鼻尖縮小のダウンタイム|術後の過ごし方のポイントについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻尖形成のダウンタイムについて

だんご鼻などの鼻の形に悩んで鼻尖形成の施術を受ける人がいます。美容整形にはそれぞれダウンタイムがあり、鼻尖形成にもダウンタイムが存在します。今回は、鼻尖形成の施術を受けた際の、ダウンタイムの長さや機関、過ごし方について詳しくご紹介していきます。

鼻尖形成の施術概要

①施術の内容・流れ・施術時間

鼻尖形成はだんご鼻などのコンプレックスを抱えた鼻を、鼻筋を尖らせることで理想的な形状の鼻にすることができる施術の一つです。 だんご鼻の原因は皮下脂肪などの厚さや軟骨の発達などがさまざまですが、この鼻尖形成は特に軟骨が発達している人の場合に適していてる施術法です。 鼻尖形成の施術を受けることによって余分な軟骨などを切り取り、すっきりとした細い鼻先に改善することができます。鼻の内側から切開をするため、傷跡が目立つことはありません。 施術の流れとしては、まずカウンセリングを行い医師を術後の鼻のデザインをしっかりと共有します。その後局所麻酔を施し、約1時間ほどの施術が行われます。アイシングなどの軽いケアを行った後、マスクなどをしてその日の内に帰宅することが可能です。

②費用相場

鼻尖形成の費用はクリニックによって異なりますが、だいたい30万円~50万円ぐらいで受けることができると言われています モニター制度やキャンペーンなどを利用すると、より費用をかけずに施術を受けることが可能な場合があります。

ダウンタイムについて

①術後ギブスを装着する期間

鼻尖形成の施術を受けた後、鼻を安定させるためにギブスを装着することになります。だいたい、抜糸までの1週間ぐらい装着することが多いでしょう。 このギプスによる圧迫を行うことによって、腫れや内出血の症状をなるべく少なくすることができます。

②抜糸までの日数について

鼻尖形成の施術を行った後、5日~1週間ぐらいで抜糸を行います。この時に一緒にギブスも外します。

③痛みについて

鼻尖形成の施術直後は麻酔が効いているので痛みはほとんどないです。麻酔が切れてくると痛みを感じ人もいますが、我慢できないほどのレベルではありません。 クリニックによっては痛み止めを処方してくれるので服用することが可能です。完全に痛みが引くまでの日数は個人差がありますが、だいたい2日~5日ぐらいすると緩和されていくでしょう。腫れや内出血などを伴うこともありますが次第にましになってきます。 ダウンタイム中の症状が酷い場合は施術を受けた医師に相談しましょう。

④腫れについて

鼻尖形成の施術を受けた後腫れることがあります。腫れのピークは施術してから1日~3日ぐらいで、それから次第に症状が緩和されてきます。完全に引くには5日~1週間ぐらいで、1週間するとかなり腫れなどが目立たなくなってくるでしょう。 もし症状が長引くようなら医師に相談すると適切な処置を行ってくれます。腫れの他には内出血や時々ですが感染症などを引き起こすケースもあるので、何か異変を感じたらすぐに医師と相談しましょう。

⑤ダウンタイム中の日常生活について

鼻尖形成の施術後、メイクは鼻以外は行うことが可能です。洗顔はギブスを取ってからになります。シャワーは翌日から首から下を行うことができるようになるでしょう。 入浴は1週間ぐらい避けておいた方がよく、シャワーにとどめておく方が良いでしょう。激しい運動はなるべく控えておき、飲酒やタバコもやめておきましょう。抜糸するまではなるべく安静に過ごしたよく、必要以上に鼻を触ったりこすったりしないように気をつけることが大切です。

ダウンタイム中の過ごし方

①医師からの指示をしっかり守る

鼻尖形成のダウンタイム中の過ごし方として、医師からの指示をしっかり守ることが大切です。医師から洗顔やシャワー、メイクや運動に関してアドバイスされるので、これらをきちんと守り安静にすごしましょう。 指示通りにダウンタイムを過ごすことが、美しい鼻の仕上がりに繋がることがあります。

②異常を感じた場合は医師へ早めに相談

鼻尖形成のダウンタイム中の過ごし方として、何かしらの異常を感じたらすぐに医師に相談することをおすすめします。 腫れや内出血が続いていたり痛みが酷い場合などは、我慢せずに医師と相談すると良いでしょう。症状を緩和したり必要によっては再手術をしてくれることになります。また、事前に行われるカウンセリングにおいて、術後に起こりうるリスクなどを事前に確認しておくと安心です。

さいごに

鼻尖形成の施術を受けることによって美しい鼻を手に入れることができます。そのためには、施術した後のダウンタイムの過ごし方が大切です。 必要以上に患部を触ったりこすったりせず、医師の指示を適切に守ることによって、理想の鼻の完成に繋がるでしょう。

関連記事