唇にヒアルロン酸注入したらキスでバレる?適切な注入量も説明!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

唇のヒアルロン酸ってキスでバレるの?

顎をおさえている女性の口元 唇のヒアルロン酸がキスでばれるかどうかは入れる量によって変わります。適切な量であれば気がつかないでしょう。なので唇のヒアルロン酸注入の際はクリニック選びや事前のカウンセリングなどで、注入量をしっかりと確認することが大切です。 そこで今回は唇のヒアルロン酸注入がキスでバレてしまう原因やバレないための適切な注入量について紹介していきます。

ヒアルロン酸の量が多すぎるとキスでバレる

ポイントや注意点を教えている女性医師 キスをした時に相手に唇のヒアルロン酸施術がばれるのは、ヒアルロン酸の注入量が医師の勧める量より多い時です。アヒル口に見える分厚いタイプの唇が人気ですが、自分の元の唇と比較をして不自然にならない程度にしましょう。顔のバランスを見ながら自然に見える注入量を医師と相談して決めましょう。多くのクリニックで施術前に無料のカウンセリングが行われているので、そこでしっかりと確認しておくことをおすすめします。

唇のヒアルロン酸治療に適する注入量

唇のヒアルロン酸注入の適度な量は、唇の状態や顔のバランスによって変わるため個人差があります。おおよその目安としては1cc程度で、上下の唇に0.5ccずつの注入量になります。実際に施術を行う際には医師と相談をして注射の量を決めるので、理想のデザインを伝えて納得のいくようにコミュニケーションをとることが大切になります。医師の方は様子を見ながら注入してくれるので、多いと感じたら途中で注入を止めて過度な注入を避けましょう。

唇のヒアルロン酸治療を受ける際は慎重なクリニック選びが重要

唇のヒアルロン酸治療を受ける際は慎重なクリニック選びがポイントになります。気になることはカウンセリングの時に全て質問をしておきましょう。医師や看護師の対応が良いクリニックや実績が多いクリニックを探す事がこの施術を行うには大切です。また費用などもクリニックによって異なるので、複数の病院を比較して総合的に検討をしましょう。

ヒアルロン酸の量が適切であればキスをしてもバレない!

電話をして笑顔の女性 キスの時にばれることが心配になる唇へのヒアルロン酸注入ですが、適量であればわかる事が少ないです。施術する際には事前の対応や施術後のケアがしっかりとしたクリニックを探しましょう。必ず費用面だけで決めることはせず、信頼の出来る病院を探すようにしましょう。

関連記事