【医師監修】目元の印象を自由自在に変化させる池本形成外科・美容外科の目尻切開

この記事の監修医師

この記事は、池本繁弘医師(池本形成外科・美容外科)が監修しています。


タレ目や子供っぽい目元から大人っぽい目元を作りだす!逆につり目を改善したい方にはタレ目形成と目尻切開で目元を大きく可愛らしく!

目尻切開は目尻を切って、外側へ広げる手術です。目尻切開をすることで、切れ長で大きな目を作ることができるので、キツめの印象を和らげる効果があります。目尻切開と他の施術をどう組み合わせるかによっても目元のイメージは大きく変わりますので、目元手術に特に力を入れている池本形成外科・美容外科ではどんな施術をしているのか見てみましょう。

目尻を外側に向けて切開縫合することで目が大きくなり、切れ長な目が手に入ります。

Q.目尻切開とはどんなものですか?
目尻切開はその名の通り、目尻を切開することです。目尻を切開することによって、目を大きく、横長にすることができます。 タレ目形成と同時に行うことでつり目を改善し、目元を大きく見せる効果があります。
Q.どのような方が受けるのでしょうか?
目が小さいことにコンプレックスがある方や、今よりももっと大きな目にしたいという方が多いですね。他には、目元の印象を少し変えたいという方もいます。タレ目や童顔の方は、目尻切開で切れ長の目を作ることで少し大人っぽいイメージになることが期待できます。 逆に、つり目を改善したい方にはタレ目形成を同時に行うことで、可愛いらしい大きな目元の印象に変えることができます。
Q.具体的な施術について知りたいです。
まず、結膜から目尻の皮膚までの部位を約5mm全層で切開します。その後余分な皮膚と結膜を切除し、目尻を外側に向かって長くする手術です。 タレ目形成を併用する場合には外下側に白目の見える範囲が大きくなります。

目尻切開が自分に合っているかはしっかり事前確認!過剰な期待は禁物です。

Q.目尻切開を受ける際に気をつけることはありますか?
一般的に、目尻切開は変化があまり大きくなく、効果を感じにくい施術だと言われています。ご自身で目尻を外側に引っ張った時に白目があまり出ず、赤色の粘膜部分がすぐに見えてしまう方は大きな変化が出にくいです。 事前に個人の目の状態を知ったうえで、適切な期待をもって手術をすることが大切ですね。