ヒアルロン酸豊胸|相場からデメリット、正しい知識まで幅広くご紹介

■ヒアルロン酸豊胸のあれこれを解説!

胸の大きさや形などのコンプレックスを解消することができる豊胸手術。一言に豊胸手術といっても、バッグを挿入するタイプや、自身の脂肪を注入する施術ヒアルロン酸を注入する施術など、その施術法は様々。 そんな中でも、比較的安価で手軽に施術を受けることが出来るのがヒアルロン酸豊胸。今回は、そんなヒアルロン酸豊胸についての様々な情報を分かりやすく解説していきます。

■ヒアルロン酸豊胸とは

ヒアルロン酸豊胸はその名の通り、ヒアルロン酸を注入することで、バストアップをはかる方法です。バッグ豊胸と違い、メスを使う必要が無いため、身体に傷が残る心配も無く、比較的手軽にできる豊胸術であるため「プチ豊胸術」として人気を集めています。

■施術の相場は40〜80万円

ヒアルロン酸注入による豊胸は1ccあたりおよそ2000〜5000円程で行うことができることが多いようです。量の目安としましては、片胸のバストアップに大体80〜100cc程の量を注入することで効果を実感することができます。 仮に100ccずつ胸に注入したとすれば、両胸合わせると200cc注入することになり、40万〜80万円程で施術を受けることができるでしょう。

□バッグ豊胸や脂肪注入豊胸と比べると、やはり安価

以下の施術ごとの相場比較表をご覧ください。豊胸手術は、ガン治療後の乳房再建手術以外は基本的に自由診療に分類されます。ですので、クリニックなどによって施術料金に差が出ますが、100万円前半〜後半の金額のお金がかかバッグ豊胸や脂肪注入豊胸に比べますと、やはりヒアルロン酸豊胸が安価であることがわかります。
 費用
シリコンバッグ25〜120万円
脂肪注入セリューション100〜180万円
コンデンスリッチ100〜150万円
ピュアグラフト80〜120万円
ヒアルロン酸40〜80万円
※この相場はあくまでも目安です。

□バッグ豊胸・脂肪注入法との違いは、”値段”と”効果”

ヒアルロン酸豊胸と、その他の豊胸術の違いはまずその値段にあるでしょう。上記の相場表でも見たように、ヒアルロン酸豊胸は他の施術法に比べると比較的安価な値段で施術を受けることが出来ます。 また、その効果の持続期間にも大きな差があります。ヒアルロン酸豊胸以外の施術法の中には、半永久的な効果を得ることができる施術法があります。しかし、残念ながらヒアルロン酸豊胸の効果持続期間はおよそ1年〜2年程となっています。 後ほど詳しく見てみましょう。

■ヒアルロン酸豊胸の効果・メリットを詳しく!

それでは、ここからヒアルロン酸豊胸の効果・メリットについて詳しくご紹介していきます。

□切開を伴わないため比較的手軽に

ヒアルロン酸豊胸は、注射によって注入する場合が多いです。ですので傷跡が残ってしまう心配がありません。また、メスによって切開をする必要が無いため、その分身体への負担リスクも軽減することが可能になります。 ダウンタイムも切開を伴う豊胸手術に比べればとても短い期間で済むため、忙しくてあまりダウンタイムを取ることのできない方にも向いている豊胸手術です。このような点から、他の施術法に比べますと比較的手軽に受けられる豊胸手術であると言えるでしょう。

□治療時間も大幅カット!

ヒアルロン酸豊胸は、メスによるオペの必要がありません。ですので、その分施術時間も大幅に短くなります。クリニックや施術内容によって施術時間に差はありますが、約20分〜1時間ほどで注入が出来る場合が多いようです。バッグ挿入術の場合2〜3時間ほどかかる場合もあるので、それに比べるとかなり短い時間で施術を受けることができそうですね。

□希望するデザインに合わせられる

ヒアルロン酸豊胸は、希望する部位に分量を調節しながらヒアルロン酸を注入することが可能です。なので、左右差を無くしたい、谷間を作りたい、垂れてしまった乳房を上げたい、などのお悩みも部位や分量をしっかり調整することで解決することが可能になります。

