アクアフィリング豊胸はしこりができる?原因や除去する方法を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクアフィリング豊胸でしこりの原因や対処法について紹介します

アクアフィリング豊胸」とは、近年人気のプチ整形でヒアルロン酸注入よりも長期間バストアップ効果を維持することができると注目されている方法です。人気がありますが、しこりができてしまう人も多いため、アクアフィリング豊胸についての正しく理解して選ぶことが大切です。 そこで今回はアクアフィリング豊胸で生じるしこりの原因や除去する方法について紹介していきます。

アクアフィリング豊胸とは

「アクアフィリング豊胸」とは2015年から始まった豊胸手術で、「ヒアルロン酸注入」と同じようにメスで皮膚を切ることなく注射器で注入するだけでバストアップすることができるプチ整形です。「ヒアルロン酸」は約1年ほどで体内に自然に吸収されてしまいますが、「アクアフィリング豊胸」では体内で徐々に分解され、排出されるため効果の持続期間が3~5年程度と比較的長いのが特徴です。 また、注入量によってバストアップ効果が異なるため、自分の希望に合うサイズにすることができる方法です。

アクアフィリング豊胸でしこりが出来る原因

アクアフィリング豊胸で多いのがしこりができてしまうというトラブルです。一般的に生理食塩水で溶けると言われているアクアフィリングですが、実際には生理食塩水で溶け残ることが多く、それによりしこりになってしまう場合があります。 また、アクアフィリングは体内環境では血液等の不純物が混入することなどでしこりができてしまうと言われています。

アクアフィリング豊胸でしこり除去する方法

胸にかたいしこりができてしまった場合には、乳腺専用のエコーを使ってしこりの状態を確かめることから始めます。そこから生理食塩水を注入して、溶かしてから注射器などを使って除去していきます ただし、しこりになっている部分と一緒にしこりになっていないアクアフィリングの部分も溶けてしまい除去することもあります。さらに、注入物の除去は非常に難しいため一回で完全に除去できない場合もあります。

アクアフィリング豊胸は、他にもこのような懸念もある…

アクアフィリング豊胸は、他にも手術後に縫合創が出てたり、両方の胸から体液が出てくるなどの合併症が起こることがあるとも言われており、受ける人が少しずつ増えている一方で、こうしたトラブルに繋がるケースもいくつか上がってきているため、注意が必要です。

アクアフィリング豊胸を行う際は慎重に

即効性があり、メスで皮膚を切ることなく、3~5年にわたってバストアップ効果を持続することができますが、しこりになってしまう場合があり、安全性が確立できていないという医師もいる方法です。選ぶ場合には、医師にメリットやデメリット、リスクなどを詳しく説明してもらうことが大切です。失敗することもあるため、吸引することになることに納得できなければ、諦めることも重要です。安全性が高いヒアルロン酸注入などほかの方法についての説明を受けて、納得できる方法を選ぶようにしましょう。
【参考文献】 (1)Jung BK, Yun IS, Kim YS, Roh TS, "Complication of AQUAfilling® Gel Injection for Breast Augmentation: Case Report of One Case and Review of Literature.", Aesthetic Plastic Surgery., (2018).

関連記事