二重あごを解消する3つの方法|簡単マッサージから美容整形まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

二重あごの解消法はいろいろな方法がある

フェイスラインに手を添えている女性 二重あごの原因は肥満や加齢によるものだけではありません。しかし、普段の心がけ次第では自分で解決することができる二重あごもあります。 今回は二重あごの原因とその解消法についてご紹介します!

二重あごの原因

失敗や後悔をして両手で顔を押さえて落ち込んでいる女性

①皮膚のたるみ

二重あごで最も多い原因と言われるのがたるみです。フェイスラインがぼやけて見えたら、たるんでいる証拠です。 皮膚の真皮には、コラーゲンとそこに絡み合い弾力を保つためのエラスチンという構造があります。このコラーゲンやエラスチンを作る機能が低下すると、コラーゲンが紫外線などによって破壊されても新たに作り直しにくくなり、真皮に隙間ができてしまいます。それによって皮膚がたるみ、二重あごの原因となります。

②筋力の低下

顔の筋肉の低下も二重あごの原因になります。顔にも表情筋などの筋肉がありますが、身体の筋肉と比べると、もともと薄く弱いという特徴があります。 そのため、表情が乏しい方や、使う頻度が少ない場合などは衰えやすくハリもなくなりやすいです。さらに、食事の際に噛む回数が少なかったりする場合でも二重あごが進行してしまう場合があります。

③肥満

二重あごの原因として、肥満も多くあげられます。痩せている人にも二重あごは見られますが、あごに皮下脂肪が蓄積してしまうことが大きな原因になります。それがむくみやセルライトの原因につながり、二重あごになってしまいます。

④姿勢の悪さ

普段の姿勢が二重あごを引き起こしてしまうこともあります。悪い姿勢が顔の筋肉の動きを妨げ、二重あごの原因になります。 最近ではスマートフォンやパソコンの普及などによって、若い人でも二重あごになっているひとが多いです。画面を見るときに顔が身体よりも前位に出ていることで、首の周りの筋肉を使わず、弱くなってしまうということが大きな原因につながっているようです。

⑤噛み合わせ

噛み合わせが悪いことも二重あごの原因となるでしょう。あごの位置、あごの筋肉、歯の中の一つでも問題があると噛み合わせが悪くなります。 噛み合わせが悪くなると、あごの筋肉のバランスや筋肉が弱まり、あごの位置が下がったり、リンパの流れが悪くなってしまったりということがあります。これが原因で二重あごになってしまう可能性が考えられます。

⑥むくみ

フェイスラインのむくみによって、二重あごの原因になる場合があります。 むくみの主な原因は、老廃物がうまく排出することができず、リンパ腺という二酸化炭素や老廃物などをいらないものを外に出すための通り道がうまく流れないことによって、体内に余分な水分や老廃物がたまり、それがむくみとなります。

⑦加齢

どんなに生活習慣や体型を管理したとしても避けることが出来ないのは加齢によるむくみです年齢が上がるとともに、皮膚とその下の皮下組織が伸びてしまいます。 さらに、加齢とともにコラーゲンが減少してしまうことで、普段から張っている状態であった皮膚が弾力を失い、たるんでしまいます。顎の周りの脂肪を支えきれなくなってしまい、さらに症状が悪化してしまいます。

二重あごをマッサージ・エクササイズで解消する方法

リンパマッサージ

顔のマッサージをしている女性 主に老廃物や水分が溜まりやすいリンパを流れを促進することで、痩身効果を得ることが出来ると言われています。 ①二重あごの解消法としてマッサージがあります。首の根元からあごの下までを手の甲で押し上げるように10回さすります。 ②次に手の甲であごの中央から耳の根元までを押し上げるように左右一緒に10回。あごの中央から左右の耳の根元までを指でつまんだり離したりを細かく繰り返しながら10回。 ③最後に手のひら全体を使って、頬に両手をあて、上の方に引っ張り上げるイメージで10回さすります。

