脇へのボトックスの副作用について|多汗症・ワキガ治療の副作用とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボトックス注射の副作用について

女性の背中 ボトックス注射は脇に注射することで、多汗症やワキガの症状を改善することが出来る効果的な施術です。 しかし注射や薬剤を使用する施術となっていますので、必ず安全ということではなく、人によっては副作用が起こります。 そこで今回は、脇へのボトックス注入を行った際の副作用について詳しくご紹介していきます。

ボトックス注射について

注射を持っている女性

ボトックス注射とはどのような成分か

この施術は、ボツリヌス菌(ボツリヌストキシン)から抽出されたたんぱく質を注入することで、筋肉の収縮を弱める効果を持つ施術です。 注射のみで行うことができ、長期のダウンタイムも必要ないため人気を集めています。 表情ジワの改善や、エラ(咬筋)を目立たなくさせる小顔効果、ガミースマイルの改善など、さまざま治療に応用することができます。

脇へ行うボトックス注射の作用の仕組み・効果

ボトックスは、に注射することでも効果を発揮します。 このボトックスを脇の部分に注入することによって、汗を止める効果があります。脇汗をたくさんかくことや、それによる汗ジミ、ワキガなどのお悩みの改善効果が期待できます。 実際の施術に掛かる所要時間は約5分とスピーディーで、1度の施術で半年〜1年程効果が持続します。 また、手のひらの汗や足の裏の汗など、脇以外の汗の症状にお悩みの場合でもこのボトックス治療を行うことが出来ます。

脇へのボトックス注射で起こりうる副作用

脇を押さえている女性

腫れ・赤み

施術後、注入を行った脇の部分に、熱感をともなう赤みや腫れの症状があらわれることがあります。 また、人によっては蕁麻疹や感染、発熱やむくみ、冷や汗などが起こることもあるようです。 どれもそれほど強くでる症状ではなく、術後数時間〜数日で自然に治まります。

内出血について

全ての方にあらわれる症状ではありませんが、ボトックスの注入の際に、針が血管に触れてしまうと内出血が起こってしまうことがあります。 高い技術力のある医師が施術を行った場合でも起こり得る症状です。もしも内出血が出てしまった場合は、1〜2週間ほどで自然と解消されていくでしょう。

感染について

稀なケースではありますが、感染症を引き起こすこともあります。注入の際に、そこから細菌が侵入することでおこります。清潔な環境で施術を受ければ、なかなか起こる可能性は低いでしょう。 また、この施術はボツリヌス菌をそのまま注射する治療法ではありません。なので、ボツリヌス菌そのものに感染してしまう危険はありませんので、その点については誤解の無いように知っておきましょう。

耐性が生じることについて

ボトックス注射を何度も繰り返しているうちに耐性が生じることがあります。耐性とは、ボトックスに対して体が抗体を持つことで、徐々にボトックスの効果があらわれなくなってしまうことを指します。 純度の高いボトックスを注入することで、そのリスクを最低限に抑えることが出来ます。

しびれが生じることについて

こちらも稀にではありますが、ボトックス注入の術後にしびれの症状が残ってしまうことがあります。 注入の際に神経を刺激してしまうことが原因といわれています。 術後数ヶ月くらい経過すると自然に改善されることが多いようですが、中には症状がなかなか改善されないこともあるようです。

アセチルコリン塩化物を注入することによる修正について

ポイントや注意点を教えている女性医師 もしも副作用がおこってしまった際に、アセチルコリン塩化物という成分を注入することによって、症状が緩和されることがあるようです。 この成分は神経の伝達物質で、円形脱毛症などの治療でも使用されています。ボトックス注射の修正をする際にアセチルコリン塩化物を注入することで、ボトックスの効果を抑えることができるようです。 実際に美容外科やクリニックでも修正で多く使われています。目が開きにくくなったり、眉が上がったり、額やまぶたが下がったりのようなトラブルにもアセチルコリン塩化物が有効です。 ただ、脇へのボトックス注入の場合、表情のようにどうしても改善したいと希望されるケースはあまり多くはありません。

ボトックス注射の副作用のリスクを下げるには

クリニックの女性医師

安さではなく、薬剤の品質で選ぶ

美容外科やクリニックで人気のボトックス注射をする際は、価格だけではなく使用している薬剤の品質をしっかりと確認しましょう。 粗悪なボトックスを注入してしまうと、予期せぬトラブルのきっかけになることもあります。 アセチルコリン塩化物で修正をすることも出来ますが、無駄なお金をかけないためにも、初回のカウンセリングの際に使用している薬剤の確認をすることが大切です。

専門性・技術力の高い医師を選ぶ

ボトックスの施術を受ける際には、専門性や高い実績を持ったクリニックや医師を選ぶことが大事です。 施術に掛かる所要時間は短いですが、打ち過ぎてしまうことによってトラブルに繋がることもあります。 クリニックを選ぶ際は、ボトックス注入において高い専門性をもっているか、症例数は豊富か、医師の技術力は信頼できるか、カウンセリングでの印象はどうか、などさまざまな判断基準から総合的に判断するようにしましょう。

関連記事