眼瞼下垂手術について施術別に詳しく解説|あなたに合う施術はどれ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

■眼瞼下垂について

眼瞼下垂とは、まぶたを引き上げる為に必要な挙筋腱膜の機能が低下してしまう事によって、上瞼がだんだんと垂れ下がってきてしまう症状のことです。この挙筋腱膜には、瞼板と眼瞼挙筋をつなぐ役割を果たしているので、この部分が機能しなくなると、まぶたが下がってきたり、上げにくくなってしまうのです。

■眼瞼下垂の治療法は?

眼瞼下垂の治療法には様々な施術法が存在しています。それぞれにメリット・デメリットがありますので、どの施術法がご自分に合っているのかをしっかり比較して検討する必要があります。 それでは、今回の記事では以下に上げる5つの施術法に関して順番に解説をしていきたいと思います。
・挙筋前転法 ・挙筋短縮法(タッキング) ・皮膚切除術(上眼瞼切開) ・埋没式眼瞼下垂(切らない眼瞼下垂) ・眉毛下切開

《目次》 ■挙筋前転法 ∟□挙筋前転法の口コミ・体験談をチェック! ■挙筋短縮法(タッキング) ∟□挙筋短縮法(タッキング)の口コミ・体験談をチェック! ■皮膚切除術(上眼瞼切開) ∟□皮膚切除術(上眼瞼切開)の口コミ・体験談をチェック! ■埋没式眼瞼下垂(切らない眼瞼下垂) ∟□埋没式眼瞼下垂(切らない眼瞼下垂)の口コミ・体験談をチェック! ■眉毛下切開 ∟□眉毛下切開の口コミ・体験談をチェック! ■どの施術を選ぶべきか ■クリニックをピックアップしてご紹介 ■さいごに ■関連記事

《眼瞼下垂施術:症例写真》 画像提供:大塚美容形成外科

■挙筋前転法

□施術概要

挙筋前転法は、眼瞼下垂の施術の中でも最も多く行われている施術の一つであると言えるでしょう。次にご紹介する施術である挙筋短縮法と比較すると、挙筋前転法は「ミューラー筋」と呼ばれる筋を傷つけずに施術を行う事が出来るため、さまざまな神経症状の改善や、術後の仕上がりがとても自然になる可能性が高い施術法となっています。 ※ミューラー筋とは・・・交感神経によって支配されている重要な神経組織の事を指します。眼瞼下垂によって、このミューラー筋が過度に緊張し交感神経が活発に働くことで、頭痛や肩こりなどの症状が引き起こされます。

□施術法

まずまぶたの表面から切開し、皮膚のたるみや脂肪が多い場合は皮膚、脂肪を切除・除去します。挙筋や腱膜を短縮するように瞼板へ縫い付け、目の開き具合を確認した後余分な腱膜を切除しまぶたを縫合します。同時に二重まぶたの形成が可能。施術時間は約2〜3時間程

□効果・持続期間

たるみや脂肪を取り除き根本的な治療を行う事ができますので、長期的な効果の持続が見込めます。 ですが、術後も目の開きが悪くなるなどの可能性は十分にあり、術後の加齢による変化をお抑える効果はありません。

□費用

施術に掛かる金額の相場は両目で約30万〜60万円ほどが目安となります。 この挙筋前転法による眼瞼下垂の治療に関しては、健康保険の適用が可能となる場合があります。保険が適用されますと、施術費はどのクリニックでも一律です。入院・通院の有無、使用する薬剤の違いなどによって金額に差がでます。 保険が適用される場合の金額の相場は両目で約4万〜6万円ほどです。 保険適用に関して、詳しくはこちらの記事を参照下さい。 眼瞼下垂手術が保険適用されるときってどんな時?分かりやすく解説

□ダウンタイム

まぶたの切開を行うため、強い腫れが伴う可能性があります。ダウンタイムは長めに見ておいたほうが良いでしょう。 術後約1週間ほどで抜糸を行います。個人差はありますが、抜糸後約1週間〜2週間は強い腫れが続くでしょう。 この点、挙筋短縮法ですとまぶたの表面からではなく、結膜側から施術を行いますのでダウンタイムは挙筋前転法に比べると少し短めです。

