美容整形を受ける前に|美容外科・ドクターの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
美容医療相談室には、2011年のサービス開始以来すでに3万件以上の美容医療・美容整形に関する失敗や修正などを含む相談が寄せられています。多くのトラブルの背景には、美容医療・美容整形に関して事前に十分な情報が得られなかったことがあるとのではないかと考えられます。 ここでは美容医療相談室が考える「美容外科・ドクターの正しい選び方」についてお伝えします。これから施術をお考えの方は是非ご参考になさってください。

美容整形を行う前に

美容整形・美容医療を受ける前に確認したい7つのポイントをご紹介します ▶美容整形における失敗と原因 ・1.医師の技術不足による失敗 ・2.医師と患者のイメージの相違による失敗 ・3.誇大広告を鵜呑みにする ・4.ネット上の口コミのみを参考にする ▶美容整形でリスクを避ける方法 ・5.カウンセリングで自分の理想像を十分に伝える ・6.担当医師の得意分野・専門分野を知る ・7.第三者の意見から正しい情報を得る

▶美容整形における失敗と原因

美容整形を検討する中で一番気になるのはやはり「失敗したくない」ということではないでしょうか。 美容整形における失敗は、主に「医療的な失敗」と「イメージの相違による失敗」に分けられます。そのような失敗が起こってしまう背景を理解し、対策することで失敗のリスクは大きく低下します。

1.医師の技術不足による失敗

施術を成功させるためには、当然ながら医師の技術力が高いことが重要です。これはプチ整形と呼ばれる比較的手軽でリスクの低いとされる施術においても言えることです。施術を受ける前には「医師の経歴」「資格」「発表論文」などの情報を精査しなければなりません。 経歴の短い医師や、専門分野が不明な医師などは、相対的には技術力が乏しい可能性が高まります。しっかりと医師の経歴や資格、専門分野を確認し、技術力の高い医師を選ぶことができれば「医療的な失敗」を回避できる可能性は高まります。 ただ、個人で集められる情報には限りがあります。お困りの際には美容医療相談室までお問い合わせください。

2.医師と患者のイメージの相違による失敗

「イメージの相違による失敗」を回避するためにはカウンセリングがとても重要なポイントになります。 カウンセリングを通じて自分の悩みや理想を正確に共有するように努めてください。正しく理想を共有できなければ、仮に「医療的には成功している施術」でも、「デザインが希望と違う=失敗」という結果になってしまいます。 カウンセリングは患者にとっても医師にとっても理想共有するための大切な時間です。こうした時間をきちんと設けないクリニックではイメージの相違による失敗のリスクが高まりますのでご注意ください。

3.誇大広告を鵜呑みにする

美容外科クリニックを含め、医療の広告には多くの規制があります。しかし、現時点では美容外科クリニックのホームページは医療広告を規制する法律の対象外となっており、掲載されている情報(症例写真や口コミなど)や広告表現(No.1、芸能人御用達、キャンペーン情報など)に規制がおよばず”無法地帯”のような状況になっています。 これに関しては厚生労働省なども注意喚起を行っていますが、残念ながらいまだに「本当に正しい情報」を集めることが困難な状況と言わざるをえません。 この様な背景から、多くのクリニックホームページには【誇大広告】といえる情報が溢れていることを理解し、そうした情報に踊らされないようにしなければなりません。

4.ネット上の口コミのみを参考にする

多くの方は、クリニック選びの際に「口コミ情報」を参考にすると思います。しかし、この点でも注意が必要です。インターネット上には信憑性に欠ける口コミ情報も少なくありません。もちろん、本当の口コミ情報もありますが、特定のクリニックに誘導することを目的としたステマ(宣伝と気付かれない宣伝方法)や、競合するクリニックの誹謗中傷を目的にしたような嘘の口コミ情報もあります。 また、美容整形は何度も同じ施術を繰り返すものでは無いため、同じ施術を他の先生と比較することが難しいものです。この為、個人が書く口コミ情報は非常に主観的な内容となっており、医師やクリニックを評価する上では参考にならないものも少なくありません。クリニック・医師を評価するためには、一人の口コミ情報だけではなく、膨大な数の口コミ情報から総合的に評価することが大切です。 美容医療相談室では全国のクリニック・医師の口コミ情報を集めて評価しています。気になるクリニックがあればお気軽にお問い合わせください。

美容整形で失敗を避ける方法

失敗する背景が分かれば、その対策をとることでリスクは大きく下げられます。失敗しないためのポイントをご確認ください。

5.担当医師の得意分野・専門分野を知る

クリニックや医師にはそれぞれ専門分野や得意分野があります。目や鼻など顔のパーツの施術が得意な医師もいれば、豊胸や脂肪吸引などのボディ形成が得意な医師、お肌など美容皮膚科の分野が専門の医師、アンチエイジング治療に力を入れているクリニックなど様々です。 クリニックが強くPRしている施術分野や、医師の経歴・資格・発表論文の内容などから、ある程度の専門性を推測することも可能です。また、大量の口コミ情報を確認することで、そのクリニックが行っている施術の偏り(専門)が分かることもあります。 「有名だから大丈夫」「専門医だから上手」ということではなく、あくまでも自分が希望する施術に対しての専門性の高い医師を選ぶように努めてください。お困りの場合には、美容医療相談室に寄せられた情報を基に医師情報をご案内することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

6.カウンセリングで自分の理想像を十分に伝える

前述した通り、カウンセリングは美容整形を成功させるためのとても大切なポイントです。 自分の悩みや理想の姿・デザインを担当医師にしっかりと伝えることが重要です。抽象的なイメージや言葉では正しく伝わらないことも多いので、具体的なモデル(芸能人の写真など)を持ち寄ったうえでカウンセリングに臨むと良いでしょう。

7.第三者の意見から正しい情報を得る

インターネット上に多くの情報が溢れる現代において、正しい情報を自分一人で収集することには限界があるかもしれません。そうした時には、身近で美容整形を受けたことのある友人・知人から情報を集めたり、専門的に情報を扱っている第三者の意見を参考にするのも一つの手段です。 私たち美容医療相談室は、美容医療・美容整形に関する「より多くの情報」「より正確な情報」を届けることで、一人ひとりが正しい判断基準を持つことをサポートしたいと考えています。手術についての正確な情報はもとより、手術のリスクや、術後のダウンタイム、良いクリニックの選び方など、人には聞きづらいことも美容医療相談室を通じて知っていただければ幸いです。 何かお困りのことがあれば一人で悩まずお気軽に美容医療相談室にご相談ください。

関連記事