一重まぶたの種類とは?それぞれの特徴と原因を紹介!

《目次》 一重まぶたにはいろいろな種類がある! 一重まぶたとは 一重まぶたの種類①脂肪があまりなく扁平な一重 一重まぶたの種類②脂肪が多く重たい一重まぶた 一重まぶたの種類③日によって二重になる隠れ二重 一重まぶたのタイプに合ったメイクや対処法を!

一重まぶたにはいろいろな種類がある!

見る人に腫れぼったく、重たい印象を与えることが多いのが一重まぶたです。すべて同じに思われがちな一重まぶたにも一重になる原因別で、3つの種類に分けられます。また、その種類によっては、改善が可能なケースもあります。 そこで今回はそんな一重まぶたの種類や特徴、原因について紹介していきます。

一重まぶたとは

一重まぶたとは、まばたきをする際に、まぶたを引き上げる筋肉が、皮膚に付着しておらず、スムーズにまばたきを行うことができ、表面部分にラインが入っていないまぶたのことを言います。一般的には、アジア人に多い特徴で、寒冷地に適応した身体的特徴の一つとも考えられています。優性遺伝である二重に比べて、遺伝がしにくいとされる劣性遺伝としても知られています。 また、近年ではコンプレックスを持たれやすい特徴の一つとして、美容整形術の対象となったり、一重を解消するための化粧グッズなども展開されています。

一重まぶたの種類①脂肪があまりなく扁平な一重

まぶた部分の脂肪がほとんどないため、シャープな印象を持たれやすいタイプの一重です。こちらは眼瞼挙筋が皮膚に付着していないことが直接的な原因となっている一重であり、むくみや脂肪のつきすぎなどが原因ではないため、 他のタイプよりも比較的改善しやすく、二重テープやアイプチといった化粧品で二重にしやすいのが特長です。大人っぽく落ち着いた印象を与えることから、クールカラーのアイメイクなどが似合います。

一重まぶたの種類②脂肪が多く重たい一重まぶた

一重の方に、最も多いのがこちらのタイプです。ふっくらとした体型の方や、水分、アルコール飲料の摂りすぎや、塩分過多の食事が多いことが原因とされています。 こちらのタイプの一重は、アイプチなどでも二重になりにくく、老化やダイエット、生活習慣の改善などによって、まぶたの脂肪が落ちた時に、二重になることが多いタイプでもあります。

一重まぶたの種類③日によって二重になる隠れ二重

こちらのタイプの一重は、むくみや脂肪の多さが原因で一重になっていますが、本来の構造上は二重であるため、体調などによってその日その日でまぶたの状態が異なります。お酒の飲み過ぎや睡眠不足などによってむくみが発生することが原因で一重になる場合もありますが、ほとんどのケースが体重の増加に伴ってまぶたに脂肪がついたことが原因で一重になっています。 このタイプの一重まぶたは、脂肪やむくみを減らすことで二重になることが可能です。

一重まぶたのタイプに合ったメイクや対処法を!

一重まぶたには様々なタイプのものがありますが、その原因を知ることで二重にしたい場合の対処方法が異なります。モンゴロイドの身体的特徴とも言われる一重まぶたも、アイメイクなどによってチャームポイントにすることもできますので一度試してみることをおすすめします。

関連記事