□注入後の妊娠・授乳は基本的には問題なし

ヒアルロン酸は、もともと体内ある物質の一種ですので、人体に害のある物質ではありません。ですので、不純物の含まれない上質なヒアルロン酸を注入するのであれば、授乳中でも問題は無いとされています。また、ヒアルロン酸注入後に、妊娠、授乳を行うことも基本的には問題は無いとされているようです。 ただ、妊娠中にヒアルロン酸注入を行うことは、クリニックによって判断が異なります。妊娠中のヒアルロン酸注入の安全性が確保されていないこと、注入によるストレスや刺激による影響、感染症のリスクがあること、また、麻酔を使う影響も考えられるため妊娠中の注入を行っていないクリニックがあることは確かです。 クリニックによって対応が異なり、また、施術に使用しているヒアルロン酸の質もとても重要になります。極端に安価なクリニックの場合、ヒアルロン酸の質があまり良くない場合も。もし、こうしたケースでお悩みの方はいらっしゃいましたら、美容医療相談室までご相談下さいね。

□乳がん・マンモグラフィー検診も問題なし

豊胸手術を行う際、気になるのはその後の検診への影響ですよね。バッグ豊胸の施術を受けた際は、しっかり医師にバッグが入っている旨味を伝えた上で検診を受ける必要があります。しかし、バッグを使用しないヒアルロン酸豊胸術の場合は安心してエコー検診、マンモグラフィー検診共に受けることが可能なようです。ただ、ヒアルロン酸豊胸も場合によってしこりなどが出来てしまう場合があります。検診を受ける際は、念のため施術を受けたことを医師に伝えた方が安心できるでしょう。

□周囲にばれにくくすることも可能

ヒアルロン酸豊胸は、注入量をご希望に合わせて調節することが可能です。ですので、いきなり大幅にバストアップしてしまった!と言うような事態は避けやすいです。周りにバレたくないけど、少しバストアップがしたいという方に向いている施術ですね。

《口コミ、体験談もチェック!》

あっという間でした
  • kuuさんからいただいた口コミ・体験談
  • 大きさが左右ちがうので、片側だけ注入しました。 少し痛かったけど一瞬で終わり、あっという間でした。 今までずっと悩んでいたことだったので、今回やってみて本当によかったと思っています。
  • 自然な仕上がりです
  • コラランさんからいただいた口コミ・体験談
  • 何ccだったか忘れてしまいましたが、自然な感じで形もよかったです。25万円くらいでした。 バストの下から注射器で一か所づつ注入しました。痛みは2週間ほど続きました。 やはり、異物感はありました。自分で触っても彼氏に触られても、鈍感になりました。 バッグなど他の施術をしたことがないので、わかりませんが、「やわらかい」とは言えなかったです。パンパンに張った感じでした。 自分でビフォーアフターと、半年ごとに撮影をして画像を残したので、一目了然でした。結果、一年半で吸収されて、元に戻りましたが、「本来の自分の柔らかさ」を取り戻せたような気持ちになりました。感覚も戻りました。 全体的にもっと安くなればいいのに、と思います。
  • 持続期間が短い。
  • 匿名さんからいただいた口コミ・体験談
  • 毎回、片側150cc入れてます。2年以上続けてるので結構なお金がかかってしまってます。手術も短時間で済むし、1回ごとの料金はまあまあ安いのでどうしてもヒアルロン酸から離れられません。ただ、、、持続期間がホントに短い。だいたい3ヶ月くらいしか持ちません。やっぱりバッグとか脂肪注入とか考えた方がいいのかなあ。悩み中。。
  • ■治療内容について詳しく!

    それではここから、実際に行われる治療内容について詳しくご紹介していきます。

    □カウンセリング

    カウンセリングは、ご自身のバストに関するお悩みやご希望をドクターに伝えるための大切な時間です。しっかりと医師から施術に関する説明を聞きましょう。また、ここでヒアルロン酸豊胸を受けることが決まった場合は、 ・どれくらいの量のヒアルロン酸を注入するのか ・バストのどの部位に注入するのか ・仕上がりはどういったイメージなのか などを決定し、医師とイメージを共有します。 大切なのは、しっかりと施術を行ってもらうドクターにカウンセリングを行ってもらうことです。せっかくイメージの共有したのに、実際の施術が別のドクターでは、ご自身の希望するイメージが正確に伝達されない場合があるからです。

    □実際の施術時間はとてもスピーディー

    ヒアルロン酸豊胸は注射による施術のため、麻酔はクリーム麻酔と局所麻酔を併用する場合が多いようです。痛みに敏感な場合は、静脈麻酔によって眠っている間に痛みを感じること無く施術を受けることも可能です。ご自分にあった麻酔をドクターと相談して決定してくださいね。