あごの筋肉(オトガイ)のエクササイズ

大きく開けている口元 あごや首の筋肉も連動しているため、継続的に動かすことで口回りのシェイプアップを図ることが出来ます。

・あいうえお体操

①上を向き、口を大きく開いて「あいうえお」と動かします。 ②これを2~3セット行います。

・下回し運動

①口を閉じ、舌を歯と唇の間に入れる ②歯を撫でるように舌を回す。 ③右回りと左回り、それぞれ10回ずつ行う。

二重あごを解消するために日常生活で気をつける7つのポイント

姿勢を見直す

どれを選べばいいか悩んでいる女性日常の姿勢を改善することも二重あごの改善に非常に大切です。猫背や頬杖をついてしまう事で、骨格や脂肪が歪んでしまい、顎の肉のたるみを引き起こしてしまう可能性があります。 まず、立っているときは、かかとから肩、耳のラインが一直線になるのが正しい姿勢です。コツとしては、おへその下の、身体の奥にあるインナーマッスルという筋肉に力を入れる意識をしていくのが大切です。 またスマートフォンやパソコンの画面を見るときは、首を前に出さないように画面の位置を、いつもより高くするといった、正しい姿勢を心がけて行くことも大切です。 また、日常から気を付けることで、将来的な二重あごの改善も図ることが出来ると言われています。

食事に気をつける

まず、二重あごの原因が肥満の場合、脂っこいものや栄養素が偏った食事を行うのではなく、しっかりとバランスよく食事を行うことが大切です。

適度な運動をする

肥満が原因で二重あごが出来てしまっている場合は、定期的な運動を行うことで症状を改善させることが可能になります。

寝る時の姿勢

ベッドで寝ている女性 睡眠習慣でも気を付けなければいけないのが就寝時の姿勢です。特に横向きやうつ伏せで寝てしまうと、骨格から歪んでしまい、たるみを引き起こしてしまいます。 適した睡眠の姿勢は仰向けと言われており、意識的に行うことが可能であれば、そうした点を注意して行う必要があります。

紫外線対策

肌のハリを司るコラーゲンは、紫外線を浴びてしまう事で、生成量が減ってしまうこともあるようです。外出の際にはしっかりとUVケアを行ったうえで、日焼けに注意する必要があります。

食事はしっかりと噛む

果物を持っている女性柔らかい食べ物が多い現代では、あごの筋肉が使われずにたるみになるケースも多く見られます。 その為、食事の際は、しっかりと咀嚼して食事を行うことが大切と言われており、目安としては30回ほどは噛み締めることが大切と言われています。

表情筋を意識して使うようにする

顔の筋肉は、あごや首と密接に関係しています。こうした筋肉は表情筋とも呼ばれており、意識して動かすことで、しっかりと顔回りの筋肉まで動かすことが出来ると言われています。

二重あごを美容整形で改善する方法

クリニックの女性医師

脂肪溶解注射

二重あごはダイエットやマッサージではなかなか解消することが難しいです。無理なダイエットを続けると、肌荒れや、シワ・たるみを引き起こしてしまうことも。きれいなフェイスラインを手に入れる前に、身体に異常をきたしてしまいます。 一方脂肪溶解注射は、二重あごを注射だけで手軽に解消させてしまうことが期待できます。脂肪溶解注射後に分解された脂肪は、尿などと一緒に排出されることによって、二重あごの解消につながるでしょう。

脂肪吸引

二重あご解消法として、脂肪吸引も挙げられます。脂肪吸引を受けることによって、顔の輪郭がシャープになり、フェイスラインがはっきりするようになります。 さらに、二重あごになる前に脂肪吸引をすることで、将来的に二重あごになることを予防することもできます。 顎の下に脂肪が多い人の場合は、その脂肪がおもりとなって、二重あごの原因となります。ただし、顎の下の皮膚にたるみがある場合や、顎の下の皮膚が柔らかく良く伸びる、つまむとたくさんつまめるといった方は、脂肪吸引を受けてもあまり効果を期待することができない場合もあります。 自己判断せずに、カウンセリングを通じて自分に合った方法を提案してもらうようにしましょう。安易に治療を勧める医師もいるため、複数の病院を回って意見を聞いたうえで受けるかどうか決めることがおすすめです。 ▷詳しく知りたい方は、二重あごに効果的な整形方法をご覧ください。

まとめ

二重あごの原因と解消法はいかがでしたか?二重あごになってしまう原因は様々ですが、二重あごは普段の生活から予防できる場合もあります。普段の生活を見直してみましょう。 すでに二重あごになっている場合、あごに脂肪がついてきてしまったという場合には脂肪溶解注射や脂肪吸引を受けるという方法もあります。施術を受ける際は、どの施術にもリスクがありますので、慎重に医師選びをすることが大切です。

関連記事