脂肪吸引したのにリバウンド!?意外と知らない脂肪吸引後に気をつけるべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

《目次》 ・脂肪吸引後にリバウンドしてしまうの ・そもそも脂肪吸引って? ・脂肪吸引を受けた部位は太らなくなるって本当!? ・脂肪吸引を受けていない部位が危険かも・・・ ・術後のケア不足と食べ過ぎがリバウンドの原因に・・・! ・脂肪吸引後にリバウンドしたくない!どうすれば良い?  └食習慣を見直す  └適度に運動を取り入れる ・脂肪吸引後は食事を見直し運動をしよう

脂肪吸引後にリバウンドしてしまうの?

脂肪吸引は辛い食事制限や運動をすることなく痩身ができると人気の高い施術です。しかし脂肪吸引を受けてもリバウンドするということを聞いたこともあるのではないでしょうか。 今回は脂肪吸引にリバウンドする可能性があるのか、何に注意する必要があるのかをご紹介します。

そもそも脂肪吸引って?

脂肪吸引といっても方法の種類は様々ですが、大きく分けると切開して行う方法と、切開しない方法があります。中でも切開を伴う脂肪吸引はカニューレと呼ばれる管を直接挿入して脂肪を吸引していくため、高い痩身効果を期待できます。特にダイエットではなかなか痩せにくい部位の部分痩せができるのがメリットでしょう。 しかし1回の施術費用が高額です。脂肪吸引後は痛みが伴い、長いダウンタイムが必要になるのがデメリットとしてあげられます。 他にも傷が残ってしまったり、皮膚に凹凸が生じてしまったりするリスクもあります。

脂肪吸引を受けた部位は太らなくなるって本当!?

脂肪細胞そのものが減少するため太りにくくなる

脂肪吸引を受けた後でも、実は体重にそれほど変化が見られないことがあります。脂肪は比較的軽いものなので、部分的に除去したとしても体重にはあまり影響がないでしょう。脂肪吸引は体重を減らす目的というよりも、見た目のバランスを良くするために行われることが多いです。 そのため、ダイエットをした時のようなリバウンドをするケースはあまりないといわれています。またダイエットは脂肪細胞を小さくする効果が期待できるのに対して、脂肪吸引は脂肪そのものを除去するので、リバウンドをすることが少ないともいわれています。

脂肪吸引を受けていない部位が危険かも・・・

脂肪吸引後に他の部位に脂肪がついてしまう可能性がある

実は脂肪吸引を受けていない部位に脂肪がつくようになってしまいます。例えば太ももの脂肪吸引を受けた場合、太もも以外のお腹周りやお尻周りなどに脂肪がついてしまいます。 脂肪吸引をした部分の脂肪細胞そのものが減少しリバウンドをしてしまう可能性が低くなる代わりに、過剰に摂取されたカロリーは脂肪細胞がある部位に蓄積されてしまうのが原因でしょう。

術後のケア不足と食べ過ぎがリバウンドの原因に・・・!

アフターケア不足・食べ過ぎでリバウンドする可能性がある

脂肪吸引を行った部位は脂肪細胞が減少するので、再び太る可能性は低くなりますが、カロリーを過剰に摂取してしまうと、身体は脂肪として蓄えようと働きます。施術部位には蓄積されなくても、他の部位に蓄積され、身体全体が太ってしまう可能性があります。 リバウンドする可能性が低いとしても、術後のアフターケアと食事を見直さなければ、せっかく受けた脂肪吸引が無駄になってしまうので注意が必要です。

脂肪吸引後にリバウンドしたくない!どうすれば良い?

効果を維持する・リバウンドを防ぐためにできること:食習慣を見直す

脂肪吸引を受けた部位はリバウンドしにくいといっても、施術した部位に蓄積されるはずだった脂肪は他の部位に蓄積されてしまう可能性があります。脂肪を蓄積させないためには、これまでの食事を見直す必要があります。 通常のダイエットと同様に、摂取カロリーを抑えるために、揚げ物などの高カロリーな料理を控え、低カロリーな緑黄色野菜などを中心に、バランスの取れた食事をすることが重要です。 また血糖値の上昇を緩やかにすることも大切なので、食べる順番を野菜からにするなどの工夫をして、健康的な食生活にしましょう。

効果を維持する・リバウンドを防ぐためにできること:適度に運動を取り入れる

食習慣の見直しと並行して行う必要があるのが、やはりダイエットには欠かすことのできない運動ではないでしょうか。無影な運動は継続して続けることが難しいので、無理なく続けられる運動を取り入れることがポイントです。 ウォーキングやジョギング、ヨガなどの有酸素運動を継続的に行いましょう。

脂肪吸引後は食事を見直し運動をしよう

脂肪吸引は部分痩せに高い効果が期待できますが、術後のアフターケアやこれまでの生活を見直さなければ、施術を受けた部位はリバウンドしなくても、他の部位に脂肪が蓄積され、結果的に太ることが考えられます。 脂肪吸引後は、食習慣を見直し、継続的な運動を行うことが重要です。

関連記事