□メリット

・長期的な効果持続が見込める ・症状の重さによっては、保険適用が可能 ・ミューラー筋への負担が少ない ・確実な効果が期待出来る

□デメリット

・長めのダウンタイムが必要 ・医師の高い技量が求められる施術の為、失敗のリスクも高い

《挙筋前転法の口コミ・体験談をチェック》

もう少し調べればよかったと後悔
  • ゆーきょんさんからいただいた口コミ・体験談
  • テレビ等でも眼瞼下垂について説明されている先生で、沢山手術も手がけており何の不安もなく手術を受けました。ところが、手術後ひと月近くなって腫れが引いてくると、特に気になっていた右側の方の瞼のたるみが手術前と同じような状態になってしまい、再手術を受けました。 現在、再手術からひと月経過しましたが、多少たるみはあり完全にきれいな状態ではない(満足いくような状態ではない)です。これ以上切るとびっくり目のような不自然な目になりこれ以上の修正はできないと言われました。又、瞼に縦ジワが入り、そのことについて先生に尋ねたところ、若いうちの手術ならそういうことは起こらないが、ある程度の年齢になってからの手術は仕方ないと言われました。年齢を増したことによって起きた眼瞼下垂で、若いうちは手術の必要がなかったから今したのに、そのようなことを言われがっかりしました。 手術前に、もう少し詳細な説明があったら良かったと思いますし、もっと他院のことも調べて手術をすれば良かったと後悔しております。
  • 一応満足です
  • まーくんさんからいただいた口コミ・体験談
  • 保険が使えることを知らず有名なクリニックで普通にお金を払って手術しました。この方法かどうかはわかりません。一応すっきりはしました。
  • 不満です
  • 匿名さんからいただいた口コミ・体験談
  • とても不満です。腫れが少なく、手術もスムーズに進んだので満足していました。しかし腫れが引いてみると、左の瞼が引き込んだように窪んでしまいました。他医院での修正を考えています。
  • ■挙筋短縮法(タッキング)

    □施術概要

    挙筋短縮法とは、挙筋前転法と異なりまぶたの裏側(結膜側)から切開し、施術を行います。この場合、挙筋前転法の施術に比べるとミューラー筋を傷つけてしまうリスクが高まります。こうしたリスクがあることから、近年この施術を行っているクリニックは減って来ています。挙筋短縮法の施術を行っている場合でも、挙筋前転法で改善が認められない程の重度の眼瞼下垂の場合にのみ適用されるというような場合が多いでしょう。

    □施術法

    挙筋短縮法は、挙筋前転法と異なりまぶたの裏側から切開を行います。名前の通り、挙筋を短縮しますので、挙筋の一部を切除して残った挙筋を結びつけることによって、挙筋の機能を回復させます。

    □効果・持続期間

    加齢による術後の症状の進行は避けることが出来ませんが、根本的な眼瞼下垂の治療法であると言えますので、長期的な効果の持続が期待できます。

    □費用

    挙筋短縮法の施術費用の相場は約50万円〜70万円となっています。

    □ダウンタイム

    術後約1週間ほどで抜糸を行います。個人差はありますが、約1週間〜2週間程は強い腫れが続くでしょう。 一般的に言うと、この挙筋短縮法はまぶたの裏側からの切開になるため、まぶたの表面から切開を行う挙筋前転法よりもダウンタイムは短い傾向にあります。

    □メリット

    ・重度の眼瞼下垂でも治療が可能 ・確実な効果が期待できる ・症状の重さによっては保険の適用が可能

    □デメリット

    ・ミューラー筋を傷つけてしまうリスクが高い ・長めのダウンタイムが必要

    《挙筋短縮法の口コミ・体験談をチェック》

    すごく自然ですが
  • ゆりさんからいただいた口コミ・体験談
  • すごく自然だし確かに目もやる前よりは大きくなったけどもっとデカ目にしてもらいたかったのでちょっと不満です。
  • 左右差が出てしまい修正を行いました
  • 匿名さんからいただいた口コミ・体験談
  • 挙筋前転法を受けたが、左右差が出てしまい片目のみ複数回の修正を行い、今回やっと挙がった。原因を色々考えてくれて、本当に頑張ってくれた。最後まで匙を投げる事なく真摯に向き合ってくれる、素晴らしい医師。今後またヘリングの法則で左右差が現れない事を祈る…。 確かな技術と沢山の症例数で信頼できるので、私はここが好き。アフターケアがかなりしっかりしていて、左右差の修正は無料。同箇所を数回目なので瘢痕を気にされて、今回は瘢痕を抑える薬(術前から服用し術後しばらく服用)や腫れを抑える薬なども特別に処方してくれた(無料) (注)上記の特別対応は、長年で築いた仲のお陰かもしれないので、全員が受けられるケアかどうかは分かりません。。
  • 若い頃のように目がパッチリ
  • ちよこ(60代)さんからいただいた口コミ・体験談
  • クリニック名:イセアクリニック 銀座院
    医師名:吉種克之先生
    状況:施術を受けた
    費用:22万円(両目の手術費用として22万円を支払いました。他のクリニックでも同等の価格で施術をしているので高いとは感じません。)

