BNLS注射とボトックス注射の違いとは?|効果や特徴などの面から両者を比較!

このエントリーをはてなブックマークに追加

BNLS注射とボトックス注射の違いについて

美容整形の技術も日々進化し、最近ではメスを使わなくても高い効果を得られる施術も増えてきました。 特にBNLSやボトックスなどの注射で行うことができる治療は、施術時間が短時間で済みますし、大きな傷跡が残らないのもメリットです。 しかし、BNLS注射とボトックス注射の違いについて、よくわかっていない方も多いはずです。そこで今回は、BNLS注射とボトックス注射の違いについて詳しくご紹介していきます。

BNLS注射とは

注射を持っている女性

BNLS注射とはどんなもの

BNLS注射は顔の脂肪に対応した脂肪溶解注射です。 顔が大きく見える原因のひとつに、頬などに余計な脂肪が付いていることがあげられます。 BNLSを気になる部位に注射することで、その部分の脂肪を溶解することができ、手軽に小顔効果を得ることが出来ます。

BNLS注射で得られる効果・作用の仕組み

BNLS注射を行うと、その部分の脂肪が溶解され体外に排出されやすくなります。 広範囲の痩身よりも小顔効果や部分痩せ効果を目的として用いられることが多い施術です。脂肪細胞の数自体を減らすことができるので、リバウンドしてしまう可能性も低いと言われています。 さらに肌の引き締め作用やリンパの流れを促進する効果も期待できます。 効果はゆっくりと現れるので施術をしたことが周囲にもわかりにくく、自然な痩身効果が得られるのもメリットです。

ボトックス注射とは

目尻にヒアルロン酸やボトックスなどの注入による美容整形を受けている女性

ボトックス注射とはどんなもの?

ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出したたんぱく質であるボツリヌストキシンを気になる部分に注射する施術です。 筋肉の働きを抑制する効果があり、筋肉の発達によって太くなってしまった部位の痩身効果が得られます。 もともとは顔面麻痺の治療に用いられていましたが、現在では表情ジワの改善をはじとする美容医療に応用されています。

ボトックス注射で得られる効果・作用の仕組み

ボトックスは筋肉の働きを抑える効果がありますので、表情ジワや眉間やおでこのシワを目立たなくするのに役立ちます。 また、顔を大きく見せてしまうエラ(咬筋)の部分に注入することで、咬筋の働きを抑制し、小顔効果をもたらすこともできます。 そして、筋肉で太くなったふくらはぎの痩身や多汗症の治療など、さまざまな目的に幅広く対応できる施術です。 ボトックスの効果は永久的ではありませんが、一度施術を行うと数ヶ月間効果が持続します。

BNLS注射とボトックス注射について

唇にヒアルロン酸注射を打っている女性

原因に合った治療法がある

BNLS注射は脂肪溶解注射ですので、脂肪が多くついていることによって顔が大きく見えている方や、脂肪があることで太っていることが気になる方に向いています。 ボトックス注射には、筋肉の働きを抑える効果がありますので、エラ(咬筋)が発達していることで顔が大きくなっている方や、ふくらはぎが発達しすぎて足が太くなってしまっている方に向いています。 どちらも注射で行う治療という点では共通していますが、効果は全く異なります。それぞれの症状に合う治療を選ぶことが大事です。

BNLS注射とボトックス注射は同時に施術可能

ポイントや注意点を教えている女性医師 BNLS注射とボトックスは、併用することができます。 エラ部分にはボトックス、頬や顎などの脂肪がついた部分にはBNLSを使用する、というようにそれぞれの悩みに応じて使い分けることで高い効果が期待できるでしょう。

どちらが合っているのかは専門性・技術力の高い医師に見極めてもらうことが重要

BNLS注射とボトックスでは効果に大きな違いがありますので、それぞれに合う施術を選ぶことが大切です。ただ、素人では判断が難しいものがあります。 また、経験の浅い未熟なドクターの場合、症状に合った施術が選択できず、十分な効果を得られない場合もあります。 まずは経験の豊富で技術の高い医師の診察を受け、自分が希望する部位にはどちらの施術が向いているかを見極めてもらうと良いでしょう。

関連記事