FDAとは?美容整形用語を詳しく解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

美容整形でよく聞くFDAとは?

顎に手を当てて何かを考えている女性 これまでに美容整形を考えたことのある方は、一度は「FDA」という言葉を聞いたり見かけたりしたことがあるのではないでしょうか。 特に、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入系治療、レーザー治療器による施術などで聞くことが多い印象があります。 「FDA」の認可を取得していると何が良いのか気になりますよね。 そこで今回は、美容整形でよく聞く「FDA」について紹介していきます。

FDAとは

ポイントや注意点を教えている女性医師FDAの正式名称はフードアンドドラッグアドミニステーションの略で、「アメリカ食品医薬品局」という政府機関です。 FDAでは、食品・飲料・薬品・医療機器・放射線機器・化粧品・獣医動物関係製品の販売の際に安全であるかどうかを、現在持ちうる技術を使い、厳格な判断基準をもって、認可や取り締まりを行っている専門機関です。 日本でいうところの、厚生労働省と農林水産省の役割を担っている行政機関です。

FDAの認可を受けていることのメリット

FDAはアメリカの政府機関で認可を受けているメリットとして、国際的な安全基準を担保する役割が期待できるという点です。 発展途上国を除き、大半の先進国には日本の厚生労働省や農林水産省のような自国の安全基準を設けているのことが多いです。 しかし、国内の安全基準と海外が欲する安全基準に隔たりがあります。 そこで、安全な貿易を行うための方法として、FDAの認可を受けているのかが基準になってきます。 FDAの認可を受けていることで、比較的安全と判断され、流通がしやすくなるでしょう。

CEマークとは?FDAとの違いについて

FDAでは厳格な安全基準をパスした医薬品や食品には、認証マークが付けられます。この認証マークが交付され、商品のわかる場所に貼り付けられることで、FDAの認可取得済み商品として、海外に流通させやすくなります。 しかしFDA以外にも、貿易で輸出入がしやすくなる「CEマーク」というものがあります。 CEマークとはEU(欧州連合国)加盟国に対して輸出するために必要な基準を満たしたものに付けられるマークのことです。 FDAをはじめ、厚生労働省の認可、CEマークにはそれぞれの基準がありますが、いずれかの認可を受けて入れば安全ということではありません。 認可を受けていてリスクが低いといわれていても、絶対にないという保証ではないので、十分にリスクや副作用などの起こりうる可能性があるということを知っておきましょう。

FDAの認可を受けている製品・薬品

調合しているクリニックの医師

注入・注射系

・アラガン社 ジュビダームビスタシリーズ/ボトックスビスタ ・MERZ社 ベロテロシリーズ/ゼミオン ・Q-MED社 レスチレン ・レディエッセ

スレッド(糸)

ベストリノプラスティーフェザーリフト

高周波・レーザー機器

サーマクールポラリスタイタンミラドライフラクセル

内服薬・外用薬

ラティースプロペシア この他にも各分野でFDAの認可を受けている施術や薬品があります。 確実な安全性を保証されている訳ではありませんが、こういった施術・薬品を選ぶ方が、比較的安心して施術が受けられるでしょう。

FDAの認可を受けている製品・医薬品を選ぼう

クリニックで顔にレーザーを当てている女性FDAは、食品・飲料・薬品・医療機器・放射線機器・化粧品・獣医動物関係製品の販売の認可や取り締まりを行なっているアメリカの政府機関です。 承認を受けていれば絶対に安心というわけではありませんが、FDANO認可は国際的な安全基準にもなっているため、医薬品・医療機器を使用した施術を行う場合には、FDAの承認を受けているものを選ぶようにしましょう。

関連記事