気になるフェイスリフトの値段とは?施術別に紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

フェイスリフトっていくらかかるの?

フェイスリフトといっても様々な方法があります。大きく分類すると注射スレッド(糸)切開マシンと、4つの方法があります。 注射の場合は注入量や回数、スレッド(糸)の場合は本数や挿入する部位、マシンの場合は機械の機能性や回数、切開の場合は切開する位置、といったようにそれぞれ異なり、フェイスリフトの相場としては5万〜200万円と金額に幅があります。 今回は大まかな目安を施術方法別にご紹介します。 ▽「フェイスリフト」の詳しい情報はこちらフェイスリフトとは|詳しい整形内容や名医・おすすめクリニックなどを紹介

施術別の目安金額

◎注射:5万〜20万円

注射によるフェイスリフトは、気になるたるみやシワに直接注入して改善に期待ができるフェイスリフトの方法です。 注射によるフェイスリフトは、注入後から比較的早く効果が実感できるようです。注射のみなので、ダウンタイムがほとんど必要がなく、安価で比較的施術を受けやすいのがメリットといえます。 ですが、やはり注入による施術は、時間の経過とともに吸入されてしまい、切開を伴う施術やスレッド(糸)を挿入する施術よりも持続期間が短いです。効果を維持させるためには定期的に注入する必要があり、よってトータル金額が高くなってしまうことも少なくありません。また脂肪の厚みや深いしわなど、その部位に合った適切な方法や注入量で行わなければ、満足のいく結果にならないということも多いです。 ▽代表的な施術の詳しい情報はこちら ヒアルロン酸注入:5万〜10万円 ボトックス:10万~20万円 BNLS注射:10万~20万円

◎マシン(高周波・レーザー・超音波など):20万〜40万円

皮膚を切開したり、肌の内部に針(美容鍼)を入れることなくリフトアップが期待できる「切らない」リフトアップが、マシンを使用するフェイスリフトです。 マシンを使ったフェイスリフトは、徐々に効果が現れてくるので、周囲にバレずに、自然にリフトアップが可能です。皮膚の外側から高周波や超音波、レーザーを当てるだけなので、身体への負担も少なく、ダウンタイムも短い傾向なのがメリットでしょう。 しかし物理的に皮膚を切除したり、引っ張り上げる施術と比べると、リフトアップ効果は劣り、持続期間も短い傾向にあるのがデメリットとしてあげられます。さらに高周波や超音波、レーザーによる熱で火傷などを引き起こしてしまうリスクもあります。 ▽代表的な施術の詳しい情報はこちら サーマクールCPT(顔全体):30万円前後 ウルセラシステム:約30万〜40万円 ダブロ(ダブロs):20万円前後

◎スレッド(糸):30万〜50万円

切開を伴うフェイスリフトの次に高い効果が期待できるのが、スレッド(糸)を用いたフェイスリフトです。切開を伴うフェイスリフトに比べてしまうとリフトアップ効果は劣りますが、スレッド(糸)で引き上げる他、スレッド(糸)の刺激によるコラーゲンやエラスチンの増生により、お肌のハリや肌質の改善にも効果があるようです。 切開する方法(施術方法によっては狭い範囲の切開が伴うこともあるようです)に比べると、身体への負担が少なく、ダウンタイムが短いのがメリットです。さらに吸収性のスレッド(糸)をエランバ場合は、体内に異物が残ってしまう心配が軽減されます。 突起が付いている糸の場合は、皮膚との接触面が広がるため、よりリフトアップが期待できるでしょう。 やはり物理的な皮膚の切除に比べてしまうと、スレッド(糸)リフトもリフトアップ効果はおとります。また持続期間も半永久的ではなく、見た目の不自然さや違和感が残ってしまうことがデメリットです。 ▽代表的な施術の詳しい情報はこちら スプリングスレッドリフト:30万〜40万円 シルエットリフト:30万〜40万円 ショッピングスレッドリフト:30〜50万円

◎切開:30万〜200万円

フェイスリフトの中で最もリフトアップ効果が高いのは、切開によるフェイスリフトです。物理的に皮膚を引き上げるため、効果の持続期間は半永久的で、大きな変化も見込めます。反対に、大きく変化しすぎてしまったり、失敗してしまったりすると、修正が非常に難しくなってきます。 深いしわやたるみを改善できるフェイスリフトの方法ですが、デメリットや後遺症などのリスクも大きな問題となってきます。 ▽代表的な施術の詳しい情報はこちら ブローリフト:30万〜40万円 前額リフト(前額部リフト):60万〜80万円 SMAS法:80〜120万円 リガメント法:100〜200万円

フェイスリフトを安く受けるには...?

金銭面でフェイスリフトが受けられないということも少なからずあると思います。フェイスリフトをできる限り安く受ける方法もあります。 ◎コースやセットで受ける 注射・マシンは定期的に複数回の施術を受けることで効果を維持することができます。それにより回数のコースやセットで契約した方が1回あたりのコストを下げることが可能です。 ◎モニター クリニックによってはモニターを募集している場合があります。モニターの場合は写真撮影や施術前後の感想など、一定の条件に同意が可能であれば、通常の施術金額よりも安く受けることができます。  

一番安いフェイスリフトって、一体どれ?

単純に一度の施術にかかる値段だけ見れば、一番値段が安いのはやはり注射によるフェイスリフトです。とはいっても、注射によるフェイスリフトは効果を持続させたいならば定期的に施術を受けなければなりません。 ですので、長期的な目でみると、他の施術法のほうが最終的にかかる料金が安くなる場合もあります。ですので、ご自身の望む効果と金額をしっかり照らし合わせて考える必要があります。

施術を受ける上で大切なこと

フェイスリフトといってもそれぞれの悩みにあった、たくさんの施術の種類が存在します。もちろん施術を受ける上で金額も大切になってきますが、その他にもカウンセリングや施術の説明、医師の技量やデザイン性、アフターケアの充実性も考慮した上で検討してくださいね。 美容医療相談室ではクリニックやドクターの印象、施術を受けられた方の口コミ・体験談をもとに、医師の紹介をしています。独自の基準をクリアした医師ですので、医師選びに迷われている場合は、一度お気軽にご相談ください。

関連記事