埋没法は痛い!?施術中と術後の痛みの強さと対策方法を紹介

《目次》 ・埋没法は麻酔をしていても痛みがあるって聞くけど本当? ・麻酔が効いていれば施術中に痛みを感じることはほとんどない ・施術中の痛みへの対策方法  └局所麻酔  └笑気麻酔  └表面麻酔 ・痛みは翌日くらいに治ることが多いかも ・術後の痛みを少しでも和らげるためにできること ・その激しい痛みは我慢してはいけないかも! ・埋没法を受けるなら痛みへの配慮がされているクリニックを選ぼう

埋没法は麻酔をしていても痛みがあるって聞くけど本当?

埋没法は、まぶたを医療用の糸でとめて二重のラインを作る方法です。抜糸の必要もなく痛みも少ないといわれてはいますが、少しチクチクをした痛みを感じることも。 今回は埋没法でどのくらい痛みが伴うのかと、痛みへの対策方法を紹介します。

麻酔が効いていれば施術中に痛みを感じることはほとんどない

埋没法は基本、局所麻酔で行われます。この局所麻酔が強い痛みが伴うといわれています。麻酔がしっかりと効いていれば、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。 しかしあくまでも局所麻酔なので、痛みがほとんど感じられなくても、縫われている感覚や引っ張られている感覚はあるということを知っておきましょう。 クリニックによって異なりますが、局所麻酔のみというクリニックもあれば、局所麻酔の前に麻酔テープや麻酔クリーム、点眼麻酔を使用してから局所麻酔を行うというクリニックもあります。 特に痛みに弱いという方は、事前に確認してみてください。

施術中の痛みへの対策方法

埋没法を行う際の痛みへの対策方法:局所麻酔

埋没法では必ず局所麻酔が使用されます。まぶたの表側と、まぶたの裏側の2回に分けて麻酔が注入されます。 針を刺す際にチクっとした痛みがあり、麻酔薬が注入されているときにじわーっとした痛みが伴います。 麻酔が効けば、施術中に痛みを感じることはほとんどなく、力まずに終わるのを待ちましょう。

埋没法を行う際の痛みへの対策方法:笑気麻酔

麻酔の種類にも様々な種類がありますが、埋没法で局所麻酔と併用して使われる麻酔が笑気麻酔です。 笑気麻酔は完全に意識がなくなるという訳ではなく、気持ちをリラックスさせた状態で施術ができるようにするために使用されます。そのため局所麻酔の痛みも緩和されることが多いようです。 通常の麻酔とは異なり、吸入をやめればすぐに覚醒し、少し休めば普段通りに戻ることができます。 施術中が不安という場合には、事前に相談してみても良いかもしれませんね。

埋没法を行う際の痛みへの対策方法: 表面麻酔

クリニックによって、または患者さんの希望によっては麻酔テープや麻酔クリーム、点眼麻酔を行ってから局所麻酔をする場合があります。 しかしどれも表面部分の麻酔のため、針を刺した時の痛みが緩和されても、麻酔液を注入している時のじわーっとくる痛みにはあまり効果は期待できません。 少しでも痛みを少なくしたいという方には、痛みへの対策方法の一つになるでしょう。

痛みは翌日くらいに治ることが多いかも

施術後、麻酔が切れてくると痛みが伴います。痛みが出てきた段階で処方された痛み止めや、持参した鎮痛剤を服用することが痛みを和らげることができるでしょう。 ほとんどの場合、翌日には強い痛みが治っていることが多いです。長くても約3日程度で痛み止めを服用しなくても問題ないくらいの軽い痛みに落ち着いているようです。 ただし術後しばらくは、力をいれて目を閉じたり、触ったりすると痛みが伴うので注意が必要です。

術後の痛みを少しでも和らげるためにできること

埋没法後の痛みへの対策:鎮痛剤を服用する

麻酔が切れると、術後に痛みが出てきます。クリニックで処方された痛み止めや、普段使用している痛み止めを服用することで、術後すぐに出てくる痛みを和らげることができることが多いです。 痛み止めと服用する場合は、間隔を守り服用してくださいね。

埋没法後の痛みへの対策:冷やす

術後、クリニックで少し休む際にも冷やすことが多いですが、自宅に戻ったあとも冷やすことが痛みと腫れを抑えることができるといわれています。 氷や保冷剤などをタオルやガーゼで包み、患部を避け、まぶたの上やこめかみなどを冷やすのも痛みへの対策になるでしょう。

その激しい痛みは我慢してはいけないかも!

術後、激しい痛みに襲われる場合は、糸が目の中で解けていたり、感染症を引き起こしていたりなど様々な可能性が考えられます。 術後直後から数日経っても目を開けるだけで激しい痛みが感じられる、ゴロゴロした感じがなくならないなどの場合には、すぐにクリニックに相談してください。

埋没法を受けるなら痛みへの配慮がされているクリニックを選ぼう

埋没法はプチ整形ともいわれ、美容整形の中でも多く行われている整形の一つです。安いクリニックを選んでしまうと、痛みへの対策やケアが十分に行われていない場合があるので注意が必要です。 痛みなどに配慮しているクリニックでは、麻酔を注入する際の注射針を極細タイプのものを使用するなど対策がとられています。 クリニックのホームページでは痛みがないなどが記載されていても、そのクリニックで埋没法を受けられた方の口コミを確認するなどして、どんな対策がとられているのかを確認してみましょう。

関連記事