韓国の整形の値段について|日本との比較やリスク、注意点を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国整形の値段について紹介します

お酒を飲んで頭を抱えている女性韓国で整形を受ける際に気になるのが費用。渡航費も含めて日本とどのような差があるのでしょうか?そこで、今回はそんな韓国整形の値段について迫ってみたいと思います。

韓国と日本の整形費用は、韓国の方が若干安い

美容大国と呼ばれている韓国は、日本と比べると費用相場は若干安いとされています。基本的なプチ整形と呼ばれている施術の差はあまりありませんが、輪郭形成などの比較的大掛かりな施術になればなるほど費用の差が大きいと言われています。

どうして金額に開きが出るの?

韓国では、整形は成人前の通過儀礼の如く、非常にオープンなものです。よって多くの人が受けることで、同じ施術でも費用を下げて提供することが出来ます。 また、現在日本で行われている施術の中にも韓国発祥の治療法や使用されている薬剤が多く、そういった点からも韓国の場合は安価に済ますことが可能になります。

韓国で美容整形術を受けるデメリット・リスク

①言語の壁により、思い通りの施術結果にならなかった

美容整形は安いに越したことはないので、安さを求めて渡韓するような人も多いですが、そこには言葉の壁があるので注意です。 うまく言葉が通じないことで仕上がりに満足できなかったり、イメージ通りにならないというリスクもあります。また、せっかくカウンセリングがあってもしっかり伝えきれないこともあります。言葉が通じないということは過度な緊張、不安にもつながるので思い通りの施術結果にならないということもあるということを覚えておくと良いです。

②信用できる医師やクリニックを見つけるのが難しい

そして現地で評判の良いクリニックであっても、それを外国に住んでいる日本人が知れる機会というのは少ないものです。また、実際にそこのクリニックで行ったという人の声を聞くのも難しいでしょう。 理想通りの仕上がりにしたり失敗のない不安のない施術にするには信頼できる医師やクリニックを見つけることが必要なので、そうした見つけるのが難しいという意味でも別の国の施術を受けるのはハードルが高いと理解するようにしましょう。

③術後のアフターケアやその後の対応が受けられないことがある

また、どんな整形であっても整形したらそれで終わり、というものではなくアフターフォローも必要です。うまく仕上がっても人の顔というのは年齢と共に変化していくものですから、年齢による変化についていくためにもアフターケアは必要です。 施術したクリニックで見てもらうのが一番ですが、外国のクリニックであれば定期的に通うことも難しく、術後のアフターケアやその後の対応が受けられないことがあるという意味でも不都合があるでしょう。

④入国審査で止められる可能性がある

また、あまりにも顔が変化してしまうと入国審査で止められてしまうというデメリットもあります。入国前と出国後で顔が違えば不審に思われることも多いので、それで本人確認に時間がかかってしまうこともあります。 顔を変える施術をしたことをうまく説明できれば犯罪性はないと判断してもらえることもありますが、説明しなければいけないことも多いですし、いろいろな人に顔を変えたことを説明しなければいけない面倒が生じてしまうこともあるものです。

費用で韓国を選ぶのではなく、国内で適した施術を受けることがいい

腕を組んで笑っている女性安さで選ぶなら渡韓して施術してもらうのが良いですが、今後の事やリスク、安全性を考えるなら多少費用が安くても日本のクリニックを選んだほうが良いです。 後で後悔しても元の顔や姿には戻れないので、費用の安さで安易に韓国で施術を受けることを選ばず国内で自分に適した施術を受けるようにした方がいいでしょう。施術に満足できるかはカウンセリングが大事でもあるのでしっかり言葉が通じる日本が最も安心だということもあります。

関連記事