脂肪燃焼を効率よく行うには?基礎や効率よく行う方法もご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脂肪燃焼について

脂肪燃焼は体の中の様々な要因が絡み合って行われています。知っている知識と言えば、基本的には「脂肪は燃やして減らす」ということは聞いたことがありますが、実際に蓄えられた脂肪を効率的に脂肪燃焼するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

そもそも脂肪燃焼って?

脂肪には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。白色脂肪細胞というのは体内で使い切れなかったエネルギーが蓄積されてできたもので、脂肪太りの原因となっています。主に皮下や内臓の周囲に多く蓄積され、その後は減少しにくいのが特徴です。 褐色脂肪細胞というのは脂肪を減らす役割を持っているもので、主に首回りや肩甲骨の周囲に存在しています。幼児期には多く存在しますが、成人になると基礎代謝の役割が骨格筋に移行するために減少していきます。

白色脂肪細胞

白色脂肪細胞は妊娠末期の胎児期と乳幼児期と思春期に多く作られます。骨格筋が少ない乳幼児期は脂肪燃焼によって体温を維持する必要があるからです。以前は思春期までに生涯の脂肪細胞の量が決まるとされてきましたが、最近の研究では思春期以降であっても一定の条件下であれば、細胞が脂肪を取り込むことが分かってきました。脂肪が多すぎるまま成人になると、減らすことは非常に困難となってしまいます。減らすには食事に気を付けなければいけません。

褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞とは全く反対の役割を持っている脂肪細胞です。この脂肪細胞が褐色なのは鉄を含むミトコンドリアが多く存在するためで、白色脂肪細胞から分離した脂肪酸をエネルギーに変えます。褐色脂肪細胞は脂肪細胞でありながら、脂肪燃焼することで体内のエネルギーを熱に変えて体温を保つ役割を持っています。この褐色脂肪細胞が体内に数多く存在していると、脂肪燃焼が行われやすくなるので痩せやすい体となります。

脂肪を燃焼、ってどういう状態なの?

脂肪が減少しないケースで、その原因の多くは食事に問題があることが多いです。糖分や炭水化物を多く摂取していると脂肪燃焼が効率良く行われません。食事によって血糖値が急激に上昇した場合は、※インシュリンが分泌されて炭水化物や糖を脂肪細胞に蓄えようとします。 ※血液が流動性を失うため、動脈硬化が促進されてしまいます。そうならないためにインシュリンは血液中の糖を取り除こうとするのです。

脂肪を燃焼させる上で筋肉が持つ役割

筋肉細胞の中には脂肪燃焼を促す物質が存在しています。従って筋肉の割合が多い人ほど脂肪燃焼が進むので太りにくくなります。 脂肪燃焼を促す物質は消化時には胃で分泌されますが、一部は血液中にも入るので、脂肪を分解することが出来ます。 筋肉はエネルギーを多く消費するので、筋肉量が落ちるとエネルギー消費も落ちてしまいます。運動によって筋肉量を増やせば代謝が良くなるので、運動を行っていない時にも脂肪燃焼が進んでいく体になっていけるよう、体作りを意識して行っていくことが大切です。

脂肪燃焼を行う方法

脂肪燃焼を効率的に行うためには血糖値を緩やかにすることが先決です。つまり、インシュリンの過剰分泌を抑え、脂肪が蓄積されにくい体にしていくことが大事です。糖が体内に吸収されるのが遅い食材を食べ、運動前の炭水化物や糖分の過剰摂取を控えることが有効です。 しかし体が飢餓状態での運動は逆効果となります。そのような状態で運動をすると体が栄養の蓄積を最優先にするため、痩せにくい体へと変わっていきます。できれば少し高タンパク質でバランスのとれた食事を、運動の3時間から4時間前に済ませておくと良いでしょう。 バランスのとれた食事とは炭水化物とタンパク質と脂質の割合が、4対3対3になるようにすることです。もしも小腹が空いたら少しのおやつを食べることで血糖値を安定させられます。 また、1日のカロリー配分を計算して食べるようにしましょう。脂肪燃焼を助けてくれる褐色脂肪細胞は寒冷刺激によって活性化されるので、運動の前後に冷水のシャワーを背中に当てると効率が上がります。

いかがでしたか?

効率良く脂肪を燃焼させる為にも、体の中でどのような仕組みがあるのかを知っておくことが重要です。今回学んだ知識を生かして、効果的な脂肪燃焼を行いつつ、日頃の健康の管理も含めて生活習慣を改めて見直してみませんか?

関連記事