そばかすのレーザー治療の経過について|術後の様子や注意点を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

そばかすのレーザー治療後の経過について紹介します

かわいいと人気があるそばかすですが、気にしている人も多く数が多かったり色が濃かったりするためにお化粧をしても隠し切れずにコンプレックスになっている場合もあります。そばかすレーザー治療をした後の経過についてご紹介していきます。

そばかすのレーザー治療とは?

そばかすのレーザー治療で代表的なのがQスイッチルビーレーザーです。この施術は、皮膚内部のメラニン色素が原因になっているシミやそばかす、あざなどの治療のために登場したそばかすレーザーです。 色素とその周辺にある正常組織にバランスの良い波長で効果的に色素の悩みを治療することが出るという特徴があります。光をあてるだけで傷跡を残さずにメラニン色素だけを安全に治療することができ、周囲の正常な皮膚や血管を傷つけないことが特徴です。 ほとんどの場合、1回の治療でそばかすを消すことができると言われています。ダウンタイムなどを考慮して出力を抑えての治療になる場合、複数回に分けて治療を行うこともあります。

そばかすのレーザー治療の術後の経過

①当日

施術時は刺激を感じますが、我慢できないほどの痛みはありません。術後はひりひりする場合があり、患部を保護するためのばんそうこうを貼る場合があります。洗顔をしても良い場合が多いのですが、こすったり刺激を与えないようにしましょう。

②術後1日〜1週間

術後一日経過するとそばかすの色が黒くなって、厚みが出てきます。痛みはほとんどありませんが、刺激を与えないようにしてください。軟膏が処方された場合は指示に従って塗りましょう。徐々にかさぶたになってきますが、自然に剥がれ落ちるのを待ち、無理にはがさないようにしてください。

③術後1週間〜1ヵ月

そばかすレーザーの術後1週間ほどすると、傘歌が自然に剥がれ落ちてピンク色の肌が出てきます。処方された軟膏を指示通り塗り、日焼けをしないように日焼け止めクリームなどを塗り、直射日光が当たらないように過ごすことがとても大切です。 一時的にそばかすが濃くなる場合がありますが、ターンオーバーによって色素が表面に押し上げられてきていることが原因で、徐々に薄くなって行きます。

④術後1ヵ月〜3ヶ月

術後1カ月から3ヵ月ほど経過すると、そばかすレーザーの効果で色が薄くなっていくことを実感することができます。色素が薄くなり、目立ちにくくなり肌の透明感やハリがアップする場合もあります。 引き続き日焼け止めクリームなどを塗り、直射日光が当たらないように気を付けて過ごします。軟膏や飲み薬を処方されている間は指示に従うことが大切です。

治療後は患部に刺激を与えないように注意

そばかすレーザーの治療後は、患部に刺激を与えないように注意しましょう。そばかすレーザーをあてた肌は、色素が分解されて敏感な状態になっています。 かさぶたをはがしたり、こすったりせずに優しく洗顔やスキンケアをするようにしてください。紫外線の刺激にも敏感になっており、紫外線対策をすることが大切です。敏感になっている肌に紫外線があたるとメラニンが活性化されて、レーザーの効果が半減してしまう場合があるので日焼け止めクリームを使用し、直射日光には当たらないようにしましょう。 また、治療終了後も紫外線のダメージが蓄積されてしまうと、そばかすが再発してしまったり、新たなそばかすが出現してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

少しでも違和感を感じたら、すぐにクリニックに相談しましょう

レーザーの治療を受けた後に痛みや違和感などを感じた場合には、すぐにクリニックに相談をすることが大切です。 そばかすレーザーは、皮膚や血管にダメージを与えにくく、メラニン色素と反応しやすい性質があり、施術後に少しひりひりすることはありますが、痛みが続くことはありません。 しかし体質や肌質、体調によっては、皮膚が炎症を起こしてしまう場合もあるので気になる症状や痛み、違和感などがある場合にはすぐにクリニックに相談することをおすすめします。
【参照】
・日レ医師(JJSLM)第31巻第1号「肌のアンチエイジングに対するレーザー治療」(2010)

関連記事