自然にするなら末広型!?二重の形と幅が与える印象とは?

《目次》 ・自然さを求めるなら末広型!?二重の形が与える印象の違い ・末広型と平行型の違いとは? ・蒙古ひだがあるなら末広型が良い!? ・二重幅によって与える印象の違いとは? ・自分にあったデザインを決めよう

自然さを求めるなら末広型!?二重の形が与える印象の違い

末広型は二重の幅が目尻にかけて広がっていくタイプで、日本人女性に最も多い二重の形です。 そのため日本人に多い目の形に自然と馴染み、ナチュラルな印象を与えると言われています。 今回は末広型二重を中心に、二重の幅や形が与える印象についてご紹介します。

末広型と平行型の違いとは?

二重まぶたには様々な種類があり、大きく分類すると末広型平行型奥二重の3つに分類できます。同じ平行型の中でも、二重の幅が広い・狭いなどのタイプに分かれるのが特徴です。 自然な印象の末広型と比べ、目頭から目尻にかけての二重の幅が同じ平行型は目を大きく見せるので、見る人に華やかな印象を与えます。つけまつ毛やアイラインなどによってさらに目を大きく見せるアイメイクを施せば、欧米人のような力強い目元になることもできるでしょう。一方、末広型と比べると目元だけ派手になりすぎる可能性もあります。 二重整形を行うことで印象が大きく変わることを避けたい場合、平行型でも幅を狭くするなどの工夫が必要です。

蒙古ひだがあるなら末広型が良い!?

蒙古ひだとは目頭を覆うまぶたで、日本人をはじめとする黄色人種に多く見られる目元の特徴です。 目頭の一番内側にある涙丘と呼ばれるピンクの肉を隠すような形になっており、目を小さく見せる原因の一つでもあります。 悪い面だけではなく、二重整形では蒙古ひだを有効に使って末広型の自然な仕上がりにすることが可能といわれています。

二重幅によって与える印象の違いとは?

二重まぶたは幅の広さによって見る人に与える印象が異なります。基本的に二重の幅が広いほど華やかで、狭いほど自然になります。 幅が広い二重は特に若い女性を中心に人気ですが、年齢を重ねて落ち着いた雰囲気を重視する場合は、幅が狭い方が上品で自然な目元になりやすいので、理想に合わせた選択をすることが大切です。 美容整形で二重を作り出す際、幅の狭いタイプの平行型を目の形によっては通常の施術だけで難しい場合もあり、目頭切開などが必要になる可能性もあるでしょう。

自分にあったデザインを決めよう

二重整形では様々な目元になることができるでしょう。特に自然な二重を希望している方は、もともとある蒙古ひだを利用して末広型二重にすることで、より自然な目元を作り出すことも可能です。 目の形を考えた上で、希望するデザインや施術方法を決めていくことが重要です。

関連記事