男性のシミにレーザー治療が向いている3つの理由|術後の経過や費用とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

シミレーザーを希望する男性が急増中

顎のラインを気にしている男性 30代に入った頃から徐々に増え始める顔のシミにお悩みではありませんか?また、シミをレーザー治療でとるなんて、女性だけが行うものだと思っていませんか? 実は近年、シミ取りレーザーを美容目的で希望する男性が急増しています。目立つシミが顔にあると、頼りない印象を与えてしまったり実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。 特に、人と関わる機会の多いビジネスマンや、接客を仕事としている方に希望される方が多いようです。今回は、そんな男性のシミレーザーについて詳しくご紹介していきます。

男性のシミの原因は長年の紫外線の蓄積

ポイントや注意点を教えている女性医師 シミが出来てしまう1番の原因は紫外線です。女性は約8割が紫外線対策をしているにもかかわらず、男性は約7割が紫外線対策に無関心というデータもあります。 紫外線の刺激を受けることによって、メラニン色素の生成が促されます。普通であれば、このメラニン色素が皮膚へ広がり、紫外線を吸収して肌を守ります。ですが強い紫外線にあたり続けることでメラニン色素が過剰に生成されてしまい、シミとなってしまうのです。 日々の通勤の際や趣味のスポーツを行う際に、紫外線対策を全く行っていない方も多いのではないでしょうか。このような長年の紫外線の蓄積が、もっとも多いシミの原因です。

シミレーザーの施術ってどんなもの?

顎に手を当てて何か考えている男性 シミレーザーとは、茶色などの色素のみを選択的に取り除くことができるレーザーの光線を、気になる部分に照射することによってシミを目立たなくさせる施術です。 ヤケドなどのリスクがある施術ではありますが、信頼できる技術をもった医師の下で施術を受ければ安全性が高いと言える施術です。 シミを取り除くためのレーザーには、さまざまなマシンが存在しています。それぞれで効果や費用が異なります。 照射する範囲によっても変動しますが、大体1範囲あたり数分程度で照射は終わります。

男性のシミをレーザーで治療するメリット

爽やかに歩いている男性

他の治療法より確実な効果がある

シミの改善には、シミレーザー以外にもいくつかの方法があります。市販薬を服用することで改善する方法や、美白成分が配合されたスキンケアクリームを使用する方法などです。 ですが、市販薬や美容クリームを使用してシミを改善するには、地道に継続する必要があります。その分、時間やお金もかかることに。しっかり継続しているのに、満足の行く効果がなかなか得られないこともあります。 確実にシミを短期間で取り除きたいのであれば、シミレーザーによる施術を受けるのが1番確実で効果的だと言えるでしょう。

男性でも行きやすい美容クリニックが増加中

男性なのにシミを取りに美容クリニックに行く、ということに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。ですが近年では、男性の方でも気軽に行きやすい美容クリニックが増加しています。 中には男性の患者さんに特化したクリニックもあります。待合室を個室にしていたり、多忙なライフスタイルに合った治療プランを計画してくれたりと、クリニックによってさまざまな工夫がされているので、少し抵抗がある方は男性の施術を多く行なっているクリニックを探してみましょう。

シミレーザーは思ったよりも手軽に行える

レーザーを照射するときの痛みが心配だったり、何度も照射する手間が心配な方もいると思います。 たしかに、レーザーをシミに照射する際には多少の痛みが伴います。ですがその程度は、ちょうど輪ゴムで軽くパチンと弾かれたときくらいの痛みです。ほとんどの方が麻酔を行わないで受けることができます。(※レーザーの種類によっては、麻酔を施す必要がある場合もあります。) また、照射の回数に関しても、薄く小さなしみであれば1度の照射でも十分な効果が得られます。シミの種類によっても必要な照射回数は変わりますので、まずは一度クリニックに相談してみると良いでしょう。 このようにレーザーによるシミ取りは、意外と手軽に受けることができる施術です。

シミレーザーの術後の経過

カレンダー

施術当日:保護シールを貼ってそのまま帰宅

シミレーザーを受けた当日は、シミがあった部分に赤みが残っています。これは、照射の刺激によって肌がヤケドのような状態になっているためです。 施術当日は、照射した部分の上から保護テープを貼りそのまま帰宅します。この保護テープは、帰宅後も取り外さずにつけっぱなしにしておきましょう。 あまり目立つテープではないので、そのまま貼って外出しても問題ありません。

