すそわきがを治す3つの手術法とは?治療についてのよくある質問も紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

《目次》 すそわきがを治す方法とは? すそわきがの原因や症状とは? すそわきがの臭いとその特徴 すそわきがの治療法(1)ボトックス注射 すそわきがの治療法(2)レーザー治療 すそわきがの治療法(3)メスを使った手術による治療 すそわきが治療で気をつけたいこと すそわきが治療でよくある質問 すそわきがのチェック方法 すそわきが治療はクリニック・医師選びが重要 すそわきがには様々な治療方法がある

すそわきがを治す方法とは?

女性にとって深刻なコンプレックスと言えるすそわきがですが、詳しい内容についてよく知らないという人も多いです。正しい対策を立てて臭いを軽減するためにも、原因や治療方法などを知っておきましょう。 今回はそんな気になるすそわきがの治療法について詳しく紹介していきます。

すそわきがの原因や症状とは?

すそわきがとは、脇から強い悪臭を放ってしまうわきがのように、陰部周辺から同じような独特の臭いを発してしまう症状のことを言います。すそわきがというのはあくまでも通称で、正しくは腋臭症という医学的な名称が付けられています。 私たちの身体には汗を出すために汗腺が存在するのですが、そのうちのアポクリン汗腺という汗腺から分泌される汗や皮脂が常在菌に反応し、強烈な悪臭を放ってしまいます。このような状態になってしまう原因はアポクリン汗腺が発達しすぎていることで、基本的には体質的、遺伝的な要素が大きいです。すそわきがの場合は自分で気づきにくいため、周囲から孤立してしまうなどの問題もあります。

すそわきがの臭いとその特徴

臭いは個人差もありますが、ネギのような青臭い臭いやお酢のような酸っぱい臭いなど様々に例えられます。臭いの強さや種類は体質にもよるので一概には言えませんが、良い臭いとは言い難いです。 また、わきが臭は肉類や脂肪分の多い食べ物を食べた時に強く発せられる特徴があるので、症状を自覚している場合は控えた方が良いでしょう。尿や湿気で臭いが強くなってしまうので、陰部は清潔に保っておくことが大切です。

すそわきがの治療法(1)ボトックス注射

すそわきがの直接的な原因は、陰部にあるアポクリン汗腺から汗が分泌されることです。このため、陰部にある汗腺の活動を抑えてしまえば臭いを軽減することができます。そこで役立つのがボトックスという薬剤を陰部に直接注射する施術で、ボトックスの作用によって汗を分泌させる神経伝達物質の働きを邪魔することができます。 一度注射すればすぐに臭いを軽減させることができますが、約半年ほどで効き目が切れるため継続して注射を受ける必要があります。また、重度のすそわきがで臭いが非常に強い場合はボトックス注射をしても効果が得られないことが多いです。根本的な治療ではありませんが、最も手軽な治療です。

ボトックス注射のデメリット・リスク

ボトックス注射による治療は、即効性が高い代わりに持続性があまり得られません。5ヶ月から6ヶ月程度で効果が無くなってしまうので、その都度注射を打つ必要があります。注射を打つ場所が場所だけに痛みを強く感じてしまうため、ストレスや恐怖を感じてしまう人も多いです。また、頻度は多くありませんが頭痛やアナフィラキシーショックなどの副作用が現れることもあります

ボトックス注射の相場・最安値・最高値

ボトックス注射の施術費用は様々ですが、他の施術と比較してもリーズナブルです。最も安いクリニックで1回約5万円、高いと約15万円ほどします。相場としては約8万円前後を設定しているところが多く、医師に保険を適用してもらえれば約2万円から5万円で治療できます。

すそわきがの治療法(2)レーザー治療

近年は医療の発達により、メスで患部を切除することなくレーザーですそわきがを治療する方法も登場しています。レーザーをアポクリン汗腺に当てることで、汗腺を直接破壊することができます。麻酔クリームを塗って施術してくれるクリニックもあり、麻酔注射も必要ないのでストレスもありません。 ダウンタイムもほとんどなく、こどもにも施術可能なほど身体への負担が非常に小さいです。組織を破壊するため半永久的な効果が見込まれ、効果が高いのに気軽に施術を受けることができます。施術は麻酔が効くまでの時間も含めて約1時間程度で終わるので入院の必要もなく、当日からシャワーやスポーツも可能です。

レーザー治療のデメリット・リスク

レーザー治療は身体への負担が小さく効果も高いのでメリットが多いのですが、その一方で1回の治療では効果が出ないことも多いです。効果を実感できるまでには約3回から6回ほど治療を行わなければならず、施術と施術の間は3週間から1ヶ月ほど間隔が必要なので時間がかかります。副作用はほぼ心配ありませんが、施術後に約1週間ほど患部が赤くなったり痛みを感じることもあります。

レーザー治療の相場・最安値・最高値

レーザー治療の費用は、1回あたり約8万円が相場となっています。最安値は約6万円、最高値は約12万円となっており、使用する機器やアフターケアなどに違いがあります。効果を実感できるまでには複数回の施術が必要ですが、割安な価格のセットコースになっているクリニックが多いです。

