リフトアップの整形による失敗例|施術を受ける前に気をつけること!

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

整形によるリフトアップの失敗例について

失敗や後悔をして頭を抱えて悩んでいる女性 整形によってリフトアップの場合には、理想のフェイスラインを目指したのに思ってたのと違った形になったり、効果が長続きせず戻ったりしてしまうことがあります。整形手術は、医師の経験や技術、最適な施術デザインが求められるため、医師の技術が未熟だと失敗するリスクもあります。 今回はそんな整形によるリフトアップの失敗について紹介していきます。 ▽「フェイスリフト」関連施術の詳しい基礎情報はこちらフェイスリフト~気になる施術内容と口コミ・体験談を紹介~

整形によるリフトアップとは

リフトアップ整形には、目的に応じて複数の施術法が使われています。切開術は、半永久的な効果を期待できます。期待する効果や施術デザインによって違ってきますが、額からこめかみまでの髪の毛の生え際付近、または耳の付け根、耳の後ろから後頭部の髪の毛の生え際などを切開して、皮膚を剥離・切除した後、縫合することでたるんだ皮膚を引き上げます。 糸を使った方法もあります。たるみが出やすい部分に糸を埋め込みます。糸を体の外に出そうとする免疫反応や創傷治癒効果によりタルミが引き上げるもので、糸の素材によってゴールデンリフトやシルキーリフトとも呼ばれています。糸を使ったリフトアップには、頬からこめかみにかけて特殊な形状をした糸や格子状に加工した糸を埋め込んで引っ張り上げる固定法と頬中央に皮膚を引き寄せるフローティング法があります。 その他にもレーザーや高周波を使ったリフトアップもあります。レーザーや高周波を患部に当てることで、皮膚内部に熱を発生させてコラーゲン繊維の収縮を促し、脂肪細胞感を引き締めてたるみ改善を目指します。

リフトアップの失敗

頭を抱えて悩んでいる女性

効果がない

レーザーや高周波、糸を使ってリフトアップした場合の失敗例としては、効果がないと感じることがあります。これらの施術法は、人が持つ代謝機能や免疫反応を利用しているため、効果がでるまで一定以上の時間を必要とする他、個人差もあります。 レーザーや高周波施術の場合、月に1日の頻度で5度~6度ほど行うため半年ほどかかりますが、代謝の違いから効果を感じないこともあります。また糸を使ったリフトアップも免疫反応や創傷治癒を利用するため、やはり個人差がでます。

傷跡が残る、傷の部分がハゲた

高い効果を期待できるリフトアップは、切開を用いた施術法です。耳の付け根や額やこめかみ、耳の後から首筋にかけての髪の生え際を切開することで、傷跡や縫合跡を目立たなくします。 しかし医師の経験や技術によっては、傷跡が残ってしまうといった失敗があります。また、FAGAやAGAなどにより頭髪が薄くなったり、ハゲてしまうと傷跡が目立つようになります。切開術を用いたリフトアップは一定の傷跡が残るため、頭髪の状態や変化に影響を受けやすいです。

皮膚の突っ張り、違和感

切開術や糸を使ったリフトアップ整形は、効果が高いですが、違和感を生じることもあります。最も多いのが、笑ったときに引きつりを感じる、口を開けたときに突っ張りを感じるといった違和感です。突っ張りや引きつりは、たるんだ皮膚が引き上げられたことで余分な皮膚がなくなることで起こります。 通常は3ヶ月~6ヶ月ほどで違和感がなくなりますが、もしそれ以上続くようであると医師への相談するようにしましょう。

肌表面が凸凹になる

整形によるリフトアップの中には、失敗して肌の表面に凹凸ができてしまうこともあります。これは、糸を使ったリフトアップで指摘されています。 糸を使う施術では、こめかみ付近から頬にかけて特殊な糸を1本、ないしは数本、または格子状にした糸を埋め込むことで、異物を排除しようとする体の反応や創傷治癒を利用してたるみを結果的に引き締めます。体内に埋め込む糸は髪の毛のように細いですが、糸を取り囲むように皮膚の組織が癒着し始めると太くなるため、肌表面に凹凸ができてしまいます。 施術法や医師の技術などによって違ってきますが、肌に触れると分かる程度の場合もありますし、外観からでもうっすらと膨らみが見えることもあります。

リフトアップの整形で、失敗しないために気を付けること

ポイントや注意点を教えている女性医師

クリニック・医師選びは慎重に行う

リフトアップ整形を検討するときは、クリニックや医師選びを慎重に行いましょう。特に切開・切除を伴う施術や皮膚に糸を挿入する施術の場合は、医師の技術や経験によって結果も大きく左右されます。無理なデザインで進めると術後6ヶ月を過ぎても突っ張りや引っ張り、凹凸などのトラブルが発生することがあるため、よく考えて選びましょう。 施術を決める前にいろいろなクリニックで相談して、比べてみるのもいいかもしれません。

カウンセリングは納得いくまで行う

整形施術の前は必ずカウンセリングすることになります。ここでは思っていることや不安や悩み、疑問などを遠慮なく、納得できるまで行いましょう。また施術してほしい部分、してほしい形などもじっくり相談してください。 たるみの程度や皮膚の厚さや生え際の長さ、耳の形など一人ひとりサイズが異なるため、物理的にどの程度リフトアップできるかや施術後のアフターケア、万が一の際に再手術なども医師と話しておきましょう。

事前にリスクについて理解した上で施術を受けましょう

クリニックの女性医師 リフトアップは、たるんだ皮膚を引き上げることで若々しい印象を与えられます。目的に応じて様々な施術方法から選べますが、医師の技術や経験に左右されるためそれぞれのメリットとデメリットをしっかり理解しておきましょう。またクリニックを選ぶときは、高い技術と経験をチェックして、納得できるまでカウンセリングを受けてください。

関連記事