【メイク】埋没法後はいつから可能?腫れや内出血をごまかすメイクの仕方を大公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
2
綺麗なフェイスラインの女性 切開を行わずに二重を作ることができる埋没法は、ダウンタイムの短さや費用の安さといった手軽さから人気を誇っている施術なのですが、術後のメイクがいつからできるのかという点が気になる方も多いかもしれません。 そこで今回はそんな埋没法の術後のメイクにまつわる疑問を解決していきます。 ▽「埋没法のダウンタイム」の詳しい情報はこちら ┗埋没法のダウンタイムはどのくらい? 仕事に復帰するまでの期間や痛み、経過を紹介

埋没法の術後のメイクはいつから可能?

手軽さが売りの埋没法ですが、施術の後はメイクしてはいけないのでしょうか。 実は、クリニックによっても変わりますが施術した次の日からメイクすることが可能です。けれども、腫れが出てしまうなど個人差があることも事実ですので、やはり腫れが引くまでの3日程度は控えておいたほうが良いでしょう。

埋没法の術後のまつげエクステはいつから可能?

アイメイクが大丈夫なら、まつ毛エクステも大丈夫だろうと思う方も多いかもしれません。しかし、これは大きな間違いで、いくら負担の少ない埋没法であってもまつ毛エクステは1か月程度控えたほうが良いと言われています。その理由は、まつ毛エクステはまぶたに大きく負担をかけるからです。 まつ毛エクステによって本来出なかった腫れが出てきてしまうこともあるため、1か月程度は控えるようにしましょう。

埋没法がバレないためのごまかしメイクの仕方

口紅のメイクをしている女性の口元

メイクをする際の注意点

埋没法は負担の少ない施術と言われていますが、健康な皮膚に針を入れる以上多少の腫れや内出血は避けられません。したがって、それらを上手にカバーするためのメイクが必要になります。 またメイクをしたことですぐに二重が取れるということはほとんどありませんが、まぶたに刺激を与えると糸が緩んだり、切れたりしやすくなる可能性は考えられます。強くこすったり、引っ張ったりしないように気を付けることがポイントです。

メイクの仕方

まず目元に強い腫れや目立つ内出血がある場合、カバー力の高い下地やファンデーションで隠します。 そこから濃いめのアイシャドウでグラデーションを作りましょう。ラメ入りのものを使うことで光によるカバーも期待できます。 そしてアイラインは太く引くように心掛けてください。とくに腫れによって二重幅が広い場合には、それを目立たなくさせる効果があるため有効です。

埋没法の術後にするメイク落としの注意点

メイクを落とす際にはできるだけ低刺激のクレンジングを使用し、あまりこすらないように優しく落としていくことがポイントです。オイル状のクレンジングやお湯で落とせるマスカラなどを利用すると良いかもしれません。 施術後に限らず、こするのは肌に良くないため、腫れや赤みが引いた後もこの方法でクレンジングするのがベストと言えます。 埋没法による糸は洗顔などの手の力で簡単に切れるものではなくそこまで気にする必要はありませんが、施術後の皮膚は大変デリケートになっているため、まぶたに負担をかけないように注意しましょう。

埋没法後のメイクはまぶたに負担のかからないように注意しましょう

クリニックの女性医師 ここまで埋没法のメイク事情をご紹介してきましたが、とにかく術後のまぶたは非常にデリケートな状態と言えます。 どうしても外出しなければならない、となった場合のメイクは、バレにくくするのはもちろんですが、あくまでもまぶたに負担がかかり過ぎないようにするのが大切です。

関連記事