二重切開法の失敗例とは|原因・対処法・失敗しないためのポイントを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

持続性が期待できる二重切開法で起こる失敗とは?

美肌女性 二重切開法は、二重整形の中でも長期持続が期待できる方法として人気の高い施術の一つです。 しかし、安易に受けるクリニックを決めてしまうと、「受けなければよかった」というような失敗も起こります。 そこで今回は、二重切開法を受ける前に知りたい、失敗例とその原因について紹介して行きます。

二重切開法で起こりうる失敗例

頭を抱えて失敗や後悔を悩んでいる女性

幅が広すぎる(または狭すぎる)

二重切開法で起こる失敗例として、幅が広すぎたり狭すぎたりするというケースが少なくありません。 これは、そもそも希望した幅が広すぎたり狭すぎたりすることで起こる失敗ではなく、ドクターの技術力が未熟だった場合に正しい方法で二重形成ができていない、医師と仕上がりのイメージの共有ができていないために希望とは異なる幅になったということでも起こる失敗です。

ラインが消失する

二重切開法は、切らずに糸で留めて二重を形成する埋没法よりも持続性の高い方法と言われています。 しかし、二重切開法であっても、ラインが消失してしまうことは0ではありません。 特に、ドクターの技術力が未熟であったために、正しい方法で内部処理がされずに二重形成がされた場合に起こってしまうようです。

切開した跡が目立ってしまう

二重切開法は切開をしているため、傷跡が消えることはありません。通常、切開した部分た二重のラインになるため、目立つ心配はないと言われています。 しかし、傷が治りにくい体質の場合や、経験の浅い未熟な医師による施術の場合、切開した跡が残ってしまう失敗が起こるということを知っておきましょう。

まぶたが完全に閉じない

二重切開法の失敗例として、まぶたが完全に閉じなくなってしまうということがあります。 この失敗は、二重のラインを作るために切開した時に、必要以上に脂肪や皮膚を切除しすぎたりする場合に起こってしまうようです。 これが起こる原因として、医師の技術力が関係してきているので、医師選びは身長の行わなければなりません。

まぶたがしっかりと開けない

二重切開法の失敗の中には、まぶたが完全に閉じないだけではなく、まぶたがしっかりと開けない状態になるということもあります。 これは、もともと目の開きが弱い状態である眼瞼下垂状態の方に通常の二重切開法を行なった場合や広すぎる幅で二重のラインを作った場合、予想外の癒着が起こってしまった場合などにこのような失敗が起こってしまうでしょう。

左右の目で幅が異なる

二重切開法の失敗例として、左右の目で幅が異なるということが起こるケースもあります。 そもそも、人間の目は完全に左右対称ではない場合が多いと言われています。そのため、状態に合わせて左右差が出ないように施術を行わなければ、これまであまり目立たなかった左右差が露出してしまうでしょう。 もちろん、もともと左右差があった場合には完全に左右対称にするのも難しいので、多少の左右差は出てしまうということを理解しておかなければなりません。 その上で、医師の技術力や美的センスでこの失敗が起こってしまうので注意してくださいね。

目の上がくぼむ

二重切開法の失敗例として、目の上がくぼんでしまうことがあります。 この失敗は、手術の際に必要以上に目の上の脂肪を取りすぎた場合や眼瞼下垂がある場合に普通の二重切開法を行なった場合に起こることが多いようです。 そもそも脂肪を取る必要はあるのか、眼瞼下垂であるかどうかを事前に確認しているのかなどは医師の専門性・技術力に関係するので、診療に医師を選ぶようにしましょう。

予定外重瞼線ができてしまう

二重切開の失敗例として、予定外重瞼線ができてしまうということがあります。 予定外重瞼線は、目の上の脂肪を取りすぎた場合や内部処理をしっかりと行わなかった場合、縫合が不十分だった場合などに発生することが多いと言われています。また、瘢痕によってできてしまうことも。 修正には内部処理が必要となりますが、場合によっては外部からの組織移植をしないと綺麗にならないこともあるので注意しましょう。

二重切開法による失敗がおきた時の対処法

目を閉じている女性の目元

正しい方法で再手術を行う

二重切開法で失敗してしまった場合、正しい方法で再手術を行う必要があります。 特に、広い幅を狭めたい・狭い幅を広げたい・消えたラインを形成したい・左右差のある二重幅を狭い方から広い方に合わせたいという場合には、再手術を行うことで、状態を改善させることができるでしょう。 ただし、切開法の場合は埋没法とは異なり、手術前の状態に戻すことは難しいとされています。 さらに、手術から時間が経過して再手術を行う場合も難易度が高くなるためイメージ通りには行かない可能性があるということも知っておかなければなりません。