すそわきがの治療法(3)メスを使った手術による治療

昔から行われているすそわきがの手術として、メスを使ってアポクリン汗腺を直接切除する皮下組織削除法という治療もあります。現在ではイナバ式と呼ばれる負担の軽い術式が一般的で、患部の皮膚を数センチだけ切開して行います。切開した穴から片側にローラー状の刃が付いた特殊なハサミを刺し込み、ローラーで皮膚の裏側の汗腺をそぎ取っていくことになります。 物理的に直接汗腺を取ってしまうので、うまくいけば臭いを根こそぎ軽減させることもできます。傷口も数センチで済むので、大きく目立つこともありません。1度手術を受ければ半永久的な効果を得られるので、早く臭いを軽減したい人には最適です。

メスを使った手術による治療のデメリット・リスク

皮下組織削除法は皮膚の裏側にあるアポクリン汗腺をそぎ取っていくため、直接自分の目で見ながら手術を進めていくことができません。このため、医師の腕によっては汗腺を取り残して効果が得られないこともあり、経験豊富な医師でないと効果を得られない危険があります。身体へのダメージも大きいので、痛みや腫れが強く出てしまうダウンタイムも10日ほど必要になります。

メスを使った手術による治療の相場・最安値・最高値

皮下組織削除法を行った場合、保険が適用されれば約7万円から10万円ほどで済みます。自由診療になると安くても20万円、高いと50万円ほどかかることもあります。相場は約30万円ほどですが、この手術は医師の腕に結果が左右されるため、医師の質に応じて高くなります。

すそわきが治療で気をつけたいこと

必ず完治できるわけではない

すそわきがの治療は様々な種類がありますが、いずれにしても施術後に100%臭いが軽減するという保証はありません。アポクリン汗腺の場所や臭いの強さなどは個人差が大きいため、ある人には有効な施術でも他の人には全く効果が感じられないこともあります。また、一度効果を得られても汗腺が復活して再発する可能性もあるので、臭いが軽減したからと言って楽観視はできません。

術後臭を感じる可能性がある

施術後には、わきが臭が改善されたことで他の体臭に注意が向くようになり、体臭が返って強くなったと感じることがあります。つまり気のせいなので、過剰に心配する必要はありません。

すそわきがの治療をしている病院が限られる

すそわきがはデリケートな部分が患部ですし、施術が難しい部位でもあるため高度なスキルと経験が必要になるため、治療を行っていないクリニックも多いです。

すそわきがの内服薬・外用薬はない

強烈な臭いを発してしまうアポクリン汗腺は、その人が生まれついて持っている体質的なものです。このため、臭いを軽減させる内服薬も外用薬も存在していません。

すそわきが治療でよくある質問

すそわきがは石鹸での治療が可能か

陰部を石鹸で洗う人も多いですが、普通の石鹸では汗や臭いの成分を洗い流すだけなので効果は一時的です。すそわきが専用石鹸なら臭いの元になる細菌や雑菌を殺菌できるため、臭いが軽い人なら一定の効果は得られます。

すそわきがの治療は保険適用が可能か

症状を放置していると深刻な問題がある場合、保険を適用して治療を受けられるケースもあります。その場合、あまりに臭いが強くて精神的に追い詰められていたり、人間関係などに影響していると医師が判断する必要があります。

すそわきがは遺伝するのかどうか

アポクリン汗腺の数が多かったり活発に活動するのは、先天的な体質の問題です。つまり遺伝的な要素が強く関係していると考えられ、親が発症している場合に子どもも同じように発症する確率は50%以上となっています。

すそわきがは男性でもなるのかどうか

アポクリン汗腺は女性だけでなく男性にも存在しているので、男性であっても発症する可能性は十分にあります。男性は女性より基礎代謝が高く汗もかきやすいため、陰部の湿度が高くなって雑菌が繁殖し、臭うことが多いです。

わきがの人はすそわきがになりやすいのかどうか

基本的に、身体のどこかでわきがを発症している場合は他の部位でも発症している可能性が非常に高いです。アポクリン汗腺の数は人それぞれですが身体の中では一定なので、同時に複数の場所で臭いを発しているケースは多いです。

すそわきがのチェック方法

自分の陰部が臭いを発しているか否かは、セルフチェックで判断できます。下着が汗の影響で黄色く汚れている、強い臭いを自分でも頻繁に感じる、耳の中の垢が常にしっとりしている、親や兄弟にわきがを発症している人がいる場合、自分自身も既に発症している可能性が高いです。 また、乳首の周辺にもアポクリン汗腺が多いので顔を近づけて直接臭ってみると良いでしょう。もし臭いが強ければ、陰部も同様に臭っていると考えられます。

すそわきが治療はクリニック・医師選びが重要

陰部のわきがは対応しているクリニックが少ないのでなかなか良い医師に出会うことができません。しかし治療には高いスキルと経験が必要不可欠ですし、デリケートな問題を相談することになるので、信頼できるクリニックや医師を探すことが重要です。ネットで情報を集めたりカウンセリングに行ったりして、慎重に選びましょう。

すそわきがには様々な治療方法がある

このように、陰部のわきがは女性にとって非常に深刻な問題です。しかし治療法も確かに存在しているので、諦める必要は全くありません。まずは正しい知識を付け、良い医師や病院選びができるように準備しておきましょう。

関連記事