脂肪溶解注射は二の腕が効果的!気になる情報を大公開します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

二の腕は得意!な脂肪溶解注射!

二の腕に脂肪がつき過ぎて、年齢を重ねるうちにだぶついた感じになっているのを気にしている人は多いようです。最近、この悩みを解消してくれる施術として脂肪溶解注射というのが話題になっています。施術を受けても、翌日からすぐに出勤できることから、手軽にできる部分ダイエットとして人気を集めているのです。

二の腕への脂肪溶解注射の効果は??

二の腕への脂肪溶解注射の施術では、脂肪に作用して分解を促すBNLS注射などを直接二の腕に打ちます。BNLS注射の効果は、気づかれないくらいゆっくりと現れます。劇的な変化を期待したいなら、他の施術を選ぶほうがいいかもしれません。一回の施術では効果を実感できないことも多く、じっくり取り組む必要もあります。

どのくらいから効果を感じられる?

二の腕への脂肪溶解注射の効果は、それほど早くは出ません。効果を感じにくい人もいて、効き目には個人差もあるようです。一回で効果が出るのは稀なケースです。1本の注射の値段は安くないため、効果が感じられないと止めてしまう人もいるようです。普通、1~2週間ほど間を置いて4~5回の施術をすると効果が感じられるとされていて、早くて1ヶ月後くらい、一般に2~3ヶ月後くらいから効果が出るとされています。

二の腕への脂肪溶解注射のメリットをご紹介!

(1)ダウンタイムやリスクが少ない

二の腕への脂肪溶解注射の施術ではメスが用いられないので、脂肪吸引の施術のようにダウンタイムのリスクはそう多くありません。脂肪吸引の施術では、メスを入れた部分が腫れたり炎症が起きたりするので、その回復時間が必要になってきます。それが、脂肪溶解注射の場合だと、傷といえば針の跡くらいなので、ダウンタイムは少ないのです。

(2)脂肪吸引よりもお財布に優しい

二の腕への脂肪溶解注射の費用の捉え方は人それぞれですが、脂肪吸引の施術よりは安めの設定になっています。BNLS注射の場合だと、注射1本あたり約3~5万円が相場とされています。BNLSの量は、一本の注射で1ccくらい。利用するクリニックによっては、多少高い注射費用にしているところもあるようですが、大きな開きはないようです。

(3)リバウンドがしにくい

脂肪溶解注射によるダイエットは、二の腕など気になる部分へのピンポイントでの施術が可能なため、体への負担が少なくて済みます。また、痩せたくない部分まで痩せてしまうようなことがないので、安心して臨むことができます。脂肪細胞の数は大人では増えることはないとされているので、一度溶解された脂肪は戻ることがありません。

一方で脂肪溶解注射にはデメリットも…

(1)一度で効果は得られない

二の腕について脂肪溶解注射で部分痩せしようとすれば、手軽にはじめられる反面、効果が出にくいということがあります。きちんと実感できるようになるには、複数回施術を受ける必要が出てきます。そのため、最初から長期的な取り組みと考えるべきかもしれません。途中で効果が感じられないなら、医師と注射の量などを相談することも必要になります。通常、効果が実感できるまでは数回から十数回の施術が必要とされています。

(2)腫れやむくみが出ることも…

二の腕の部分痩せの手っ取り早い方法として脂肪吸引があります。しかし、体にメスを入れたくない人も多く、そんな人が選ぶのは脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射では、体につく傷は少ないのですが、薬剤を体内に入れるので、内出血や腫れ・むくみが出たという報告はされています。これらは、施術を受ける人の体質や薬剤の量などと関連してきます。

(3)予算より費用がかさんでしまう

二の腕への脂肪溶解注射では、施術の効果が出にくいと施術期間が長引き、トータルでかかった費用が当初に考えていた予算を大きく上回ることがあります。施術の効果が出やすいか出にくいかを見分けるのは難しく、はじめてみなければ分かりません。そして、途中で効果の出方を見て、施術のスケジュールを組み直したりするのです。

二の腕への脂肪溶解注射が向いている人の条件とは…?

(1)痩せにくい部位に脂肪がある人

その人の二の腕が脂肪溶解注射の施術に向いているかどうかは、その形状に左右されるところが大きいようです。脂肪溶解注射は、通常のダイエット法では痩せるのが難しい部分に脂肪がついてしまっている人に適した施術と言えます。脇の下や肩に近い部分というのは筋肉がついていて動かせる部分ではないからです。

(2)体にメスを入れたくない人

二の腕への脂肪溶解注射を希望するという人の中には、体にメスを入れたくないという人もかなりいます。そのため、脂肪吸引のほうが手っ取り早い方法なのに脂肪溶解注射を選んでしまうのです。また、脂肪吸引の場合は、メスを入れた部分が炎症を起こしたり、腫れてしまったりして、回復が長引くこともあって、それを避けたいために脂肪溶解注射を選ぶ人もいるようです。

二の腕の脂肪溶解注射にかかる費用の相場・最安値・最高値について

二の腕への脂肪溶解注射にかかる費用は、相場ではトータル約10万円ほどです。注射は1本約3~5万円が相場で、高品質のものならもっと高額になります。決して安くないため、効果が出ないと施術を諦めてしまう人もいます。最安値の注射は1本1万円というのもありますが、体に入るものなので慎重に利用すべきでしょう。

二の腕への脂肪溶解注射を受ける際の注意点

ドクターやクリニック選びは慎重に行うべし!

二の腕への脂肪溶解注射で部分痩せをするなら、保険が適用されないため、クリニックや担当医師は慎重に選ぶべきです。高品質の薬剤を使用しているのが目安になるので、ある程度高いクリニックや医師を選んだほうがよく、脂肪溶解注射の実績数もこだわりたいところ。

あまりにも安価な場合は疑うべし!

二の腕への脂肪溶解注射は手軽に受けられ、しかも格安で施術を行うクリニックがあったりしていいのですが、安い価格設定には理由があることを忘れてはいけません。安すぎる料金設定は、薬剤に高品質のものが使用されていないためと疑ったほうがいいのです。薬剤については成分の規制がなく、クリニック任せだからです。

術後の食生活もきちんと考えるべし!

二の腕への脂肪溶解注射は、脂肪に働きかけて体外に排出させるため、部分痩せを可能にします。成人の脂肪細胞は決まった数以上増えることはないので、リバウンドの心配はいりません。ただ、食生活が乱れると脂肪細胞は大きくなり、体に変調を起こさせます。施術後は食生活を見直す必要があります。

もちろん運動も重要!

二の腕への脂肪溶解注射の施術を行うと部分痩せが可能になりますが、施術後に食習慣の乱れや運動不足などがあると、それが原因で体の変調が起きやすくなってしまいます。体内の脂肪はエネルギーになるよう蓄えられているので、取り除かれると体調に影響が出てくるのです。適度な有酸素運動を続けていくと安定が図れます。

いかがでしたか?

二の腕の部分痩せをしたければ、脂肪溶解注射の施術が効果的です。ただ、効果の出方は人それぞれなので、術後の変化に気を配るのと同時に、効果が出ないときは医師と相談して薬の量を変えたり、施術期間を延ばす必要もあることを頭に留めつつ、理想の二の腕を手に入れてくださいね!

関連記事