剤の効果によって傷跡はもちろん古い角質や毛穴にある老廃物などを取り除くことが可能です。傷の部位はもちろん周辺もきれいになり、痛みはほとんどありません。 費用は7,000円~14,000円ぐらいで、デメリットは人によっては薬剤が合わずお肌を痛める可能性があります。

傷跡が残ってしまったら気を付けること

ポイントや注意点を教えている女性医師

紫外線対策

日頃の紫外線対策が重要になってきます。通常のお肌でも紫外線があたることによってシミやくすみができることがあるので、傷跡にはなるべく紫外線をあてないようにしましょう。傷の場所によっては長袖を着たり、帽子を着用するなどの工夫を行うことによって、症状の悪化を抑えることができるでしょう。

保湿

保湿を行うことによって傷跡を悪化させないことができます。お肌にはターンオーバーという働きがあり、この働きによって新しい清潔なお肌を維持することが可能です。ターンオーバーの作用によってある程度の傷跡なら、時間の経過と共に次第に目立たなくすることができます。

動物に噛まれるなどの傷跡が出来てしまったら、すぐに病院に行く必要がある

動物に噛まれた傷跡の場合はすぐに医師に診てもらいましょう。動物に噛まれると感染症の兆候などの症状がでることがあります。例えば傷口の周りが発赤したり、熱を帯びていたり、噛まれた場所から赤い筋が出ているなら感染症の恐れがあるので、すぐに医療機関に行く必要があります。

傷跡が気になる場合はすぐにクリニックで相談しましょう

肌の綺麗な女性 傷跡の治療にはいくつか方法があり、早めに治療することによって治りを早くすることができたり、傷の状態をましにすることが可能です。湿潤療法やレーザー治療、ケミカルピーリングや塗り薬・クリームなどを利用する方法があり、値段も安価なものから高額なものまでいろいろあります。 中でも傷跡を除去するのに即効性を求めるなら、美容整形がおすすめです。ダウンタイムも比較的短く、次の日から仕事に行くことができて美容整形を行ったことは周囲にばれません。特に時間を気にしないなら、塗り薬やクリームなどを使ってお肌のターンオーバーを促進すると、次第に傷跡の状態がましになっていくことでしょう。もし傷跡が気になるようであればすぐにクリニックに相談しましょう。

関連記事