リバウンドしないダイエット~基本編

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
巷にあふれるダイエット情報。テレビやインターネット、書籍など多くのメディアで「○○だけで痩せる!」という言葉を目にします。 医学的に正しい方法であればいいのですが、なかには健康を害するようなダイエット方法も。無理なダイエット、過剰なダイエットは、心と身体の健康に悪影響を与え、結果的に、失敗・リバウンドにつながります。 怪しいダイエット情報に惑わされず、健康的に痩せることができるように。いろいろなダイエット方法に通じる「リバウンドしないダイエット」情報をお届けします! まずは、基本から。ぜひ参考にしてくださいね。

ダイエットの基本 その1.食事

「食べなければ痩せるじゃん!」というのは、半分正しく、半分誤り。確かに、極端に食事量を減らせば、短期的には体重は落ちます。ただし、落ちる体重は、ほとんどが筋肉の分。個人の体質によって差はありますが、一般的には脂肪よりも筋肉が先に落ちてしまいます。 「ダイエットに挑戦しても、いつもリバウンドしてしまう・・・」という方は、極端な食事制限(カロリー制限)によって筋肉量が減り、代謝が落ちて、痩せにくい身体になってしまっている方がほとんど。筋肉が衰えてしまうと、代謝(基礎代謝)が落ち、どんどん痩せにくい身体になってしまうのです! 筋肉量を維持しつつ、脂肪を減らすためには、食事の「バランス」と「タイミング」が重要。炭水化物、タンパク質、脂肪をバランスよく、3食きちんと食べる。その上で、少しだけ消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくする。それを続けることが、リバウンドしない、健康的なダイエットの基本です。

ダイエットの基本その2.運動

基本その2は、運動。ダイエットのための運動というと、ウォーキングやジョギングなどをイメージされる方が多いですが、それだけではありません。実は、筋肉量を増やすようなトレーニングも重要なんです。 筋肉量が減ると、代謝が落ちて、痩せにくくなるというのは、上でお話ししましたよね。逆に言えば、筋肉量が減ると、代謝が上がって、痩せやすくなるということ。詳細な方法はまた後日ご紹介しますが、一昔前に流行ったダンベル体操なんかも、理に適っています。いわゆる筋トレみたいな運動だけでなく、ヨガやピラティスなんかも効果的。「運動は苦手なの!」という方は、試してみてはいかがでしょうか? ウォーキングなどの有酸素運動で直接カロリーを消費することと、トレーニングで筋肉量を増やして代謝を上げること。この2つが大切です。

ダイエットの基本その3.継続

ダイエットの基本その3は、継続。 「○日間で痩せる!」というような短期集中型では、ほぼ間違いなくリバウンドします。人間の身体は、急激な変化に対して抵抗するためです。摂取カロリーが急激に少なくなると、維持するために代謝を落として消費カロリーを減らし、身体に脂肪として蓄えようとします。数日間で食事を元に戻せば、代謝が落ちている分、リバウンドしてしまうのです! 「辞めたら戻る」ようなダイエットでは意味ないですよね。長期的なスケジュールで、少しずつでいいから「続ける」ようにしましょう。 1日の体重の増減で一喜一憂するのもNG。水を500ml飲めば、500グラム体重が増えます。食事の前後、入浴の前後、お手洗いの前後でも体重は大きく増減するもの。体重の変化を記録するなら、毎日決まった時間(朝起きてすぐ、寝る直前など)に計測して、少しずつ減らしていきましょう。 以上、今回は「リバウンドしないダイエット」の基本についてお話しました。当たり前のことばかりですが、現実にはなかなか実践が難しいもの(特に「継続」)。流行のダイエット方法に飛びつく前に、そのダイエット方法が理にかなっているのか、この基本に照らし合わせてみるのも良いかもしれませんね!

関連記事