1週間後:徐々に照射部位の皮が剥がれ始める

施術部位の赤みは消え、シミも消えていることが確認できるでしょう。このころから徐々に照射をした部分のカサブタのような皮が剥がれ始めます。このカサブタのような皮は無理に剥がさずに、自然に落ちるのを待ちましょう。 クリニックによって期間に差がありますが、カサブタが剥がれきるまでの1〜2週間くらいの間はテープで保護して生活を送ります。 場合によっては、塗り薬などが処方されることもあります。その際は、医師の指示にそって患部をケアするようにしてください。

1ヶ月後:一時的にシミが復活する

カサブタが剥がれた後、一時的にシミのあった部分の色素が濃くなります。まさか、シミがひどくなってしまったのでは無いかと不安になるかもしれませんが、大丈夫です。 ここから数ヶ月程かけて、徐々にターンオーバによってシミが薄くなっていきます。

3〜6ヶ月後:シミが気にならなくなる

これくらいの期間が経つと、残っているシミも分からなくなるぐらいに薄くなって来るでしょう。 1度の照射で消えきらなかったシミは、1度目の施術から3ヶ月ほど空けると再び照射を受けることができます。

男性のシミレーザー治療後にすべきアフターケア

術後は常に紫外線対策を怠らない

施術を受けてから完全にシミが目立たなくなるまでには、3〜6ヶ月ほどの期間がかかりますが、この間紫外線対策を欠かさずに行うようにしましょう。 照射を受けた後の肌は、とてもデリケートな状態です。ここに再び紫外線の刺激を受けてしまうと、照射を受けた傷が色素沈着を起こして跡として残ってしまう場合があります。 なるべく直射日光に当たらないように意識し、日焼け止めなどを塗って生活するように心がけましょう。

男性におすすめしたいシミレーザー治療

笑顔のクリニックの男性医師

Qスイッチルビーレーザーによる男性のシミ対策

694nmの波長を出すレーザーで、メラニン色素に対しての吸収率がとても高いという優れた特徴を持ちます。 広範囲に及ぶシミにもしっかりと効果をもたらすことができます。シミへの効果があらわれ始めるのは術後1〜2週間後です。 クリニックによって価格に幅はありますが、5mm以下のシミの場合3,000〜5,000円ほどで受けられることが多いようです。ゴムで肌を弾いたときのような痛みを感じます。麻酔なしでも施術を受けることができます。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)による男性のシミ対策

盛り上がったシミ(脂漏性角化症)に高い効果をもたらすのが、このCO2レーザーです。 水分を含むものに吸収されるというCO2レーザーの性質を利用して、一瞬にして高い熱エネルギーを発生させます。濃いシミも1度の施術でかなりの改善効果が期待できます。 クリニックによって差はありますが、局所麻酔などを施してから照射を行うことが多いようです。シミのサイズによって価格に幅がありますが、1mmあたり2,000円ほどで受けることができるでしょう。

男性のシミを予防する方法

色とりどりの野菜

紫外線ケアを怠らない

シミを予防するにあたって、何よりも大切なのは紫外線対策を日頃からしっかりと行うことです。通勤やちょっとした外出の際には、サッと日焼け止めをひと塗りしてからでたり、サングラスや帽子を着用することも効果的です。

ビタミンCを積極的に摂取する

ビタミンCには、メラニンの増生を抑える効果があります。日頃の食生活で、ビタミンCの豊富な食事を摂取するように心がけると良いでしょう。 また、食事だけでは摂りきれないという場合は、サプリメントなどを上手く活用してみてください。

ストレスを溜め込まない

健康的な生活習慣を送り、体にストレスを溜め込まないことも予防の一つになります。 適度な運動、健康的食事、質の良い睡眠を送りましょう。そうすることで、正常な肌のターンオーバーが促進されメラニンの排出も促されます。

男性でも年に1度のメンテナンスを

グーサインをして笑っている男性 今の時代、肌のお手入れをするべきなのは、女性だけではありません。 近年では、男性でも美容医療を取り入れやすい環境が整いはじめ、シミ取りや脱毛などのケアを行っている方も増えています。 若々しい自分でいるために、男性の方も1年に1度はご自身のお肌のメンテンナスを心がけてみるのはいかがでしょうか。

関連記事