    50歳を過ぎた頃からまぶたの皮膚が垂れてきて視界を妨げていました。たった半日で終わる手術で今では若い頃と同じように目がパッチリして視界も良好になり大満足しています。抜糸は1週間で行なえて日常生活に支障はまったくきたしませんでした。
  • ■皮膚切除術(上眼瞼切開)

    □施術概要

    上まぶたのたるみを除去し、二重を形成し目の開きを改善させます。二重のライン上を切開するため、傷跡が残りにくい施術であるとも言われています。

    □施術法

    二重のラインにそって切開を行い、そのラインの上下のたるんだ皮膚を除去し、縫合をします。施術時間は、30分から60分ほどで行われることが多いようです。

    □効果・持続期間

    たるみや脂肪を取り除き根本的な治療を行う事ができますので、長期的な効果の持続が見込めます。 ですが、術後も目の開きが悪くなるなどの可能性は十分にあり、術後の加齢による変化を避けることはできません。

    □費用

    約30万〜40万円程

    □ダウンタイム

    約1週間程で抜糸となります。その後強い腫れが5日程続き、1〜2週間すると次第に腫れは引いてくるでしょう。

    □メリット

    ・二重のライン上の切開なので、傷跡が目立ちにくい ・下向きになってしまっているまつげが上向きに治る可能性がある

    □デメリット

    ・施術のレベルが高いため、医師のセンスに仕上がりがかなり左右される

    《皮膚切除術(上眼瞼切開の口コミ・体験談をチェック》

    心から嬉しいです
  • 匿名さん(50代)からいただいた口コミ・体験談
  • 医師名:吉種先生 状況:施術を受けた 吉種先生はとても穏やかな人柄で優しいでした。 いろんな不安があったけど、先生の優しい言葉に不安を取り除きまして、手術を決断する理由でした。 手術から今はもう一カ月以上になりまして、回復は良好です、仕上がりはとても自然で本当に良かったと心から嬉しいです。
  • 目元だけ20歳に若返った感じです
  • アンティークローズ さんからいただいた口コミ・体験談
  • 若い時からアレルギーで眼をかく癖があり、まぶたの皮膚が伸びたるんでしまっていました。眉毛を釣り上げることで覆い被さるまぶたを上げていたため、いつも眼の周りにストレスを感じ疲れていました。酷い時は頭痛も。しかし、施術をしてもらったことでとても楽に目を開けられるようになり、晴れやかな気分です。大げさでなく目元だけは20歳若返った感じです。もともとの二重ラインに沿って切ったので不自然ではなく、すっきりきれいに仕上げてくれました。術前のデザインを慎重にしてくれていました。いいことばかり言うとか押しが強いとかは全くなく、信頼出来る先生です。
  • 非常に満足です
  • キリコ さんからいただいた口コミ・体験談
  • はじめはレーザー治療を考えていましたが、知人がほとんど効果がなかったことと、年齢的なこともあり手術のほうが良いと思って決断しました。 結果には非常に満足しており、先生にも美容医療相談室さんにも感謝しております。初めての美容整形でしたが、施術前、施術後、ダウンタイム期間中と不安な時期を何度も長電話で相談に乗ってくださり、ありがとうございました。感謝の気持ちもあり、口コミを投稿させていただきます。
  • ■埋没式眼瞼下垂(切らない眼瞼下垂)

    □施術概要

    埋没式眼瞼下垂、いわゆる切らない眼瞼下垂の治療法と言われる施術法です。眼瞼下垂の治療法は切開を伴う事が多いですが、この施術法は切開の必要は無く行う事ができます。ですので、目元にメスを入れるのに抵抗のある方や、手軽に眼瞼下垂の施術を受けたい方、あまり長期のお休みが取れない方などに向く施術であると言えるでしょう。

