眼瞼下垂の修正手術|失敗のケースと修正手術の方法・費用などについて詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

眼瞼下垂手術の修正手術について

蒙古ひだのない綺麗な平行型二重の目 眼瞼下垂はまぶたが過度に垂れ下がってしまっている状態で、肩こりや頭痛などの症状を併発するため日常生活にもさまざまな影響を与えます。 そんな眼瞼下垂の症状は、外科手術を受けることで改善することが可能です。しかし場合によっては、外科手術を受けても満足の行かない結果となってしまうケースもあります。 そこで今回は、眼瞼下垂手術を受けた後の修正手術について詳しくご紹介していきます。

眼瞼下垂手術の修正手術が行われるケース

Eラインが綺麗な女性の横顔

①まぶたが閉じづらくなってしまった

眼瞼下垂手術とは、上眼瞼挙筋を固定することで目の開き方を調節する施術です。しかし、垂れ下がったまぶたを引き上げる力が強すぎると、却ってまぶたが閉じづらくなってしまうことがあります。 また、目がギョロっと大きく見開いているような状態になることで、いつもびっくりしているような表情になってしまうこともあります。 眼瞼下垂の症状は改善されても、キツイ印象を与える目になってしまったり、目の開閉に支障をきたしてしまったりするため、修正手術を希望されるケースが多いようです。

②つり上がったような目になってしまった

まぶたを引き上げる力の調整を誤ってしまうと、目の外側の方が開く力が強く内側の引き上げが弱い状態になることがあります。 こうなると、目の外側部分のみが引き上げられ、つり上がった目になってしまいます。 もともと目は、外側の方がまぶたを持ち上げる力が強く、内側の方が弱いという傾向があります。更に、黒目の中心とまぶたの中心の位置には、多少のズレがあります。 これらの点を考慮しないで施術を行ってしまうと、こういった失敗を起こしやすいと言われています。

③術後出来た二重のラインや、術後の仕上がりが気に入らない

眼瞼下垂の施術を受けると、ほとんどの場合で二重まぶたになります。 しかし、術後この二重の幅やラインの位置に不満を感じてしまう場合があります。また、術後のデザインに左右差が出ることで、仕上がりに不満を感じることもあります。 原因としては、まずカウンセリングでのデザイン共有が十分でなかったことが挙げられます。また、眼瞼下垂手術が保険適用の範囲で行われた場合、どうしても審美面よりも機能回復面が優先されてしまうという点も挙げられます。

眼瞼下垂の修正手術の概要

クリニックでカウンセリングを受けている男性と医師

施術の具体的方法

一人ひとりの修正要望によって、行われる修正手術の要望はさまざまです。今回は、行われることの多い代表的な施術の具体例を2つご紹介します。 びっくり目や閉じづらいまぶたを修正する場合、前回の眼瞼下垂手術で強く引き上げすぎていたまぶたの力を緩めるために、切開して挙筋腱膜と瞼板の癒着を緩めます。 二重幅を修正したい場合は、希望する位置で新たにまぶたを切開し、前回の施術の癒着を剥がした後で、再度新たな位置で瞼板に挙筋腱膜を縫い付けます。

前回の施術から修正手術までの期間

抜糸の時点でわかる程の左右差があったとき、クリニックによってはその時点で修正手術を行うことがあるようです。 しかし多くの場合、腫れやむくみが大体解消された、術後3ヶ月くらいに行われることが多いでしょう。それ以前の左右差や二重幅への不満は、腫れやむくみが改善されることで解消されるケースがあるからです。

ダウンタイム

修正手術でどのくらいまぶたを切開するかによって期間に幅はありますが、大体通常の眼瞼下垂手術と同じ経過をたどると考えて良いでしょう。 術後3日ほどが腫れ・痛みのピークで、大体1週間後に抜糸、その後2週間ほどで強い腫れや痛みは解消されていきます。

眼瞼下垂の修正施術には保険適用と自由診療がある

ポイントや注意点を教えている女性医師 眼瞼下垂手術に保険適用と適用外の施術があったように、修正手術でも保険が適用される場合があります。 前回の施術も保険適用で受けていて、さらにその失敗によって生活に何らかの支障が出ている場合(目が閉じづらくなったことで、目が乾いて痛むなど)がそのケースとして挙げられるでしょう。ただ、審美面(見た目の美しさ)を目的とした修正手術を希望する場合、保険適用内で修正手術が行われることはほとんどありません。 前回の施術を自由診療で受けていた場合、費用は高額になります。しかしその分、機能回復と共に、審美面に関してもしっかり考慮されます。なので、修正手術が必要になるリスクも低く、かつデザインに不満が残ったときも安心して修正手術を受けることが出来ます。 ─もっと読む─ ・眼瞼下垂手術が保険適用されるときってどんな時?分かりやすく解説眼瞼下垂手術にかかる費用について解説|保険適用?適用外?

他院での修正も可能

クリニックの女性医師 眼瞼下垂術の修正を希望する際、前回の施術を受けたクリニック以外での修正も可能です。 ・前回受けたクリニックでは、理想のデザインにしてくれなさそう ・前回受けたクリニックが失敗を認めず取り合ってくれない ・前回は保険適用で施術を受けたが、審美面を考慮したいため自由診療をしてくれるクリニックへ切り替えたい などの場合は、他院修正を検討してみましょう。

眼瞼下垂の修正手術を希望するなら医師選びは慎重に

カウンセリングを受けている女性と医師 眼瞼下垂の修正手術は、通常の眼瞼下垂手術よりも更に高い技術を必要とする施術です。そのため、信頼できる医師やクリニックで施術を受けることがとても大切です。 医師選びの際には、医師のこれまでの経歴や専門分野・資格、これまでの症例数や第三者からの評価、実際にカウンセリングで話したときの印象など、さまざまな判断基準から総合的に判断するようにしましょう。

関連記事