ワキガが遺伝する可能性とは|遺伝する確率や発症する時期を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ワキガ体質は遺伝する可能性が高い

腕を組んでいる親子 すでにワキガを発症している方にとって、将来生まれてくる子どもに「ワキガ」が遺伝してしまう可能性があるのかが、悩みになっている方も多いのではないでしょうか。 実際に、両親のどちらかがワキガ体質であれば、生まれてくる子どももワキガ体質である確率が50%以上ともいわれています。 そこで今回は、ワキガと遺伝の関係について、遺伝する確率・発症年齢・遺伝子ない理由を紹介していきます。

そもそもワキガとは?

脇の匂いを嗅いで鼻を摘んでいる女性 ワキガとは、脇の下から発する独特の臭いがする腋臭(えきしゅう)のことです。これはアポクリン汗腺から分泌される汗が原因ですが、汗そのものは無臭です。 それが肌にいる細菌によって分解される過程で強烈な臭いが発生します。 ワキガが発症する原因は様々ですが、もともとアポクリン汗腺の多い体質を受け継いでおり、ホルモンの乱れやすい思春期や更年期に、臭いが強くなる傾向にあると言われています。 また、ワキガの臭いが強くなる原因には、普段の食生活などの生活習慣も関係してきています。

ワキガが遺伝する確率とは

ワキガ体質が遺伝する確率は、メンデルの「優性の法則」(メンデルの法則)によって、 ・両親のうちどちらかがワキガ体質である場合の子どもがワキガ体質を受け継いでいる可能性は約50% ・両親ともにワキガ体質である場合の子どもがワキガ体質を受け継いでいる可能性は約80% と言われています。 【優性遺伝の法則とは】 遺伝子には”優性”と”劣性”があり、現れやすいものを”優性”としています。 ワキガになりやすい体質がこの優性にあたり、両親から子どもへ、子どもからその子どもへと遺伝していきます。

ワキガになる場合の遺伝子の組み合わせ例

ここでは、ワキガになりやすい体質の遺伝子を優性の「AA」に、ワキガになりにくい体質の遺伝子を劣性の「aa」にして説明します。

父「AA」× 母「AA」の組み合わせ

この場合、どちらも優性遺伝子であることから、劣性になる可能性はなく、子どもの遺伝子も「AA」になります。 そのため、ワキガ体質を受け継いでいる可能性が非常に高いといえます。

父(母)「AA」× 母(父)「aa」の組み合わせ

この場合、子どもの遺伝子は「Aa」になります。 そのため、ワキガ体質を受け継いでいる可能性があるといえます。

父「Aa」× 母「Aa」の組み合わせ

この場合、子どもの遺伝子の組み合わせは「AA」「Aa」「aa」のいずれかになります。 「aa」であればワキガになりにくい体質ですが、そのほかの組み合わせの場合には、ワキガ体質を受け継いでいる可能性が否定できません。

父(母)「Aa」× 母(父)「aa」の組み合わせ

この場合、子どもの遺伝子の組み合わせは「Aa」「aa」となります。 ワキガになりやすい体質を受け継いでいる場合もあれば、なりにくい体質である場合もあります。

祖父母から遺伝するケース

ワキガは基本的に「優性遺伝」で受け継がれていると言われていますが、「隔世遺伝」する可能性が否定されているわけでもありません。 隔世遺伝すると言われている理由は、祖父母のワキガになりやすい遺伝を受け継ぎながらも、両親はワキガを発症しておらず、その子ども(孫)がワキガを発症したケースがあるからです。

ワキガ体質は遺伝しても発症しないことがある

ワキガそのものが遺伝すると思われがちですが、実際には、ワキガになりやすい体質が遺伝する可能性があります。 ワキガになりやすい体質というのは、"脇の下にあるアポクリン汗腺の数が通常よりも多い体質"のことで、この数が多いと汗の分泌も活発になる傾向があり、独特のワキガ臭が強くなるようです。

ワキガ体質の遺伝がわかる時期

小学生ワキガの原因となるアポクリン汗腺は第二次性徴期(=思春期)から成長しはじめると言われています。 これは、アポクリン汗腺がホルモンバランスの影響を受けやすいことが関係してきているようです。 一方で、禁煙では食生活が欧米化したこともあり低年齢でワキガを発症するケースも多く存在します。 そのため、性別や個人差にもよりますが、10歳頃から意識してみてあげると良いでしょう。

子どもにワキガ体質を遺伝させない方法

何かを拒否している女性 自分がワキガである場合、将来生まれてくる子どもに同じ思いをさせたくはないというのが本音ですよね。 しかし、子どもにワキガ体質を遺伝させずに済むという方法は今のところ見つかっていません。 ただし、今現在は症状・状態に合わせて様々な治療の選択肢があるため、必要に応じて治療をしてあげることを考えてあげてください。

遺伝以外でワキガが発症する原因

女性の背中 思春期頃にはワキガが発症している兆候が見られなかったのに、大人になってからワキガを発症したケースも存在します。 これには、 ・食生活や睡眠時間など生活習慣の乱れ ・環境や人間関係などのストレス ・運動不足による汗腺機能の低下 ・妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れ ・更年期障害 などいくつかの原因が考えられます。 この場合は、原因となっているものを治療してあげることで、ワキガ臭が改善される可能性が期待できます。

ワキガの遺伝についてよくある質問

カウンセリングを受けている女性と医師Q.ワキガの遺伝は血液型・性別にも関係しますか? A.現在のところ、血液型や性別によって遺伝する確率が変わるというデータは存在していません。(2018年5月時点) Q.子どもが生まれる前にワキガ治療をすれば、子どもにワキガが遺伝する可能性はなくなりますか? A.ワキガ治療を受けたからといって、遺伝子を変えているわけではありません。 そのため、将来生まれてくるお子さんにもワキガになりやすい体質が遺伝してしまう可能性があります。 Q.子どもがワキガになってしまいました。どんな治療法方法がありますか? A.小さなお子様のワキガ治療の場合、治療後にワキガが悪化・再発する可能性があることや、身体へ大きな負担がかかることが考えられます。 そのため、デオドラント効果のあるセルフケア商品や発汗量を減らすボトックス注射などが治療方法としてあげられます。 ある程度大きくなれば、ミラドライや剪除法なども治療方法になってくるでしょう。 ▽▼ワキガの治療方法の詳細はこちら▼▽ ・ボトックス注射ミラドライ剪除法(せん除法)

遺伝だからと諦めずに子どものワキガを治療してあげよう

親子親がワキガ体質であるから、子どもにもその体質が遺伝してしまうのは仕方がないと諦めている方も少なくありません。 しかし、「ワキガ体質=ワキガになる」という訳ではないため、ワキガ臭に対してのケア方法や食生活などに親が気を使ってあげるべきでしょう。 それでも子どもがワキガを発症してしまった場合には、症状・状態に適切な方法で治療してあげることを考えてあげてくださいね。

関連記事