傷跡が目立つ場合には皮膚に余裕があれば傷跡を切除して縫い直す

二重切開法では、目立たないはずの傷跡が目立ってしまった場合には、その部分を切り取って再度縫い合わせることで、傷跡を目立たなくさせることができるでしょう。 ただし、皮膚に余裕がなければこの方法は難しいということを理解しておかなければなりません。 他にも、傷跡が大きく盛り上がっている場合には、ステロイド注射で小さくすることで、目立たなくさせることが見込めます。

まぶたが完全に閉じない場合には皮膚の緊張を緩めるか皮膚移植を行う

まぶたが完全に閉じない状態の原因は様々ですが、抜糸をしていない状態や抜糸直後の場合にはこの症状が出ることがあります。通常、1ヶ月ほど経過すればまぶたが閉じられるようになりますが、3ヶ月〜6ヶ月経っても改善が見込めない場合には、修正が必要になってくるでしょう。 この修正は近くの皮膚を移動したり皮膚の緊張を緩めてあげることが改善ができる場合もあれば、他の部分から皮膚を移植して修正しなければならないケースもあります。 どの方法も難易度が高いものですが、特に皮膚移植の場合は、まぶた以外の場所の皮膚をまぶたに移動することで、色や質感に不自然さが出てしまうこともあるため注意してください。

まぶたがしっかりと開けない場合は幅を狭くするか眼瞼下垂治療を行う

まぶたがしっかりと開けない場合の原因も様々ですが、無理に幅の広い二重のラインを作った場合には、必要以上に食い込みを強めていたりする場合があるため、幅を狭くしたり食い込みを緩めたりすることで改善が期待できます。 また、予定外の癒着がおきた場合には、癒着を外してあげることで改善が見込めるようです。 さらに、もともと眼瞼下垂があったのにも関わらず、通常の二重切開を行なった場合にも、この失敗は起こります。改善方法としては、眼瞼下垂治療を行うことで、まぶたをしっかりと開くことが可能でしょう。

目の上がくぼんでいる場合にはくぼみに脂肪を注入する

二重切開法後に、目の上のくぼみが目立つようになってしまったというケースが存在します。 特に、必要以上に脂肪が取りすぎてくぼんでしまった場合には、そのくぼみに脂肪を注入することでくぼみの改善が期待できるでしょう。

二重切開法で失敗しないためのポイント

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

仕上がりのイメージをしっかりと共有する

二重切開法で失敗しないためにできるポイントの一つとして、仕上がりのイメージをしっかりと共有するということが必要になってきます。 特に、施術がしっかりと行えているのにも関わらず仕上がりに不満がある場合には、仕上がりのイメージについて共有がしっかりとできていなかったことも関係してきていると考えられます。 イメージ共有をするためには、希望の仕上がりに近いの写真や画像を持ち込むと良いでしょう。

費用の安さではなく、専門性・技術力の高い医師を選ぶ

二重切開で失敗しないためには、費用の安さではなく、専門性・技術力の高い医師を選ぶことが重要です。 極端に費用が安い場合、経験の浅い未熟なドクターの技術向上や症例数の確保のために費用を安めに設定していることがあります。その場合、失敗するリスクが高まってしまうでしょう。 そうならないためにも、最低でも美容外科医歴が5年以上で、美容外科のベースとも言える形成外科出身でかつ日本形成外科学会認定専門医資格を持っているかが目安のポイントになります。 また、二重形成について積極的に研究・発表をしているかも確認すると良さそうです。 これらが全て揃っていれば必ずしも良い医師とは限りませんが、医師選びのポイントとして参考にしてみてください。

二重切開法で起こる失敗例とその原因を理解して慎重に医師選びをしよう

綺麗な二重をした女性の目元 二重切開法の失敗は、もちろん希望したデザインによる失敗もありますが、多くの場合、医師の技術力によって起こるものが多く存在します。 そのため、二重切開法ではどんな失敗が起こるかを事前に理解し、その失敗を防ぐために専門性・技術力の高い医師を選ぶようにしましょう。

関連記事