    □施術法

    たるんでいるまぶたの裏側(結膜側)から、まぶたのたるみの要因である挙筋腱膜に糸を通します。挙筋と瞼板との弛みをしっかりと改善し、糸を結んだ後にまぶたにその糸を埋め込むことで施術は終了します。

    □効果・持続期間

    切開式の治療法がある中での「切らない眼瞼下垂」ですから、効果としては切開式の治療法に劣るといえるでしょう。また、切らない眼瞼下垂は半永久的な効果を得られる治療法ではありません。個人差はありますが、術後1週間で効果がなくなってしまう人もいれば、術後数年間効果が持続する人もいるのです。 「切らない眼瞼下垂」を選択するに当たって、効果が持続しない可能性が高いという事を認識しておくことはとても重要であると言えるでしょう

    □費用

    約10万円〜40万円程

    □ダウンタイム

    切開法に比べると、腫れなどの症状はかなり少ないでしょう。ですが、それは仕上がりまでの日数が短いという事とイコールではありません。埋没法式の眼瞼下垂では、術後の弛みを考慮して施術時には仕上がり予定の何割か強めにまぶたを引き上げます。なので、術後しばらくはまぶたがオーバーに引き上げられてしまうことがあり、びっくりしたような表情になってしまう場合が多いでしょう。この戻りの期間は約2週間から3週間程。腫れは少ないですが、こういった期間を考慮する必要があります。

    □メリット

    ・切開がいらない(数ミリの切開は伴う) ・腫れが少ない ・傷跡が残らない ・術後のデザインが気に入らなかった場合、元に戻せる

    □デメリット

    ・ミューラー筋へ負担がかかる ・半永久的な効果は得られない ・オーバーな仕上がりになる(びっくり目になる) ・保険の適用は不可能 ・眼瞼下垂の根本的な治療にはならない

    《埋没式眼瞼下垂(切らない眼瞼下垂)の口コミ・体験談をチェック》

    『 切らない眼瞼下垂 』を含む口コミ・評判・体験談はまだありません。 美容医療相談室では『 切らない眼瞼下垂 』に関する口コミを募集しております! 施術のことからカウンセリングのこと、ダウンタイム辛さや料金、スタッフの対応などの口コミの投稿をお待ちしております!

    ■眉毛下切開

    □施術概要

    自然な目の印象を残したまま、まぶたのたるみを改善出来る施術法です。挙筋前転法などの施術だと、施術の性質上、一重まぶただったのが二重まぶたになってしまったり、二重まぶたの印象が大きく変わってしまう可能性が高いです。ですが、この施術法ではもともとの目の形はなるべくそのままで、たるみを取り除く事ができます。

    □施術法

    眉の下のラインに沿って切開し、そのすぐ下の部分の余分な厚い皮膚を切除します。残った部分を縫合し、施術は終了です。皮膚の薄い部分を残して皮膚を引き上げますので、自然とスッキリとしたまぶたになります。施術時間は30分から1時間ほどです。

    □効果・持続期間<

    効果の持続期間については個人差がありますが、3〜5年ほどは効果が持続すると思ってい良いでしょう。

    □費用

    約30万〜50万円程

    □ダウンタイム

    術後約1週間ほどで抜糸を行います。抜糸後3日〜5日ほど強い腫れが続き、1〜2週間ほどでだんだんと落ち着いてくるでしょう。

    □メリット

    ・目の印象が変わらない ・ダウンタイムが他の切開法に比べると少し短い ・傷跡が残りづらく、眉なので隠しやすい

    □デメリット

    ・眉下を切開するので、眉が細くなってしまう可能性がある ・切開ラインがダメージを受け、眉毛が生えてこなくなってしまう事がある ・眉の高さに左右差が出てしまう可能性がある

