口を大きくする方法とは?セルフでできることから美容整形の方法まで!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

口を大きくする方法ってあるの?

顔の輪郭や顎のラインが綺麗な笑っている女性の口元 口のサイズに悩んでいたり、コンプレックスを持ってたりしている人は多かもしれません。口が小さくて、口を大きくする方法を探している人というも多いです。口を大きくするにはいくつか方法があり、顔のトレーニングなどのセルフでできる方法から美容整形などの施術による方法で変えることが可能です。 そこで今回は口を大きくする方法について詳しく紹介していきます。また口が小さい原因についても紹介していくので参考にしてみてください!

口が小さい原因

両手で顔をおさえている女性

顎が小さい

もともと顔が小さい人は当然顎も小さくなり、口も小さくなります。顎が小さい原因には「アデノイド顔貌」という症状があり、鼻の奥にあるアデノイドが大きくなっている状態になります。 一般的にアデノイドは大人になると徐々に小さくなるのですが、アデノイドが縮小しない場合は、この「アデノイド顔貌」のままという状態になります。

唇が薄いことで口が小さく見える場合がある

口が小さいわけではなく、唇が薄いために口が小さく見えるということがあります。唇が薄くなってしまうのは加齢や唇周辺の筋肉の働きが弱いことが原因かもしれません。唇の筋肉を鍛えることによって、唇を少しサイズを変えることが可能です。また、血色が悪いことで唇が薄く見えてしまうこともあります。

口を大きくする方法

綺麗なフェイスラインの女性

表情筋を鍛える

表情筋を鍛えることで口を大きく見せるといった方法があります。表情筋を鍛えることによって、口角が上がるので、口を大きく見せることができます。 口を大きくするために、日々の中で表情筋を鍛えるグッズや体操などを繰り返し行っていきましょう。

メイクを工夫する

メイクを工夫すると便利です。少し濃い目のリップを塗ってみたり、やや大きなリップラインにすることによって、口のサイズを変えて見せることができます。血色も良くなり、小さなサイズを隠すことができるでしょう。

美容整形:口唇拡大術で唇を厚くする

口を大きくする方法として、美容整形の口唇拡大術を受ける方法があります。口唇拡大術とは、薄い唇を厚くすることができる施術で、ふっくらとした唇を作ることができる施術です。こうして厚い唇を作ることによって、口を大きく見せることができるようになります。若い女性を中心に唇をふっくらさせる施術は人気があり、さらに年配の人もアンチエイジングとして施術を受けていることが多いです。口唇拡大術による方法は、口を大きくするだけでなくアンチエイジングとして治療にも繋がるので効果的な方法です。 具体的に、唇を厚みを長期間継続するためには外科的な治療が必要になります。唇を厚くする施術にはいくつかあり、口腔粘膜から粘膜を前進させて赤い唇を大きくさせる方法や、鼻の下で皮膚を切りることで唇を引き上げる方法などがあります。

美容整形では口全体を大きくする施術はあまり推奨されていない

口のサイズを変更する方法として整形手術がありますが、基本的に口を大きく見せる方法を取り、口自体を大きくする方法はあまり行われていません。 実際に口を大きくする方法としては唇の横幅を変更する方法がありますが、これは少口症などの人や事故によって日常生活に不便が生じる場合にのみ行われるようになっていて、美容目的でこのように横幅を変化させると大きな手術になるのであまり推奨されていません。

口を大きくするためには自分に合った方法を!

花火をしている女性 口のサイズを変えるにはさまざまな方法があります。エクササイズを行ったり、メイクを変更することによって唇を変化させることが可能です。そして口を大きく見せる方法には、美容整形によって唇を少しふっくらさせる方法もあります。それぞれの方法のメリットやデメリットを考慮した上で、あなたに合った方法を選んで実践してみてください。

関連記事