本当は怖い美容整形の麻酔

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
美容整形手術で欠かせない「麻酔」。特に、硬膜外麻酔や全身麻酔は健康を損なうリスクも高いのですが、あまり知られていません。今回は、美容外科でよく行われる麻酔についてお話しします。

局所麻酔より全身麻酔、硬膜外麻酔の方が危険

「局所麻酔ではなく全身麻酔で手術を受けたい」という方も少なくありません。ですが、局所麻酔よりも全身麻酔の方が身体への負担も大きく健康上のリスクを伴います。そのことを理解した上で全身麻酔を希望するのであれば良いのですが、「痛いのがいや」というだけで決断するのはやめておきましょう。

麻酔科の認定医・専門医がいるクリニックを選ぶ

外科系の経験が豊富な医師であれば、麻酔の技術も持っていると思います。ですが、特に全身麻酔や硬膜外麻酔となると、できれば麻酔科の認定医・専門医(麻酔専門の医師ではありません。日本麻酔科学会の認定医・専門医の資格を持っているという意味です)が麻酔を行うクリニックで手術を受けた方がより安心でしょう。

手術時の医師の体制も重要

美容整形手術は、美容外科医1人で手術、麻酔の両方を行うケースが多くあります。麻酔自体、身体への負担が大きい、リスクの高い行為であることを考えると、特に全身麻酔を行う場合は、できれば手術を行う美容外科医とは別に、麻酔科医が麻酔を行う体制のクリニックがより安全であるといえます。 麻酔の事故は、後遺障害につながる可能性もあります。クリニックを選ぶときには、手術そのもの安全性だけでなく、麻酔の安全性も考えてみてくださいね。

関連記事