ヒアルロン酸注入の効果と安全性

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
しわ取りなどのアンチエイジングからバストアップ、お鼻や唇の形成など、美容医療のさまざまな場面で使用されているヒアルロン酸。今回は、ヒアルロン酸を体内に注入するとどうなるのか、その効果をお話します。

ヒアルロン酸ってなに?

ヒアルロン酸は、人間の体内(皮膚や関節など)にもある、ムコ多糖類というアミノ酸の一種。保水性がとても高く、お肌のハリや弾力を保ったり、関節で骨と骨の動きを潤滑にする役割を果たしています。 ヒアルロン酸を体内で生成できる量は、年齢を重ねるごとに減っていきます。その結果、お肌の水分量が減って乾燥肌気味になったり、ハリ・弾力が失われたり、関節に痛みが生じたりするのです。

ヒアルロン酸注入の効果

注入用のヒアルロン酸は、ゲル状である程度形を保つことができます。これを皮膚下に注入すると、内部から膨らませたり(豊胸や隆鼻、しわ・ほうれい線・目の下のくぼみの改善、涙袋の形成、唇など)、保水性によって肌のみずみずしさやハリ、弾力を取り戻すことができるのです。

ヒアルロン酸注入の持続性

注入するヒアルロン酸の種類(ヒアルロン酸の種類については、改めてお話します)や個人の体質にもよりますが、ヒアルロン酸は、注入してから数か月~2年程度で体内に吸収されます。 そのため、効果を持続させるには、継続した治療が必要となり、最終的には他の美容医療よりも高額な料金がかかります。料金の安さでヒアルロン酸注入を選ぶのは、やめておいた方がよいでしょう。

ヒアルロン酸注入の安全性

ヒアルロン酸自体、もともと人間の体内にもあるものなので、異物反応、アレルギー反応はほとんど起こりません(ただし、製造元にはご注意ください)。時間とともに体内に吸収されるという点も、持続性という意味ではデメリットですが、安全性という点ではプラスです。 ただ、だからといって気軽に受けてはいけません。ヒアルロン酸は注入の調整、バランスが難しく、肌に凸凹ができたり、注入部分が膨らみすぎて形がおかしくなったりするケースも少なくありません。もし注入後の形が気に入らなくてもいずれ元に戻りますし、「ヒアルロニダーゼ」という酵素で分解することも可能ですが、時間やお金の無駄になってしまいます。 ヒアルロン酸注入は「プチ整形」などと言われることもありますが、どんな美容医療も、メリットとデメリット、リスクを十分に理解した上で、治療を決断するようにしてくださいね。

関連記事