    《眉毛下切開の口コミ・体験談をチェック》

    最悪です
  • 匿名さんからいただいた口コミ・体験談
  • 最悪です! 眼瞼下垂症の診断をされ、保険が利くし、周辺のシワもとれる。 きずも目立たないとの事でしたが、不自然なカーブ、雑な縫合18日も置いての 半分だけ抜糸等、一本の筋ではない凄い傷痕で、直ぐ下部との段差も出来、他の形成外科で修復手術を受けました。 不慣れ、不注意そのもので、こころの傷痕と両方できてしまいますよ! ※クリニック・医師名は伏せさせていただきました(美容医療相談室事務局)
  • 2年たち、傷も綺麗に
  • ルルさんからいただいた口コミ・体験談
  • 一昨年、手術を受けました。当時は、先生に若干傷が目立つかもね〜と言われていましたが、2年たった今では、傷もきれいになくなりました。
  • 先生の腕次第です
  • バンザーイさんからいただいた口コミ・体験談
  • 結論から申しまして、くよくよ悩むより勇気をだして手術してよかったです。手術は40分で済みますし、それもデザインの選別で20分ぐらいを要し実際のオペ時間は20分ぐらいでした。1週間だけ深い帽子をかっぶって外出は極力さけましたが、日常生活には支障はありませんでした。抜糸も全く痛くなくてあっけなかったです。先生の腕次第です。やってよかったです。
  • ■どの施術を選ぶべきか

    それぞれの施術で、価格、費用、アプローチの仕方が大きく変わってきます。また、眼瞼下垂の場合、保険を適用するか否かも大きな判断材料の一つとなります。 眼瞼下垂の施術は、目元の印象に大きな影響を与える施術です。なので、それぞれのメリット・デメリットしっかり比較した上で、ダウンタイムや費用を考慮してご自身に合う施術を見極めることがとても大切になります。 また、眼瞼下垂術の仕上がりは施術を担当するドクターにに大きく左右されます。なので、しっかりと経験と技量のある医師に施術を受けることがとても大切です。 もし、クリニックやドクターを選択する際にお悩みの場合は、どうぞお気軽に美容医療相談室までご相談下さいね。

    ■クリニックをピックアップしてご紹介!

    • 聖心美容クリニック

      エリア

      東京, 大阪,福岡, 名古屋, 札幌, 大宮, 横浜, 熱海, 広島

    • 『患者様のために高品質な美容医療を。』 PRP皮膚再生療法やセリューション豊胸(幹細胞豊胸)など自家組織を使った再生医療に力を入れている聖心美容クリニック。絵や図を使ったわかりやすいカウンセリングや、患者さん同士が顔を合わせないプライバシーに配慮、充実したアフターケアメニューでも評判が良いクリニックです。

    • 東京イセアクリニック

      エリア

      渋谷, 銀座

    • 『患者様に愛されるクリニックを目指して』 「神の手」として技術力の高さや美的センスの良さを数々のメディアで取り上げられている医師が総院長を務めるイセアクリニック。「患者様に愛されるクリニックを目指して」をコンセプトに、丁寧で親身になって話を聞いてくれるカウンセリングや、スタッフさんの対応の良さでも評判の良いクリニックです。

    • ヴェリテクリニック

      エリア

      銀座, 大阪, 名古屋

    • 『医師を育ててきた、指導医によるクリニック』 医師を指導してきた指導医が院長を務めるヴェリテクリニック。美容医療の基礎ともいわれる日本形成外科学会専門医と、より高度な日本美容外科学会専門医(JSAPS)の資格をお持ちの先生が複数在籍しています。高い技術力が必要とされる修正術も行っているクリニックです。

    • 大塚美容形成外科

      エリア

      大塚, 札幌, 大宮, 横浜, 金沢, 京都

    • 『安全で質の高い医療を目指して』 人気TV番組「ビューティーコロシアム」でコンプレックスや悩みを抱えた多くの女性を美容整形で変身させたクリニックです。施術にかかる負担を最小限にし、最大の効果が期待できる方法を提案してくれます。

    ■さいごに

    今回は、眼瞼下垂の治療法について解説しました。それぞれのメリット・デメリットをしっかり知った上で、ご自身に合った治療法はどれなのかを選択していただきたいです。 また、眼瞼下垂の施術はどれも高い技術力を必要とし、クリニックや医師選びが大変重要になってきます。 もしクリニック選びや医師選びにお悩みでしたら、どうぞお気軽に美容医療相談室までご相談下さいね。

    ■関連記事

    眼瞼下垂手術にかかる費用について解説|保険適用?適用外? 眼瞼下垂手術が保険適用されるときってどんな時?分かりやすく解説 眼瞼下垂のあれこれを分かりやすく解説|実はそれ目の”病気”かも まぶたが重い、そんな悩みの原因を解説|今すぐ実践できる対処法も! 【ドクターインタビュー】佐藤英明医師(自由が丘クリニック)|眼瞼下垂 【ドクターインタビュー】石井秀典医師(大塚美容形成外科・歯科)|眼瞼下垂

    関連記事