鼻唇溝とは?美容整形用語を詳しく解説!

《目次》 笑った時に気になる鼻唇溝 鼻唇溝とは 鼻唇溝が出る原因 鼻唇溝を消すための施術 鼻唇溝が気になる人のクリニック選びは慎重に行いましょう

笑った時に気になる鼻唇溝

鼻唇溝がくっきりすると、老け顔や疲れ顔に見られるので、悩んでいる女性は少なくありません。さらに、そのままにしていると余計に目立つようになってしまう可能性もあるので、目立たなくするための対処などを行うことが重要になります。 そこで鼻唇溝ができる原因や消す方法について説明していきます。

鼻唇溝とは

鼻唇溝とは一般的に「ほうれい線」と呼ばれているもので、顔の小鼻の脇から口の端までに出来るしわのことです。普段はそれほどではなくても、笑顔などの表情の変化により、両側に長い溝ができるので目立ってしまいます。 悪化すると、特に表情を作っていなくてもしわができたり、影ができてしまうので、年齢以上に老けて見られたり、疲れているように見られるので厄介です。ほうれい線はしわというよりも、皮膚のたるみにより、顔の筋肉の境目がくっきりしてしまったものといえます。

鼻唇溝が出る原因

鼻唇溝が気になってくる原因の多くは、加齢により肌が乾燥して、たるんでしまったためです。軽度のたるみなら、マッサージやスキンケアを行えば改善できますが、ある程度進行した場合はくっきりと深くなるので、簡単には消えにくくなります。 また、日光を浴びると、UV-Aと呼ばれる波長の長い紫外線が肌の奥の真皮にまで届いて、コラーゲンやエラスチンを減少させるので、皮膚からハリが失われてしまいます。光による老化が進むので、頬がたるんで、深い溝ができたり、しわが刻まれるようになるのです。

鼻唇溝を消すための施術法

老けて見られたくないので鼻唇溝を消したいと思ったら、お近くの美容クリニックで、ヒアルロン酸注射ボトックス注射を受けるようにしてください。気になる部分に適量の薬剤を注入するだけで、肌が内側からふっくらするので目立たなくなる効果があります。 費用の相場は1本1㏄で5万円ほどですが、しわが深くてくっきりしている人ほど注入する量が多くなるので、料金も高くなります。実際の料金を知りたいときは、カウンセリングを受けるようにしましょう。

鼻唇溝が気になる人のクリニック選びは慎重に行いましょう

鼻唇溝が気になるので、治療を受けようと思ったら、クリニック選びを慎重に行うことが大切です。下手なところに任せると、注入する量が多すぎて不自然な顔になったり、少なすぎて、治療前とほとんど変化がないこともあるので、そんなところは選ばないようにしましょう。 実績豊富な名医に任せれば、自然な状態に仕上げられるので、近くで誰かに見られても気づかれる心配はありません。事前に口コミの評判等を調べてから相談に行くようにしてください。

関連記事