    □ダウンタイムはとても短い

    ヒアルロン酸豊胸の場合、個人差はありますがダウンタイムはほぼ必要ないと言われることが多いです。強めな筋肉痛のような痛みが胸に起こる場合がありますが、動けなくなってしまうような強い痛みは無いでしょう。また、注射で施術を行うため、内出血が起こってしまうことがありますが1〜2週間で落ち着いてくるでしょう。

    □アフターケアも必要なし

    バッグ挿入豊胸や、脂肪注入法による豊胸術の場合、アフターケアをしっかりする必要があります。しかし、ヒアルロン酸豊胸の場合そんな面倒なアフターケアの心配をする必要もありません。

    ■リスクやデメリットもしっかり知っておこう。

    □しこりが起こることも

    注入したヒアルロン酸が異物と認識され、その周りに膜ができることでしこりのようになってしまう場合があります。こうなってしまうと体内に分解、吸収されません。 このような場合、ヒアルロン酸を分解する酵素をクリニックで体内に注入することによって、しこりを解消することが出来ます。

    □感染症のリスク

    稀にですが、注入した箇所の腫れや赤みがなかなか引かないケースがあります。この場合感染症が疑われます。内服薬や抗生剤の投与によって治療する必要が出てきます。

    □効果があまり無いケースも

    施術を受けた方の声の中には、あまり効果を実感できなかったという方の声も。しっかり確実にバストアップを実感したい、という方には余り向かない施術法かもしれません。

    《口コミ、体験談もチェック!》

    大きくしたい、という方には向かないかも
  • hoshipikaさんからいただいた口コミ・体験談
  • マクロレーンVFR30を注入しました。大きさはそれほど変わりませんが、形が断然よくなったので満足しています。大きくしたい、という人には向かないかも。 ただ、結構お金もかかったのに数年でも元に戻ることを考えると、他の方法を選んだ方がよかったかも。と思うこともあります。
  • 見た目は満足です
  • リマさんからいただいた口コミ・体験談
  • 授乳をし過ぎて胸がタクワンみたいになっていたのでしました。片胸VRF30を110ccずつ入れて貰いPRP療法もして貰いました。金額は35万円位でした。元々Dカップあるのが流れ乳になっていたのが形がとても良くなりました。ただ、さわり心地が硬いです。息子におっぱいが硬いと言われるし彼氏にも黙っていれましたが、バレてると思います。ヒアルロン酸注入した場所にしこりが出来ているので乳ガンの検査に行くように勧められています(笑)。ヒアルロン酸と言えど胸の形を保持しますので触り心地は硬いです。術後2ヶ月経ちますがちょっと萎みました。全部萎む前に再注入したい位見た目は満足です。
  • オススメしません…
  • 池袋まりりんさんからいただいた口コミ・体験談
  • ○○クリニックでヒアルロン酸豊胸しました。左側はたった二ヶ月でもとのサイズに。右側は、被膜ができて硬く、サイズは大きいまま。。左右がビッコになってしまったので□□クリニックで脂肪吸引して自己脂肪注入し、左にたくさん脂肪をいれて現在は左右対称に。。ヒアルロンはお勧めしません。。すぐ吸収されるかまたは、被膜ができて長持ちするか。。片方だけ被膜できると、私のように左右不対象になります。
  • 継続期間は1年ほどでした
  • 匿名さんからいただいた口コミ・体験談
  • 昔から胸にコンプレックスが強かったので、東京への引越しを機に思い切って豊胸手術をしました。もうすぐ2年です。バッグを入れるのは怖かったので、ヒアルロン酸の注入にしました。数年は持つとのお話でしたが、継続期間は1年もなかったように思います。今はもうほとんど手術前と同じです。ヒアルロン酸の種類の問題なんでしょうか。。改めて豊胸手術を考えていますが、何が良い方法なのかが分かりません。おすすめの豊胸手術があれば教えて欲しいです。
  • ■ヒアルロン酸豊胸が向いている人はこんな方

    さて、ここまでヒアルロン酸豊胸について詳しくご紹介してきましたが、実際にどのような方にこの施術が向いているのでしょうか。

    □切開を伴う施術に抵抗がある方

    ヒアルロン酸豊胸のポイントは、何と言っても切開の必要がないことです。ダウンタイムがあまり取れない方や切開を伴う施術に抵抗感のある方に向く施術であると言えるでしょう。

