顎へのヒアルロン酸注入について|メリットやデメリット・費用などについて徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒアルロン酸注射は様々な美容の悩みに対応できることで人気を集めていますが、顎をきれいに整える施術にも活用されています。 そこで今回は、ヒアルロン酸での施術を行うメリットやデメリット、さらに持続期間や料金など、ヒアルロン酸注入についてのあらゆる内容について詳しくご紹介していきます。

顎へのヒアルロン酸注射とは

笑っている人の口元

顎に行うヒアルロン酸注射について

顎の形を整えるためには骨を削る、プロテーゼを挿入するなど大掛かりな治療が行われることもあります。しかし、ヒアルロン酸注入なら注射だけで高さや丸み、ボリュームを出すことができます。 メスを使わないので顔に大きな傷が残る心配もなく、施術時間も短く抑えることができます。ダウンタイムも短く抑えることができますので、普段なかなか長期のダウンタイムを確保出来ない方にも向く施術です。 元々体内にある成分ということもあって安全性にも優れており、即効性もあり、微調整も行いやすいという特徴を持っています。

顎のヒアルロン酸注射の効果

ヒアルロン酸注入を行うことで、顎のラインを美しく整えることができ、顔全体のバランスも良くなります。メリハリと立体感のある顔にすることもできますし、より華やかな印象になるのもメリットです。 顎が引っ込んでいる場合はそれを前に出すことでシャープな印象となり、前から見た時だけではなく、横顔が美しく整う効果も期待できます。 さらに、顎先が細く見えることで小顔に見える、頬のたるみが目立たなくなるというメリットもあります。 顎にヒアルロン酸やボトックスなどの注入による美容整形を受けている女性

顎に注入したヒアルロン酸の持続期間

使用するヒアルロン酸や体質によって持続期間は変わってきます。 早い場合は3ヶ月~6ヶ月くらいから吸収が始まりますし、長く持続できる場合は完全に吸収されるまで2年以上かかることもあります。

顎へ行うヒアルロン酸注射のメリット

ヒアルロン酸注入のメリットは施術時間が短い、ダウンタイムが少ないということはもちろん、注入量や位置を細かく調節できるのでより理想に近い仕上がりを得ることができる点などが挙げられます。 メスを使った治療では失敗した場合も修正が困難ですが、ヒアルロン酸はヒアルロニダーゼと呼ばれる分解酵素で溶かすことが可能ですので、修正も比較的行いやすくなっています。 治療後すぐに結果が得られるという即効性の高さもヒアルロン酸注入を選ぶメリットです。

顎へ行うヒアルロン酸注射のデメリット

デメリットとしては、ヒアルロン酸は少しずつ吸収されていきますので、永久的な効果ではないということが挙げられます。 それゆえ、効果を持続させるためには繰り返しの施術が必要となります。さらに、しこりができるなどのトラブルがあった場合は切開が必要になる可能性があることも知っておきましょう。 ベッドで寝ている女性

顎へ行うヒアルロン酸注射のダウンタイム

ヒアルロン酸注入はダウンタイムの少ない施術ですが、2~3日は腫れが出ることもあります。術後のメイクは当日からも行えることが多くなっています。 入浴や運動、飲酒などの血行を良くする行為は腫れや内出血を強めてしまう可能性もあるので、当日は避けましょう。腫れや痛みが強い場合は数日間は控えておくとより安心です。

顎のヒアルロン酸注射の費用相場

顎のヒアルロン酸注射の費用は一本で数万円程度と、メスを使った本格的な治療と比べると安い傾向にありますが、使用するヒアルロン酸や注入する量によっても変わってきます。 クリニックによっても費用は違いますので、施術を受ける前にはどれぐらいの費用が必要かもよく確認しておきましょう。

顎へのヒアルロン酸注射で起こる失敗例

綺麗な顎のラインをしている女性の横顔

変化が感じにくい・すぐに戻ってしまう

施術の失敗例としては、注入したに関わらず変化を感じにくい、すぐに戻ってしまうということもあげられます。 この場合は注入量が少なすぎるということが考えられますし、部位に合わないタイプのヒアルロン酸を選んだことも失敗の原因として考えられます。

顎が大きく見えてしまう

失敗例としては、顎が大きく見えてしまうことがあげられますが、これはヒアルロン酸の量が多すぎた、注入位置が適切でなかったということがあげられます。 自然な仕上がりのためには全体のバランスを考えることも大事ですが、バランスを見て注入できていない場合も大きく見えてしまうことがあります。

失敗しないためには専門性・技術力の高い医師を選ぶことが大切

クリニックでカウンセリングをしている画像顎のヒアルロン酸注入でリスクを抑え成功させるためには専門性、技術力ともに高い医師を選ぶことが大事です。医師の技術力が未熟な場合は全体のバランスが崩れてしまい、不自然な仕上がりとなる可能性もあります。 さらに、しこりができてしまう、施術を受けたのに変化をあまり感じられないという場合もありますので、医師選びは慎重に行いましょう。

関連記事