鼻筋ニキビが出来ちゃった!その原因と改善方法に迫る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

《目次》 ・気になる鼻筋のニキビ…なんで出来ちゃうの? ・鼻筋にニキビが出来てしまう原因 ・出来てしまったニキビの改善方法をご紹介! ・鼻筋のニキビは日々のケアと正しい治療が必要!

気になる鼻筋のニキビ…なんで出来ちゃうの?

夕暮れの海でサーフボードを持っている女性 顔にはさまざまな原因でニキビができます。できる場所によって原因も異なりますので、それを知って対処すれば予防にもつながり、できてもすぐに治すことができるでしょう。ここでは鼻筋にできるニキビについてご説明します。

鼻筋にニキビが出来てしまう原因

①乾燥

鼻筋は、小鼻の部分と違って皮脂分泌がそれほど多くないため毛穴づまりが起きることは少なく、ニキビができにくい場所です。ところが過度に乾燥すると、肌を守るために肌が角質を厚くしてしまいます。また肌を潤そうとして皮脂が過剰に分泌されることもあります。すると毛穴がつまりやすくなります。

②外部からの刺激

刺激にはさまざまなものがありますが、手で鼻を掻くクセがあったり、洗顔時にごしごしこすっていたりする場合は要注意です。鼻筋は皮膚が薄いこともあって刺激に弱く、ニキビができる原因となります。洗顔時にしっかりすすぎができていなかったり、メイクがしっかり落ちていなかったりする場合もできやすくなります。

③肝機能の低下

ニキビは、例えば胃腸が悪いと口まわりに、冷えがひどいと首にできやすいといった傾向があり、内臓のどこが悪いかでできやすい場所が変わります。鼻筋にできた場合は肝機能が低下している可能性があります。これは肝機能の低下で毒素の分解ができていないことが原因です。

④紫外線

紫外線はアクネ菌を増殖させる働きがあるとされています。また新陳代謝のリズムを乱したり、日焼けによって乾燥状態にもなります。鼻筋は顔の中でもっとも紫外線を受けやすい部位ですので、それだけニキビもできやすくなります。

⑤生活リズムの乱れ

栄養バランスの偏った食生活は、肌に大切な栄養が取れずに肌荒れを招きます。また睡眠不足がつづくと、身体機能が落ち、肌のバリア機能も低下します。これらが原因となってニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。

出来てしまったニキビの改善方法をご紹介!

水のペットポトルを持っている女性

【塗り薬】

ケアの基本は正しい洗顔と保湿ですが、すぐに治したい場合は市販の塗り薬も効果的です。また皮膚科での治療の基本も塗り薬になります。 朝晩の洗顔後に保湿ケアをしたあとで、患部に少量をつけましょう。あまり塗ると毛穴を塞いでしまい逆効果と言われていますので気をつけましょう。

【飲み薬】

悪化した場合は皮膚科の受診がおすすめです。皮膚科では塗り薬のほか、アクネ菌の活動を抑える効果のある抗生物質や炎症を抑える抗炎症剤などの飲み薬が処方されることもあります。ホルモンバランスの乱れが原因の時はバランスを整える薬が、肌の調子を整えるためビタミン剤が適していることもあります。

【レーザー治療】

皮膚科ではレーザーを照射して治す方法もあります。皮脂や膿を溶解させて炎症を抑えるもの、アクネ菌を死滅させるもの、皮脂分泌を抑制するものなど、用途に合わせてさまざまな種類があります。

鼻筋のニキビは日々のケアと正しい治療が必要!

笑顔の女性 鼻筋にできるニキビの原因と治療法について見てきましたが、いかがでしょうか。できてから慌てて治すより、予防することが大切です。 刺激になるものを意識して避け、生活習慣を整えるようにしましょう。丁寧な保湿ケアを行うことも効果的です。それでもニキビができてしまった時は、クリニックなどですぐに対処することで、綺麗な鼻筋を手に入れることが可能になります。

関連記事