    □短期間の効果が欲しいという方

    ヒアルロン酸豊胸は、通常1〜2年でヒアルロン酸が自然に体内に吸収されます。バッグ豊胸のように、取り出さない限りずっと異物が体内に残ってしまうというようなことはありません。ですので、短期間でのバストアップ効果が欲しいと言うような方に向く施術だと言えます。

    □胸の形を整えたい方

    ヒアルロン酸豊胸は、部位や注入量を調整することが可能です。ですので、胸のバランスを整える為に片方の胸にのみ注入したり、部分的なバストアップをすることも可能。谷間やデコルテのみのバストアップなども可能です。また、胸が垂れてきてしまった事にお悩みの場合、ヒアルロン酸を注入することで胸全体のハリを取り戻す効果もあります。 胸全体のバストアップだけでなく、こうした胸の形を整えたい方に向いている施術です。

    ■安心して受けられるクリニック・ドクターの選び方

    ヒアルロン酸豊胸のような、豊胸術は全般的に施術を行う医師の技量やセンスによって仕上がりに大きな差が出ます。ですので、十分な経験と実績を積んだドクターを選び、カウンセリングを通してしっかりとイメージの共有をした上で施術に望むことがとても大切です。 クリニックのHPへアクセスすると、ドクターの経験やこれまでの実績などが公開されています。また、「○○学会認定医」「○○協会認定医」というような記載が見られることも多いでしょう。こうした、ドクターの経験や実績をしっかりと確認し、また、「○○学会」や「○○協会」についても調べて見て下さい。しっかりとした実績を持ち、信頼できる学会の認定であれば、たとえ安価で受けられる施術であったとしても安心して施術を受けられるドクターである可能性が高いでしょう。 ただ、こうした実績は、個人個人では判断しかねる場合が多いですよね。そんなときは、ぜひ美容医療相談室へお気軽にご相談下さい。ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

    ■最後にクリニックをピックアップしてご紹介!

    それでは最後に、寄せられた口コミの中でも評判のよいクリニックをいくつかピックアップしてご紹介したいと思います!

    ①聖心美容クリニック

    無料のカウンセリングを事前にしっかりと行ってもらう事ができる聖心美容クリニック。メリット・デメリットをしっかりと説明してくれると定評があります。高い技術力を誇っていますので、安心して施術を受ける事がクリニックといえるのでは無いでしょうか。

    ②品川美容外科

    品川美容外科は、比較的低価格で施術を受けられるクリニックであるという印象があります。ヒアルロン酸豊胸は、会員価格の場合、1ccあたり1,850円(税抜)という価格設定。品川美容外科クリニックをおすすめ出来る理由は、その低価格の理由をしっかりとHPで説明していることです。 理由としては、利益や広告費を極限まで削っていること、 ○○万円~という表示を極力なくすことによって、患者様が安心して来院出来るようにしていること、などを挙げています。

    ③ナグモクリニック

    バストを専門とするクリニックであるナグモクリニック。バスト形成の施術症例は日本トップクラスであり、多くの患者さまから支持されるクリニックの一つであると言えます。施術料金は、ヒアルロン酸注入は2016年型の場合、1ccあたり2,500円と比較的安価。さらに、2016年型を100cc以上注入の場合は、別途かかる施術費10万円が無料になるとのこと。 ※2017年8月現在

    ■いかがでしたか?

    一言に豊胸手術といっても、その治療方法は様々。そんな中で、今回はヒアルロン酸豊胸に関しての情報をご紹介してきました。 相場、メリット、デメリットまで幅広くお伝えしましたがいかがでしたか?豊胸手術はご自身がどのような結果を望むかによって、選ぶ施術は大きく変わってきます。しっかりとそれぞれの施術を様々な観点から比較検討し、信頼できるドクターの元で施術を受けるようにしてくださいね。 もし、どの施術を選ぶか、どのクリニックで施術を受けるかお悩みの際は、お気軽に美容医療相談室までご相談下さいね。

    ▼関連記事

    後悔してからじゃ遅い!豊胸手術の失敗・後遺症のリスクについて徹底解説 シリコン豊胸!メリットもデメリットもどこよりも詳しく解説 無駄な脂肪を胸に!脂肪注入法による豊胸手術について 豊胸は自然さが重要!施術別に見た目や触り心地を比較 豊胸手術にかかる値段は?施術別解説&安く受ける為の正しい知識