若返りが期待できる美容整形とは|アンチエイジング・リフトアップの方法を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

若返りが期待できる美容整形の方法とは?

クリニックで麻酔やヒアルロン酸などの注射を顔に打っている女性 年齢とともに目立ってきてしまうしわ・くすみ・しみ・たるみなどが気になっている方も多いのではないでしょうか。これらがあることで、年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えたりして、あまり良いものではありませんよね。 いずれも軽度であればセルフケアでも改善が期待できますが、気になった時にはセルフケアでは解消できないことも。そのため、若返りを目的とした美容整形が選択肢になってくるでしょう。 そこで今回は、若返りが期待できる美容整形の方法について、代表的な施術の方法・効果・費用を紹介していきます。

しわの改善で若返り効果が期待できる美容整形

おでこのシワを気にしている女性

①PRP皮膚再生療法

若返りのためには顔のしわを改善することも大切になります。そのしわを改善する方法として、近年比較的行われているのがPRP皮膚再生療法です。 この方法は、自身の血液を事前に採取してそこから血小板細胞を取り出していきます。この成分を再び肌の内部に注入することによってしわを改善していくことができるでしょう。 費用の相場は注入する位置や量によって異なりますが、1回あたり20万円〜30万円ほどかかるようです。

②ボトックス注射

しわの改善方法として、ボトックス注射が行われることもあります。 ボトックス注射は、筋肉の動きによってできるしわに対して、患部の筋肉の収縮を抑制してすることでしわの改善ができるでしょう。 効果があらわれるまでには数日〜数週間ほど時間が必要で、部位によって持続期間は異なりますが、およそ3ヶ月〜半年は効果が持続するようです。 ボトックスの種類や受けるクリニックによって費用は異なりますが、1回あたり2万円から5万円程度が相場のようです。

③ヒアルロン酸注射

しわを改善する方法にはヒアルロン酸注射というものもあります。 ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、比較的アレルギーを引き起こしにくい安全性の高い方法として行われています。 しわの凹んでいる部分(溝)にヒアルロン酸を注入することで、肌に膨らみを持たせしわを目立たなくさせることが期待できます。 注射のみで行える整形なので、個人差にもよりますがダウンタイムは数時間〜数日程度と短いでしょう。 ヒアルロン酸注射は受けるクリニックや注入量、メーカーの種類、部位などによって費用は異なりますが、しわの改善に行われる場合は約1万円〜10万円ほどが必要になります。

くすみの改善で若返り効果が期待できる美容整形

鏡を見て頬のシミやニキビなどのできものを気にしている女性

①フォトフェイシャル

若返りのためにはくすみの改善も欠かせません。疲れ顔・老け顔に見せてしまうことがあるので、改善するための方法としてフォトフェイシャルが行われます。 フォトフェイシャルは複数の波長の光をカメラのフラッシュのように肌に当てることで、肌機能を活性化させていくことが期待できます。一度では高い改善は見込めませんが、施術を重ねていくことで、肌が再生していき、くすみがなくなっていくでしょう。 受けるクリニックや使うマシンの種類、ショット数によって費用は異なりますが、約1万円〜5万円が相場のようです。費用を少しでも抑えるには、回数セットのコースで予約することで、1回あたりの費用を抑えることができそうです。

②イオン導入・レクトロポーション

くすみの改善方法として、イオン導入もあります。 イオン導入では、ビタミンC誘導体など美肌に効果ですが期待できると言われている成分を、微弱電流による刺激を与えることで、肌の奥の真皮層までに浸透させることが期待できます。 エレクトロポーションはイオン導入とは少し異なり、肌に小さな穴を開けてそこに電気を流すことで、肌の深い層まで美容成分を届けることができるでしょう。 美容成分を肌に届けるのは化粧品でも可能ですが、より高い浸透が見込めるのがイオン導入やエレクトロポーションです。 他の施術と組み合わせて行う場合や使う成分の種類、受けるクリニックによって費用は異なりますが、1回あたり1万円〜2万円が相場になりそうです。 特に針を刺したりメスを使ったりする施術ではないので、比較的誰でも受けやすいというのが特徴です。

