涙袋整形(ヒアルロン酸)の値段|料金相場・安く受ける方法・費用に関する注意点を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
6
施術にかかる費用と予算を比較して悩んでいる女性 ふっくらとした涙袋は、華やかさや可愛らしさ、目が大きく見えるといった印象を与えます。 そんな涙袋にするためには涙袋整形という方法がありますが、いくらくらいの値段でできるの?という相談が多く届きます。 そこで今回は、涙袋整形の値段について、相場・安く受ける方法・値段に関する注意点を紹介していきます。

涙袋整形とは

末広型二重の目涙袋とは、下まつげの下にある膨らみのことで、”ホルモンタンク”とも呼ばれている部分です。 ここに膨らみがあることで、目に立体感が出て、目が大きく見えたり、華やかな印象を与えたり、優しい目元に見せたりすることが期待できます。 涙袋を形成する方法は、一般的にヒアルロン酸注入が行われています。 その他の方法として、脂肪注入や涙袋専用のプロテーゼもありますが、あまり積極的に行われているものではありません。 ▽涙袋整形のメリット・デメリットなどの詳細についてさらに詳しく知りたい方はこちら涙袋(涙堂)形成|ダウンタイムや失敗例、口コミなど詳しい情報を紹介

涙袋整形の値段の相場は「約3〜6万円」

たくさんの1万円札涙袋の整形は受けるクリニックや方法、希望のデザインによって値段が異なります。 ヒアルロン酸注入による涙袋整形の場合、相場は約3万円〜6万円のようです。

涙袋の整形で値段が異なる理由

一般的に行われている涙袋整形の方法であるヒアルロン酸注射は、使用するヒアルロン酸の量薬剤の種類によって値段が異なってきます。 なじみやすい粒子の小さいヒアルロン酸から、大きめの粒子で持続性が期待できるヒアルロン酸など、種類によってそれぞれ特徴が異なります。 品質の良いヒアルロン酸であればあるほど、費用が高額化するため、受けるクリニックではどんなヒアルロン酸を取り扱っているのかを事前に確認するようにしましょう。

涙袋整形を安く受ける方法

涙袋整形にかかる費用を少しでも抑えるためには、モニター制度やキャンんペーン・会員制度を利用すると良いかもしれません。

モニター制度を利用する

モニター制度ですが、これは、術前後の症例写真のほか、インタビュー動画や直筆の体験談などをホームページ・SNS等に掲載しても良いという患者に対して、施術費用を通常よりも安くするという制度です。 誰でも必ずモニター制度を利用することはできず、クリニックの条件に満たしている場合に応募でき、そこからクリニックが審査を行い、それに通った場合のみこの制度が適応されます。 モニター制度の条件などは各クリニックに直接確認してみてください。

キャンペーン・会員制度を利用する

モニター制度に抵抗がある、モニター制度が適応されなかった場合には、クリニックが期間限定で行なっているキャンペーンや、独自で設けている会員制度を利用し、費用を抑えるという方法もあります。 キャンペーンは突発的に行われたり、季節によって施術の内容が異なったりするので、気になるかたは、クリニックのホームページを定期的に確認すると良いでしょう。 会員制度は、入会することで通常の価格よりも施術が安く受けられたり、誕生日にクーポンが発行されたり、他の施術や院内コスメを購入した際に溜まったポイントを施術の費用に充てることができたりします。 普段から定期的にコスメを買っている、施術を受けている、これから定期的に通院する予定があるといった場合には、会員制度を利用すると良さそうです。

値段の安さだけでクリニック・医師を選んではいけない理由

何かを拒否している女性一般的に行われているヒアルロン酸注入による涙袋整形は、プチ整形と呼ばれていますが、費用がリーズナブルであるとは言い難い施術です。 ヒアルロン酸注入は、時間の経過とともに徐々に注入ヒアルロン酸が吸収されてしまうため、費用の安さでクリニック・医師を選んでしまう方も少なくありません。 しかし、安さだけで選んでしまうと ・注入量が多すぎて不自然なほど涙袋が大きくなる注入量が少なく、効果をあまり感じられないたるみのように見えて老けた印象を与える眼球を圧迫して違和感が続く品質や注入位置が悪くヒアルロン酸が下がってくる品質が悪く、アレルギーを引き起こしてしまう などというような様々なリスクを伴います。 そのため、値段の安さだけでクリニック・医師を選ばないように注意しましょう。

正しいクリニック・医師の選び方

ポイントや注意点を教えている女性医師涙袋の整形で失敗・後悔をしないためには、値段の安さだけで決めるのではなく、医師の技術力にも注目してクリニック・医師を選ぶようにしましょう。 医師の選び方としては ・美容外科医として最低で約5年以上の経験がある形成外科の出身である日本形成外科学会の専門医資格を所有している などを参考にしながら、信頼できそうな医師を何名か探しましょう。 信頼できそうな医師が見つかったら、実際にカウンセリングを受けて決めてください。

【安い?高い?】埋没法の料金比較

各クリニックの涙袋整形にかかる値段は以下の通りです。
クリニック名施術名回数・注入料金・値段・費用(税込)
聖心美容クリニック涙袋形成/涙堂形成1回(1本1ml)105,840円
ヴェリテクリニック涙袋ヒアルロン酸 1回(0.2ccまで)324,000円
大塚美容形成外科涙袋形成1本(1mlまで)86,400円
東京イセアクリニック涙袋形成(両目)  -54,000円
高須クリニックなみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)  -108,000円
城本クリニック涙袋形成術1回(0.1cc)12,960円
東京美容外科ヒアルロン酸涙袋形成(ニューラミスライト)   -37,800円
品川美容外科涙袋形成(涙袋片側)   -44,992円
湘南美容クリニックヒアルロン酸で涙袋1回(0.3cc~1.0cc)18.000円
※料金表は2019年4月に作成したものです ※クリニックのホームページから引用しています

涙袋整形は値段の安さだけで決めるのはやめよう

まつげの長い末広型二重の目涙袋整形は、注入量や使用する薬剤の種類、受けるクリニックなど様々な理由で値段が異なってきます。プチ整形と言われている方法ですが、費用も安いという訳ではありません。 だからといって値段の安さだけで決めてしまうと、失敗・トラブルを引き起こすリスクを高めます。そのため、涙袋整形は値段の安さだけで決めるのだけはやめるようにしてください。

関連記事