プチ整形の値段について|様々な施術部位の費用や注意点を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

プチ整形の値段について紹介します

チェックリストプチ整形が流行していますが、いったいどれぐらいの値段になる気になるところでしょう。そこで、実際どれぐらいの値段になるかを見ていきましょう。自分に合った方法で、あるいは自分の予算の範囲内で行うべきです。

そもそもプチ整形とは?

プチ整形とは、本格的にメスなどを入れずに鼻を高くしたり目の上をくぼませて二重にしたりすることを意味しています。基本的にそれほど時間はかからず、値段も高くないことから、人気があるわけです。 手術をするわけではないため、傷跡などは残りにくく若い女性からは大人気の方法の一つです。しかもその効果も半年から1年ぐらいは持続するため、毎月のように病院に通う必要はなくなるでしょう。

プチ整形の部位別の種類

①目のプチ整形

プチ整形の中でも目の部分をいじる場合には、予算およそ2万円から4万円ぐらいになります。この方法だと、二重にする方法が一般的ですがメスを使わず埋没法と呼ばれるやり方もあります。 ほとんど目立たないような糸でとめるのが一般的なやり方になりますので、ダウンタイムも短く目がはれるようなことはほとんどありません。 この方法は、瞼の厚い人はあまり向いておらず、どちらかといえば瞼が薄い人の方が効果が出やすいのがポイントになります。

②鼻のプチ整形

鼻のプチ整形行う場合の金額は、ヒアルロン酸などを入れるのが一般的になりますが、およそ8万円から10万円ほどになります。この方法で、鼻を高くしたり、形を整えることが可能な施術です。 施術にかかる時間は30分程度になりますので、大きな負担になることはあまりありません。費用も比較的安価で、失敗した場合の修正も可能な施術です。

③バストのプチ整形

バストのプチ整形はヒアルロン酸などのゼリー状の薬剤をバストに注入することで、手軽にバストアップを図ることが出来る施術方法です。ヒアルロン酸は元々人体にある成分で、次第に体内に吸収されるので、効果の持続期間はおおよそ半年から一年ほどと言われています。 費用も注入量や製剤の種類によって変わりますが、10ccあたり5万~10万円ほどが相場となっています。

④医療痩身のプチ整形

中々脂肪が落ちない場合に効果的なのがBNLS注射などの脂肪溶解注射です。この方法は、気になる部位の脂肪に薬剤を注入して脂肪を溶かし、代謝と共に脂肪を排出することが出来ます。 部位によっては施術時間も5分~15分と短く、痛みも伴わずダウンタイムもほとんどないため人気の施術となっています。BNLS注射の場合は自然由来の成分を配合しており、安全性も高いと言われています。注入箇所によって費用も変わりますが、5万~20万円ほどが相場費用と言われています。

施術費用に左右されず、慎重にクリニック選びを行うことが重要

カウンセリングを受けている女性と医師様々なプチ整形の利点である費用はとても大切な要素です。しかし、施術費用だけに左右されず、クリニック選びも慎重に行う必要があります。 プチ整形の多くは元に戻すことができますので、もし自分が理想としている顔と違ったものができあがった場合には元に戻せば済みます。しかし、修正にはそれなりのお金や時間がかかるだけでなく、心身にも大きな負担がかかることになります。 よって、プチ整形でもあらかじめしっかりと担当医の経歴や資格などを調べた上で施術に臨むことが大切です。

関連記事