しみの改善で若返り効果が期待できる美容整形

ターンオーバーが乱れて状態が悪化している女性の肌

①スムースクール(Pフェイシャル)・ライムライトなどの光治療

若返りのためには、顔にできるしみを薄くしていくことも大切になっていきます。 しみを薄くする方法としてあげられるのがスムースクール(Pフェイシャル)や、ライムライトです。 日本人の肌に合わせて開発されたと言われている肌治療器で、肌トラブルが気になる部分に対して、選択的に照射できる機能が搭載されているようです。 有害な紫外線をカットした特殊な光を照射することで、美肌に重要なコラーゲンやエラスチンなどを生成する繊維芽細胞の働きを活発化させ、しみを徐々に薄くしていくことが期待できます。これは、肝斑にも効果が見込めるようです。 スムースクールはそもそも、脱毛でよく聞く名称で、肌トラブルなどの改善を行う場合は「Pフェイシャル」とも呼ばれています。 受ける部位の範囲によっても費用は異なりますが、1回あたり約2万円〜5万円が相場のようです。主に複数回の施術が必要なため、複数回の回数セットで契約すると、1回あたりの費用を抑えられます。

たるみの改善で若返り効果が期待できる美容整形

顔のたるみを取るフェイスリフト施術を行った時のイメージ

①ウルセラシステム

たるみの症状・状態が重度であればあるほど、顔が老けて見えてしまいます。若返りのためには、たるみの改善も行う必要があります。 その方法の一つが、ウルセラシステムです。 これは切らないフェイスリフトとも言われており、肌の真皮層よりも深い部分にあるSMAS層(表在性筋膜)からたるみを引き上げる効果が期待できます。 また密度の高い超音波を照射することで、熱エネルギーによるコラーゲンの生成が促進され、リフトアップ効果が持続するようです。1回の照射で、6ヶ月〜1年ほど持続すると言われています。 ただし、効果の現れ方・持続期間は個人差によるものが大きく、1回あたりの費用も15万円〜30万円と高額です。

②スレッドリフト

たるみの改善方法としては、照射系治療の他にスレッドリフトという方法があります。 これは、こめかみ部分から特殊な形状の糸を挿入して、その糸を引き上げて固定することでたるみを改善することが期待できます。使用する糸の形状・本数によって軽度〜重度のたるみまで効果が見込めます。 糸の種類などによって費用は異なりますが、1回あたり20万円〜40万円ほどが相場のようです。本数が増えることでより高額化するケースも出てきます。

③外科的なフェイスリフト

たるみの改善に高い効果が期待できるのが外科的なフェイスリフトです。 こめかみや耳の裏側を切開し、直接皮膚や筋膜を上に引き上げることで、リフトアップ効果が見込めます。 直接原因となっている部分にアプローチするので、半永久的な効果が期待できるでしょう。 ただし、そのままの形が維持されるというわけではなく、若返ったところから歳を重ねていくことを理解しておかなければなりません。 外科的なフェイスリフトは専門性・技術力が求められる大掛かりな施術なので、費用も80万円〜120万円ほどが必要になってきます。極端に費用が安い場合には、それなりのリスクが伴うということを知って置く必要があります。

若返り効果が期待できる整形を受けるなら自分にあった方法で受けよう

肌の包帯が悪い女性と肌が綺麗な女性 若返り効果が期待できる施術は紹介した施術以外にも、様々な方法が存在します。 どれが一番高い効果が見込める方法かというよりかは、どの方法が症状・状態に適しているかが重要になります。適していないものであれば、あまり効果が見られなかったり、逆に悪化してしまうことも。 そのため、まずは施術方法を絞りすぎずに実際のカウンセリングを通じて、自分にあった方法を選択していくようにしましょう。

関連記事