二重まぶた埋没法をした後にアイプチやメザイクをしても大丈夫?

《目次》 埋没法をした後でもアイプチはできるの? 埋没法をした後すぐにアイプチやメザイクなどは使用しないほうがいい その他で埋没法とアイプチについて気になること アイプチは一時的な効果のあるアイテム

埋没法をした後でもアイプチはできるの?

一重まぶたの悩みを解消するためには、埋没法のような美容整形が有効ですし、整形に頼らず二重のラインを作るならアイプチも便利な存在です。理想の二重を作るためにどちらを選ぶべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 今回はそんな埋没法とアイプチについて紹介していきます。

埋没法をした後すぐにアイプチやメザイクなどは使用しないほうがいい

埋没法は切らずに二重のラインを作ることができるのでダウンタイムも短く抑えることができますが、治療直後は腫れもある、まだラインも安定していません。まだ二重が安定していない状態でメザイクなどを使ってしまうと糸がゆるんだり、せっかくの二重のラインが崩れてしまう可能性があるので、使用はできるだけ避けましょう。 埋没法でしっかりと二重のラインがついていれば、こうしたメイクに頼る必要もなくなりますが、どうしても利用したい場合はラインが完全に定着してから使用するようにしましょう。

その他で埋没法とアイプチについて気になること

埋没法で普段しているアイプチのラインと同じラインに二重を作ることができるのか

美容整形を行う前にはアイプチで二重のラインを作る人が多いですが、何度でもやり直すことができるので、それぞれに一番似合うラインや理想のラインを選べるのもメリットです。それゆえに埋没法でラインを作る場合も同じラインを作ってほしいと希望する人も多いのではないでしょうか。 基本的には埋没法であっても同じラインを作ることができますが、メイクと美容整形では食い込み具合も違うこともあり、多少は想像と違ってくる可能性があることは理解しておきましょう。もし、普段のアイプチを使用しているラインと同じようにしてもらいたい場合は、施術前に写真を持っていって見せてみるといいかもしれません。

アイプチを続けて二重になるのか

できることなら、美容整形をせずに二重になりたいと考えるも多いのではないでしょうか。毎日二重のりを使い、ラインをつけていくと、そのうち本物の二重になれるのではという期待をする人もありますが、本当にラインを得られる人はそれほど多くはありません。 手軽に二重のラインを作りたいときにはとても役立つアイテムですが、あまりに多用しているとデリケートなまぶたの肌がたるむ、肌荒れが起こるなどのトラブルが起きてしまう可能性もあります。場合によっては、まぶたの皮膚がたるんでしまう可能性もありますので、長期に使い続けていても、二重にならないという場合は使いすぎないよう注意したいところです。 一重で悩む人にはとても人気の高い商品ですが、あくまで一時的な効果であるということは理解しておきましょう。

アイプチは一時的な効果のあるアイテム

二重のラインを作る方法も色々ありますが、人気のアイプチはあくまで一時的な効果であることは理解しておきましょう。しっかりと二重のラインを定着させるのであればやはり確実に二重のラインを作ることができる埋没法がおすすめです。切らずにラインを作れることでも人気の高い施術となっています。

関連記事