脂肪を減らす!そんな覚悟を決めたあなたに見てほしい情報を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

《目次》 ・余分な脂肪をスッキリさせたい!その方法とは? ・脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がある! ・どっちの脂肪が落としやすいの? ・内臓脂肪に関しては生活習慣の改善すること! ・皮下脂肪の落とし方4選! ・脂肪を減らすには「継続」が大事!

余分な脂肪をスッキリ減らしたい!その方法とは?

現代人は運動不足、そして過食の時代と言われています。そんな私たちの身体は、気が付かない間に脂肪を溜め込んでいたりします。今回は、そんな脂肪を効率よく、そしてしっかりと減らしていける方法をご紹介していきたいと思います。

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がある!

まず脂肪を大別すると、内臓にできやすいもの(内臓脂肪)と、皮膚の下にできやすいもの(皮下脂肪)と二つに分けることが出来ます。 内臓脂肪の特徴としては腰回りに着きやすく、リンゴのような体型になりやすいです。ちなみに男性に多く、ビール腹ともいわれたりします。 皮膚の下部にある皮下組織に蓄積されやすいのが皮下脂肪で、太もも、お尻などにつきやすく、洋ナシ体型になるのが特徴です。

どっちの脂肪が落としやすいの?

【内臓脂肪】

一般的に、内臓脂肪は男性につきやすく、血行のよい内臓や栄養の代謝に関係する臓器の周りにつくために、蓄積されるのが早いのですが、分解されるのも早いため、比較的落としやすいと言われています。 炭水化物の摂取を控えたり、男性の場合は運動と食事を整えれば筋肉がつきやすいという特徴もありますので、ダイエットは効果が出やすいと言えます。

【皮下脂肪】

皮下脂肪は女性に着きやすいと言われています。子宮など、女性特有の内臓を守るためにつきやすくなっていて、代謝にも関係してきます。 一度ついてしまうと減らすことが困難となることが多く、セルライトという脂肪と老廃物の結合物ができやすいということも影響しています。 セルライトは一度できてしまいますと、自己流ダイエットではなかなかなくすことができないため、エステや美容外科などでマシンの施術を受けて対応するという手段もあります。

内臓脂肪に関しては生活習慣の改善をすること!

内臓につきやすいこのタイプは、生活習慣を改善することで大分違ってきます。特に炭水化物や脂っこい食べ物を控える、ということと、運動を取り入れていくと比較的減らすのは楽だと言われています。落としやすさに関しては内臓脂肪の方がおちやすいです。

皮下脂肪の落とし方4選!

脂肪の減らし方(1)カロリーコントロール

脂肪を減らすメカニズムとして、基本的に消費カロリーが摂取カロリーを上回ればよいのです。基礎代謝なども影響していきますが、まず簡単にできる方法として、カロリーコントロールから始めていきましょう。もちろんカロリーだけではなく、バランスよく摂取することも重要です。

脂肪の減らし方(2)有酸素運動

脂肪を減らすためには、有酸素運動が有効です。燃焼させていくために必要とされる運動です。心拍数も関係していきますが、ウォーキング、ジョギング、水泳などが特に有効で、できれば燃焼させるためには20分~30分ほど続けていく事で効果が出てきますので、頭に入れておきましょう。

脂肪の減らし方(3)漢方、サプリメントなどを利用する

サプリメントには、糖質、脂質をカットすることができるものもありますので、食事のタイミングに合わせて利用していくと良いでしょう。また、漢方などは代謝をアップさせたり、脂肪を減らす事に適した効果のあるものもあるので、薬剤師に相談してみると良いでしょう。

脂肪の減らし方(4)脂肪吸引、脂肪溶解注射

速効性のある脂肪の減らし方としては、美容外科クリニックでできる脂肪吸引という方法もあります。細胞ごと吸引してしまうことができますので、リバウンドのリスクもかなり少ないと言われています。即効性もありますし、効果は絶大ですが、ダウンタイムもかなりありますのでその点をよく理解した上で受けていくことが大事です。

脂肪を減らすには「継続」が大事!

日頃から動いているのであれば、脂肪は中々つかないのですが、ストレスや食生活、生活習慣などにより、気付けば体型が変わっていることも。外見的な部分だけでなく、メタボリックシンドロームや成人病といった様々な病気にも影響があるので、美容のことだけではなく健康面も考えて、生活習慣の改善、運動を継続的に行い、余分な脂肪を減らすために生活するように心がけましょう。

関連記事